Entries

CR-MB35のセッティング その2(ビッグボディーCRキャブレター用JNの検証)


すでに第一線のレースシーンにおいて、キャブレターの姿はありません。
かつて、勝つためのレーシングキャブレターとして開発デリバリーされた、CR、FCR、TMRなどは、そういう意味においては使命を終えて久しいということになります。
新品でこれらのレーシングキャブレターを購入したことがある方は、箱の中には、「レースユースオンリー、公道走行不可」という紙切れが同梱されているのを知っているでしょう。
すでに、その本来の目的であるレースユースという用途が存在しないにもかかわらず、依然として当たり前のように販売されていますし、それをストリートユースのリプレイスチューニングパーツとして使用するのが極当たり前になっているのが現実です。

そもそも、純粋なレース用部品として設計開発されたこれらですが、実は、ストリート用のリプレイスパーツとしても、極めて優れた適性を持っています。
いや、パワーが上がるとか、レスポンスに優れるとか、そういうパフォーマンス面でのメリットではありません。
汎用部品として、不特定多数のマシンに対するストリートユースへの適合性に優れているという意味です。

その根幹を支えているひとつが、高いセッティング性と幅広いセッティングパーツの存在です。そもそも、レースの現場において、いかに素早くセッティング変更できるか、また、マシンの仕様変更や条件変化に対して、エンジンパフォーマンスをフルに発揮させるための細やかなセッティング要求に応えるなどの必要性に応じて設計されたことが、後の時代になって、高いストリート適応性へと姿を変えて生き残っているということです。

純正負圧キャブレターは、本来、ストリートユースを最優先に設計されたものですので、これのストリート適応性は別次元レベルなのですが、それを別車種に純正流用しようとしたり、マシンのチューニングを進めたりした場合、マッチングを図ることが極めて困難なものとなります。
その理由は、セッティングパーツが存在しないという点に尽きるのです。

つまるところ、流用を含めて、アフターマーケットのキャブレターとして最も重要なのは、豊富なセッティングパーツということになりますし、換言すれば、セッティングしてナンボということでもあります。

これは、ビッグボディーCRキャブレター用のJNデータを示した表です。
これだけのバリエーションが用意されているのです。まあ、その他のものと比較すれば少ないレベルですが・・・
メーカーの立場になってみてください。
これだけの種類にわたる、それもわずかな寸法違いのセッティングパーツを製作して管理し、さらには在庫までしているのですから、そこにかかるコストは甚大なものになります。
それでもなおかつ揃えて用意しているということは、それが必要だからに他なりません。

私が、キャブセッティングについてしつこく追求するのも、それだけの手間暇と時間をかけるに値するからこそです。
セッティングをするしないは個人の自由ですが、愛車をより気持ち良く快調に走らせようとした場合、これを避けるわけにはいかないというのが現実です。


さて、現在私は、ビッグボディーCRキャブレターをベースとするCR-MB35を装着してテストしています。まあ、私としては、全く初めてとまでは言いませんが、これまでにほとんどいじった経験のないものとなります。

まずは、ビッグボディーCRキャブレター用として、どのようなJNが存在するのかを把握し、それらが具体的にどのようなものかを検証しておくことにしました。
キャブセッティングという作業は、数字管理が重要です。
使おうとするJNについても、それが具体的にどのような形をしているのかを把握していなければ、それを使いこなすことなどできるはずがないのです。

P1010035.jpg






この表にあるとおり、バリエーションは、「37シリーズ」「44シリーズ」「51シリーズ」の3種類です。
これらの違いは何か・・・
結論は、先のデータ表を見れば一目瞭然、「切り上がりサイズの違い」この1点のみです。
3段テーパーの各角度やそのスパンは全く同じですし、ストレート径のレンジも、用意された幅やステップに多少の差はあれど、基本的に同じです。

どれくらい切り上がりサイズが違うのか、表にある数字を拾うのもいいですが、こうしてストレート径が同じものを並べて、ノギスにさして比較してみる方がわかりやすいです。

P1010030.jpg






記事をお読みいただいている方々に理解しやすいのはこういう形でしょうね。

P1010032.jpg

P1010033.jpg





「37シリーズ」と「44シリーズ」の違いは、刻まれたクリップ段数の違いのみです。
「44シリーズ」は、「37シリーズ」に対して、濃い方向に2段分を余分に切ってあります。「37シリーズ」を使っていて、クリップ位置が最下段の5段目まで行ってしまい、まだ濃くしたいという場合に「44シリーズ」を使えばいいということです。

「51シリーズ」は、先の「37シリーズ」と「44シリーズ」に対して、薄い方向に3段分切ってあります。
「37シリーズ」と「44シリーズ」の1段目は、「51シリーズ」の4段目と同じです。
「37シリーズ」や「44シリーズ」を使っていて、クリップ位置が一番上まで行ったけれど、まだ薄くしたいという場合に使うということです。

この場合に忘れてはならないことがあります。
「37シリーズ」や「44シリーズ」の1段目と「51シリーズ」の4段目は、切り上がりサイズ、つまりテーパー開始位置は同じなのですが、全開時にNJ内に残る先端部の長さが異なります。
つまり、MJ番手が変わるということです。

数字データで把握すると同時に、実際の形として比較検証する必要があるというのはこういうところです。
それを知らずして闇雲にジェット交換をしても、思わぬ落とし穴に入ったことにすら気づかずに、永遠の迷路にハマる危険性がありますね。


こういうデータ関連の記事を書くことについて、
「せっかく収集したデータやノウハウを、そんなに簡単に公開してしまっていいのですか?」
などと言われたりします。

私の考えはこうです。

ひとつは、情報というのは、広く共用して初めて価値を生むものということです。
誰かが何かの情報を得たことをきっかけにして、それを発展させることが重要です。
それは、長い目、広い視野で見れば、必ず何らかの形で還元されるものです。
ケチ臭く狭量なスタンスの人は、周囲や世間からも、ケチ臭く狭量に扱われるものです。
本人がそれに気づいていないだけでね。


また、数字データなどというものは、それだけでは単なる数字の羅列に過ぎず、それそのものには何の意味もありません。
問題は、その数字の羅列から何を読み取り、それをどのようにしてマシンに反映するかであり、数字データだけを入手したからといって、何ができるわけではないのです。
また、ノウハウなんて言いますが、多少の文章や画像でわかる範囲のことなど、ノウハウとは言えません。やり方を見て聞いて知っているということと、実際にできるということの間には、天と地ほどの差があるものです。

ショップなどに何かを質問したとき、「それは企業秘密、ノウハウだから教えられない」などと言われたりすることがあります。
その全てとまでは言いませんが、ちょっと口頭で説明したり現物を見せたりしただけでパクられて真似されてしまう程度のことについて、大層に企業秘密だなんて言うのであれば、所詮はそのレベルということです。

散々に試行錯誤して血と汗を振り絞って何かを追求した経験がある人ならわかるはずです。
「やり方を説明されたりちょっと見たりしただけで出来るものなら、やってみろよ・・・」
そういうことです。







※ SOHCエンジニアリング製のカワサキZ、チューンドコンプリートエンジンをデリバリーすることとしました。
エンジン屋としてはプロ中のプロである渡辺さんが、全てをマネジメントするスペシャルなエンジンとなります。詳細はこちらをご覧ください。
1か月に1~2機しか仕上げることはできませんので、完全予約制となります。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン




先行情報です。
58mmショートストロークのZ2クランクエンジン用75mmピストンキットを開発します。
排気量は1,024cc、圧縮比は11~12までの間で任意調整可能です。
66mmストローククランクとは全く異質の高回転フィーリングを得ることができますし、これだけの排気量ですので、パワーも相当に見込めるはずです。
とりあえずの最低目標は、レブリミット11,000rpm、後輪120PS、10.5キロのトルクを発揮するというもの・・・
価格については、この記事に掲載したコンプリート価格と同じです。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン
時期は10月下旬、製作数は最低ロット数の5セットです。



ローンのご相談もいただくことが少なくありませんが、この、スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローンなどをご利用いただければと思います。
信販系よりも、金利も有利な設定になっているようです。

スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローン





単気筒用マルチスパークアンプ(MSA)のご予約を受け付けています。
自信を持ってのデリバリーです。
詳細は、こちらをご覧ください。
単気筒用MSAの予約受付について




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ