FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

コンチネンタルロードアタック2CRのインプレ その2(ワインディングにおけるハンドリングテスト)


さて、昨日に続き、今日は箱根山中におけるワインデシング走行でのインプレについて書いてみましょう。
タウンユースにおけるインプレはこちらにありますので、併せてお読みください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1564.html


西湘バイパスを降りて、狭いつづら折れが続き、路面も荒れ気味の箱根旧街道から芦ノ湖畔、そして、路面状況良好の中速コースの富士見峠などを走ってみました。

ところで、新品タイヤの場合、走り出しには注意しなくてはならないですよね。
とりあえず、トレッド面が一皮むけるまでは極めて滑りやすいのです。よく、タイヤ交換を終えてショップから出た途端にスリップダウンなどという話を聞きますが、本当に危ないんですよ。
しかし、このコンチネンタルタイヤにおいては、その心配はほとんどないということです。
現に、新品時から、トレッド表面はちょっとざらついたような肌合いをしていますね。
そうはいっても、やはり不安が拭えないところですので、ワインディングに入っていくつかのコーナーは慎重に行ったのですが、五感に感じる接地感は、新品タイヤのそれではありませんでした。完全かどうかは定かではありませんが、その他のタイヤと比較すれば、皮むきの必要性はさほどでもないというのは事実のようですね。安全性という意味では、これも有用な部分であることは事実と感じました。

ひとしきり走ったあとは、大観山にて一休み・・・
もう、秋の気配が漂い、風もカラリと爽やかなものです。

RIMG7964_20130828153752c6d.jpg






箱根山中のワインディングを約50kmにわたって走った後のトレッド面です。
立ち上がりではそこそこスロットルを開けてみたのですが、リアタイヤの表面も、サラッとした感じで、溶けたような感じにはなりません。
BT023で同じような開け方をすると、もうちょっとオイリーに溶けた風合いになります。この程度の距離ではなんとも言えませんが、そこそこの耐摩耗性は期待できるような気がします・・・でも、1万kmは持たないでしょうね・・・

RIMG7955_20130828153751ed6.jpg

RIMG7957_20130828153751369.jpg






細かい話はさておき、このタイヤ、とにかく良く曲がります。
私はこれまでに様々な18インチラジアルタイヤをGS1000に履かせてきましたが、とにかく旋回性という点においては、他を圧倒するほど・・・いや、次元が違うと言ってもいいほど良く曲がるのです。
それも、フロントからグリグリというほどに旋回します。

コーナーアプローチでブレーキングを終えてバンキングを始めたところで、比較的明確に、それも大き目に舵角が入ります。フロントが非常に良く寝るというところが印象的ですが、切れ込み感は全くありません。
バンキングスピードに応じてリニアに素早く舵角が入りますが、交差点を曲がるときに感じた特性と基本的には全く同様、バンク角とバランスしたことによって舵角の入りが止まるそのわずか手前に、「もうすぐ止まるよ・・・」という予告感があります。
そして、一度決まった舵角が、路面のギャップやうねりによってもほとんど変化しません。
大きく入った舵角はそのままに、フロントを軸にしてグリグリと内向してくれます。
またこれは、ある程度寝ているところでスロットルを開けて駆動力をかけても同様です。
大きく入った舵角が乱れることなく、これまでに18インチタイヤでは感じたことがないほどの豊富で絶大な接地感を維持しながら、これまたグリグリと旋回してくれるのです。
この、フロントタイヤの接地感は、これまでの18インチラジアルタイヤとは全く異質と言っても過言ではありません。
フロントから転ぶ気がしない・・・
減速~旋回~立ち上がりという全ての過程において、フロントタイヤはしっかりと、そしてピタリと安定して路面を捉えている・・いや、正確には、捉えている感覚をライダーにリアルに伝えてくれます。
一部のエキスパートライダーであれば、フロントブレーキコントロールや荷重コントロールによって、フロントタイヤの面圧を一定にコントロールするのかもしれませんが、私を含めた普通のライダーにはそんなことはできません。
しかし、このタイヤは、これを勝手にやってくれるのです。
そこで得られるのは、絶大なる安心感です。

リアの存在感はフロントほどには感じないのですが、思い切ってバンキングさせても不安感は全くありませんし、気づくとスロットル開度もいつもよりも大きくなっていましたので、これまた秀逸と思います。コーナー立ち上がりで相当にスロットルを開けても、滑る兆候すらありませんし、駆動力に応じて二次旋回を高めてくれます。
とにかく、フロントタイヤの印象が、これまでの18インチタイヤとは全く異質なものですから、リアの存在感が相対的に希薄になるのかもしれません。

いつも走り慣れているコースですので、切り返しのポイントやタイミングなども熟知しているところですが、同じ感覚で走らせると、これまでよりも相当に速いペースになっていることに気づきます。
公道上ですので、全く無理をしているつもりはありませんし、フィーリングテストですから頭の中も冷静です。十分にマージンを取りつつもフィーリングを楽しみながら走っていたのですが、気づくと相当にペースが上がってしまっていました。


ポテンシャルの高いタイヤは他にもあると思います。しかし、それは、乗り手がそれなりの操作をしなくてはならなかったり、ちょっとミスがあると、とたんに接地感が薄れたりするものですが、この2CRは極めて寛容です。
難しいことを考えたり、高度な操作をする必要もなく、マシンなりに無造作に走らせるだけで、タイヤが勝手に仕事をしてくれるのです。

なにか、あまり良くまとまりません。
とにかく、ワインディングを走りながら、私は興奮を覚えずにはいられなかったのです。
とにかく寝ること寝ること、そして曲がる曲がる、なのに、怖くないのですから、これが楽しくないわけがありません。
これまでと同じ感覚でコーナーに入っても、はるかに余裕綽々で旋回するのです。
そこで、もっと攻め立ててみようと考えるほど私は若くありませんし、それを試すほどの技量もないのですが、それでも知らぬうちにペースは上がります。

前回の筑波TOTにてこのタイヤを使ったライダーが、いきなりベストラップを叩き出したというのもわかるような気がしました。
とにかく、このタイヤを履いてコーナーをふたつみっつほど曲がってみれば、
「コレはイケる!!」
と思わされてしまうのです。そして現にイケる・・・

このタイヤ、エキスパートライダーはもとより、どうもコーナーが苦手、ワインディングを走るのはちょっと怖いなどと感じているライダーこそ履いてみるべきと思います。
タイヤに任せていれば、安心感たっぷりに気持ち良く走ることができるに違いありません。
そしてそれは、安全ということ・・・終始リラックスして楽しく走れるのですから、気持ちに余裕ができますので、それは安全で疲れないということです。


ちょっと話を戻しましょう。

コーナーの手前付近に荒れてデコボコになっているところがあったとしましょう。
足回りをそれなりにスポーティーに振っていれば、そういうところに乗った際に安定性を失いがちになりますので、事前に避けて通るというのがセオリーですが、このタイヤ、そういうシチュエーションでも安定性を維持してくれます。
もちろん限度はありますが、コーナー手前にそういうところがあっても、かまわずに通過しても大丈夫・・・

また、この日の箱根山中は、前日の雨によって、ところどころにウェットパッチが残っていましたが、私が走るペースの範囲では、乾いているところとウェットのところを、スロットルを開けたまままたいでも、接地感変化は感じることができませんでした。



まさか、ここまでのものとは思っていなかったというのが本音です。
もう、現状ではこのタイヤ以外を選択する気など起こりようがありません。
たとえ、前後セットで6万円、5,000kmしか持たなかったとしても、私はこれを選択します。
このフィーリングとパフォーマンスは、このタイヤ以外では得られないと思うからです。
ライフがどれくらいなのかは未知数ですが、まあ、少なく見積もっても5~6,000kmは持ちそうですし、価格だって5万円以下なのですから・・・

輸入元の話では、今回の輸入分については、ほぼ完売状態ということです。
次回の入荷は10月末から11月中旬ですが、十分な数量を輸入できるかどうかも不確定要素を含みますので、入手したい方はお早目に注文をした方がいいですよ。





現在、予約受付中!!

かねてより記事にてご紹介してきました、コンチネンタル製19インチ&18インチサイズのナローサイズラジアルタイヤ、クラシックアタックの予約受付を開始することとしました。
詳細は、こちらにてお願いいたします。


価格が決まりました。予価よりもだいぶ安価になりましたよ!!

F:100/90 R19 M/C 57V TL (325-19)  21,000円
R:110/90 R18 M/C 61V TL (400-18)  25,200円
R:120/90 R18 M/C 65V TL (425-18)  26,250円

コンチクラシックアタックの予約受付について



GSX750S/GSX1100S用メインハーネスキットの予約受付についてはこちらをご覧ください。

GSX750S/GSX110S用メインハーネスキット




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



Comment

Re: ツーリングタイヤのベストチョイス! 

このタイヤ、想像をはるかに超えるほど、衝撃的に良かったです。
あとはライフがどうなのか・・・
でも、次の手も控えていますので、ご期待ください。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.08/31 15:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

ツーリングタイヤのベストチョイス! 

このタイヤの記事初めはレース用と思っていましたので
そんなに興味ありませんでした。(すいません)
でもこの記事を読み考えを改めました。
いまGN125Hのツーリング用の足回りのベストセッティングを
探っています。きっかけはフロントタイヤにIRC RS-310を
いれ走った事です。フロントのグリップの状況を鮮やかに
伝えてくれるのですが路面のざらつき等ライダーを疲れさせる
ステアリングインフォメーションは余り感じないのです。
私のGN125Hには北海道ツーリングに出かけ知床峠を
気持よく走る! という明確なコンセプトが有ります。
ですのでチューニングパーツを見たときに
これはダメだ! これは試してみたい。
そんな事が少し解る様になりました。
これからもどうかよろしくお願いします。
  • posted by GS400 
  • URL 
  • 2013.08/28 23:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ