FC2ブログ

Entries

カワサキZシリンダー、スリーブの緩みという現実


さて、昨日の続きです。
昨日の記事は、こちらにありますので、まだお読みになっていない方は、まずこちらを先にお願いします。
カワサキZのシリンダー、100%ダメです

Zのウィークポイントと言われるスリーブの緩みもないものと思われたこのシリンダーですが、実際にスリーブを抜いてみたところ、こういう状態でした。
ご覧のとおり、4つのシリンダー内壁は、全てオイルまみれの状態です。
また、スリーブが踊っていたことを窺わせるような痕跡もはっきりと見えます。

RIMG7539.jpg

RIMG7540_20130626132616.jpg






スリーブもこのとおりオイルまみれです。
スリーブとシリンダーの間には、オイルが浸入しないようにOリングが入ってはいますが、そんなものは気休めに過ぎません。ほとんど役に立ちませんし、シリンダーとスリーブの嵌め合いがキッチリとしていれば、このOリングなどなくても、間にオイルが浸入することはないのです。

RIMG7541.jpg








冷間時にスリーブのスカートを叩いた程度では動かない・・・巷の認識では、スリーブ緩みのない、Zとしては極上レベルのシリンダーと言われるものであっても、実際にはこれが現実・・・これも緩んでいるのです。

シリンダーとスリーブが本来どのようにあるべきかを考えた時、この状態は問題と言わざるを得ません。
Zのノーマルスリーブは、ほぼ100%の確率でこうなっています。鍛造ピストンやハイカムを入れて、その他様々なチューニングを加え、1台のスペシャルZを製作しようとする場合、こういう状態のシリンダーでは満足なパフォーマンスや耐久性を期待することはできません。

Zをボアアップチューニングするとき、ノーマルスリーブをそのままボーリングした場合、全てこうなっているということです。
断言します。Zのエンジンを確実に仕上げようと考えた場合、オーバーサイズスリーブの製作と交換は必須です。つまり、ノーマルスリーブは、その全てにおいて耐用限界を超えているので、消耗部品として交換すべきということです。
従来、Zのチューニングエンジンについて、
「2~3万kmも走ったらオーバーホールする必要がある。チューニングエンジンなんだから、そんなものだ・・・」
などと言われてきたところですが、原因は、こういうところにもあったはずです。
本来やるべきことを怠ったが故の当然の帰結に過ぎないということ・・・


巷では、
「どこそこの有名店でエンジンやってもらったのに・・・」
というショップ批判調の話を耳にしたりします。
また、ショップ側からすれば、
「お金がかかるのを嫌がるお客さんもいるし、こちらの責任外のクレームを付けられることもあるし・・・」
という意見もあるところです。
それぞれ、個々のケースは様々でしょうし、当事者以外が個々について云々という立場にはありません。


以下は、今回の一連の記事を書いている最中、とある内燃機加工業を営む方からいただいたメッセージです。
このメッセージから、様々な事情や背景を含む全体構図、そして現実を窺い知ることができるはずです。
それを踏まえた上、ユーザーが適切な判断をすることが必要です。




恥ずかしい話かもしれませんが、スリーブのまわり止め加工、私どもでやっています。ご存知ですよね。
ショップさんは、とにかくコストを抑えてエンジンを仕上げたいというところが少なくないのが現実です。内燃機屋の立場としては、エンジンの精度よりも、コスト重視のそのようなご要望も無視できません。
実際、「最高のエンジンを造りたい!」という方もいれば、「とにかく動けばいい安くやりたい」と望む方もいるのが現実です。
お書きになった記事のように、そのような加工の良くない点をはっきりと指摘していただけて、結果としてスリーブ製作を依頼してくださるお客様が増えるとしたら、私どもとしても望むところなのですが・・・。
今後ともよろしくお願い致します。





誰だって、自分の持てる知識技能を遺憾なく発揮したいのです。しかし、仕事として請け負う以上、オーダーされたこと以外のことをするわけには行かない・・・
納得が行かない仕事だからといって、それを断っていたら、生業として成り立たなくなるという現実・・・


古いマシンをきちんと仕上げるためには、然るべきコストがかかります。
また、相応の知識やスキルも求められます。
内燃機加工を含むカスタムチューニング費用を負担するのは、ユーザー自身ですから、そのユーザーが正確な知識情報を持った上で然るべきオーダーをすることが必要です。



先のメッセージをくださった〇〇社長様に、この場をお借りして御礼申し上げます。



さて、次回のこのシリーズ記事は、ほぼ全てのノーマルスリーブが使えないという現実を踏まえた結果、カワサキZ用のピストンラインナップはどうあるべきか、さらには、チューニングプランをどのように立てるべきかということに及んでみたいと思っています。






※続報
渡辺さんが、GSX1100S刀用74mmピストンキットを完成させました。
価格は153,300円、残りは1セットのみです。
残りは1セット・・・早いもの勝ちですよ。
確保については、私宛にメール若しくは電話にてお願いします。
キットの詳細は、こちらをご覧ください。
GSX1100S用74mmキット


そうそう、GS1000用73mmキットも残り1セットになりました。
もう、これで最後です。
GS1000用73mmキット




「ファクトリーまめしば」のフェイスブックページを開設しましたので、ぜひご覧になってください。そして、「イイネ」をポチリとお願いします。

F/B Factory-mameshiba





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



オイル添加剤 「プロメディック」
燃料添加剤 「トップルーブ1000」

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト



Comment

Re: NoTitle 

ダメかどうか、使えるかどうか、それは個々の使い方や価値観に左右されるところと思います。
別に走れないわけではないから、自分はそれでOKと思うのであれば、それは問題ないのです。
ただ、コストを負担するユーザーが正確な情報を把握し、それに基づいて判断選択ができないというところが問題というわけです。
でも、公開記事には書けないことも、まだまだ山ほどあるんですよ・・・

また、メーカーを責めるのはお門違いというものです。40年も経過したあとの出来事について担保する義務はいくらなんでもないのでは・・・

> という事は、統計学的に有意差が認められるほどのサンプル数を検証した結果をもって記事にしているのでしょうから、私のエンジンも、ダメダメってことですね…(涙)
>
> ノーマルスリーブが既に使えないとは、メーカーも酷い物をリリースしたもんです。
>
> オーバーサイズのピストンを入れている私のエンジンも、開けてみたらこんな感じなんでしょうね。アホらし。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.06/30 08:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

という事は、統計学的に有意差が認められるほどのサンプル数を検証した結果をもって記事にしているのでしょうから、私のエンジンも、ダメダメってことですね…(涙)

ノーマルスリーブが既に使えないとは、メーカーも酷い物をリリースしたもんです。

オーバーサイズのピストンを入れている私のエンジンも、開けてみたらこんな感じなんでしょうね。アホらし。
  • posted by ハカイダー 
  • URL 
  • 2013.06/29 23:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ