Entries

ジェネレーターコイルの配線をリペアする (十分な発電力を確保するため)



ちょっと古いバイクに乗っていると、とにかく悩まされるのが電装トラブルです。
中でも、点火系と充電系については、その不具合によっては出先で身動きが取れなくなってしまうことも少なくありません。

ロングツーリングに行きたいけれど、どうにもエンコが心配で・・・と躊躇する方も少なくないのではないでしょうか。

私のGS1000も、すでに生産から35年が経過し、走行距離も10万kmを越えているところ、先般の弾丸ツーリングを始め、そういったトラブルに見舞われたことはありませんが、その秘訣は、ポイントを抑えた整備とリペア以外の何物でもないのです。

今日の記事は、その中でも、発電の源となるジェネレーターコイルの手直しをご紹介しましょう。

巷では、高効率を謳ったレギュレターや新世代のリチウムフェライトバッテリーなどが話題になっています。これらは、私も使用しているところですが、たしかに素晴らしい性能を持っているのは事実です。
しかし、いかにこれらをハイクォリティーなものにしたとしても、その源となるジェネレーターコイルがきちんと機能していなければ、それは全く意味のないものとなるのは明らか・・・なのですが、これらを開発販売しているメーカーやショップなども、あまりこの部分に触れようとはしません。まあ、商売にならない部分だからかな・・・


これは、2号機のエンジンから摘出したジェネレーターコイルです。

RIMG7230.jpg






GS1000の場合、まだこれは新品部品が供給されますので、新品に交換するというのも一手ではあるものの、けっこうなお値段がするものです。
実はこのジェネレーターコイルは、コイル自体については、焼けたりしない限り、そうそうヘタるようなものではありません。問題が起きるのは、コイルではなく、コイルとレギュレターをつなぐ配線部分なのです。

ほら、このように、カチンコチンに硬化して、内部の銅線も変色してしまっています。
こうなると、ここの抵抗が増加してしまいますね。

RIMG7231.jpg







そして、最も問題が起こるのがここです。
ジェネレーターコイルとレギュレターを接続するギボシ端子部分です。
ジェネレーターコイルからの発電力は、電圧も数十ボルトに達しますし、電流値も相当レベルに達しますので、ここの接触抵抗がわずかに増加するだけで発熱し、このように焦げてしまいます。すると、ますます抵抗が増えて発熱する・・・そういう悪循環によって充電力がガタ落ちしてしまうということです。こうなってしまった以上、高効率レギュレターもへったくれもないということがおわかりでしょう・・・
ここは、車種を問わず、また、年式を問わずに最重要チェックポイントとなります。

RIMG7234_20130530142051.jpg

RIMG7235.jpg







古い配線はさっさと切り落として、フレッシュかつ一回り太い線に交換します。
接続部分は、当然ですがハンダ付けします。

RIMG7233_20130530142050.jpg







このゴム製グロメットを通すのがちょっと面倒ですが、作業としては難しいことでもありません。

RIMG7237_20130530142049.jpg







太い線を通すためにグロメットの穴をちょっと広げましたので、ここからオイル漏れなどがないようにシリコンでシールしておきます。

RIMG7240_20130530142110.jpg







さて、これで完成です。

RIMG7242.jpg






レギュレターやバッテリー、ヒューズボックスなどにお金をかけるのも意味がないとは言いませんが、それ以前に、源であるここをきちんとしておくことの方が、はるかに重要なことなのです。






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



オイル添加剤 「プロメディック」
燃料添加剤 「トップルーブ1000」

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ