Entries

ホンダCB-F系マシンにおけるマルチスパークアンプの適合について その2

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・これまでにテストを重ねて煮詰めを進めてきたマルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の予約を受付しております。初回ロット分の数量には限界がありますので、連休前に入手をご検討の方は、お早目のご予約をお願いいたします。
ご予約の詳細は、こちらをご覧ください。
※初回ロット分の残数も少なくなってきました。お早目に・・・


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の予約受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ




CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ホンダCB-F系マシンにマルチスパークアンプの装着を検討されている方は、この記事内容について確実に把握されるようにお願いいたします。
ご不明の点などがありましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。


昨日の記事の続きです。
まだお読みになっていない方は、まずこちらから熟読されるようにお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1468.html


点火コイルまでを含めた点火系全てが完全ノーマルのCB-F系マシンにおいて、どうもマルチスパークアンプが十分に機能しないという問題に直面したところです。
ダイナ2000やウオタニSP-2に交換してしまえば全く問題ないのはわかっているのですが、コストの問題などもありますので、なんとかリーズナブルに解決する方法はないのか・・・
そこで、昨日の記事に書いた、点火コイルのみを純正部品流用することで機能することが確認された、マシンAのケースに着目しました。もし、これが事実であるとすれば、極めてリーズナブルな解決策ということになります。なにせこのコイル、ヤフオクなどでも大量に出品されているなど、極めて安価かつ容易に入手できるものだからです。
そこで、これが本当に問題ないのかについて、私自身で確認してみることにしました。

早速テスト用のコイルを入手したのは言うまでもありません。

RIMG6593.jpg






入手先は、私の友人でもある稲葉さんが経営する、ガレージ「ジャンクボックス」です。
いわゆる解体部品屋さんなのですが、その品ぞろえは実に豊富です。また、流用に関する知識はもとより、各部品もきちんと整理されていて、電話での問い合わせにも、すぐに対応して在庫確認などしてくれますので、中古部品を探すのであれば、まずは聞いてみるといいですよ。

ガレージ「ジャンクボックス」
http://www5a.biglobe.ne.jp/~junk-box/toppage1.htm
ブログ「JB店長日記」
http://blogs.yahoo.co.jp/xj750e2

〒940-1153 新潟県長岡市要町1-8-54
TEL 0258-39-7969 FAX 0258-39-7968
Eメール junkbox@myad.jp
定 休 日 月曜日&金曜日
営業時間 10:30~19:00




この点火コイルは、CB400SF前期型をはじめとして、1980年代後半から2000年ころまでのホンダ製マシンの多くに使用されていますので、汎用性や信頼性に優れるものです。
ちなみに、部品番号は
30510-KT7-023
1個 7,140円
ですが、なにも新品を買う必要はありません。中古部品が安価かつ容易に入手できますし、ジャンクボックスでも箱に一杯の在庫があるそうです。

オークションの画像などで判別する際には、この「MP08」という記号を目安にしてください。何用として出品されていようと、この記号があれば同じものです。

RIMG6594.jpg






コイル一次側抵抗値は3.2Ωでしたので、メーカーを問わず、ほぼ全てのフルトランジスタ点火に流用できます。
ちなみに、CB-F系マシンにおいても、これは流用チューニングの定番らしいですし、評判も良いそうですので、リーズナブルなお勧めチューニングということですね。

RIMG6598.jpg






さて、早速コイルをMP08に交換し、マルチスパークアンプを装着してテスト走行を開始です。
いつものように、手元の配線を差し替えるだけで装着有無を比較できるようにしています。

RIMG6607.jpg







結果は、目論見どおりでした。
様々な不安定な動作も解消し、ヒートしてきた際の失火現象もなくなりました。そして、マルチスパークアンプ所定のパフォーマンスもしっかりと発揮することを確認することができました。

このテスト結果から推察されることは、以下のとおりです。
CB-F系マシンに装着されている純正コイルは、そもそものパフォーマンスにやや不足気味なところがあることに加えて、30年以上経過しているという経年劣化も加わり、十分な点火能力を発揮できないものが多いということ。
そして、かろうじて機能していたものであっても、マルチスパークアンプを装着したことで、コイル性能としての要求度が上がり、役不足を露呈するに至ったということです。

点火コイルは消耗部品です。タイヤやチェーンのように、劣化程度が目に見えるわけではありませんので、ついついおざなりになりがちですが、30年以上も前に設計生産されて使用され続けてきたものが、そもそも十分に機能するはずがありません。
マルチスパークアンプは、劣化した部品の機能を回復させたり補ったりするものではなく、あくまでもチューニングパーツですので、基本的なベースがきちんとしていなければ、パフォーマンスを発揮することはできないのです。
CB-Fに限らず、生産からそれなりの年月を経たマシンに装着する場合、せっかくエキストラコストを投じて入手するのですから、これを機会に点火コイルを見直してみるのもいいのではないかと思います。



ちょっと余談ですが、昨日の記事をアップしたあと、CB750Fに乗るという方から、下記のようなアドバイスをいただきました。

「CB750FC以前のマシンはコイルのステーが鉄製なので、錆などによってアース不良になって高回転で吹けなくなります。これを社外品のアルミ製に交換すると直ります。CB-F乗りの間では常識になっていることですので、これもチェックしてみてはいかがと思います。」

アドバイスをいただいたことについては、本当に有難いことと思います。
しかし、この内容についてはどうにも理解できないというか、ありえないことです。
以前にも書きましたが、ごく一部の例外を除いて、点火コイルの鉄芯をアースに落とすことは無意味です。
ですので、ここの接点が錆びようがどうなろうが、点火するということに関しては何の変りもありません。
ウソだと思うなら、この取り付けを外して、コイルをフレームから完全に独立させた状態でエンジン始動を試みてください。普通にかかります。
絶縁されていても普通にかかるのですから、ここをアースすることが無意味だということがわかるはずです。
一時、アーシングキットなるものが流行し、コイル取り付け部分にも大仰なアース線をつなぐようになっていましたし、それなりに名前が売れているメカ系の雑誌などでさえも、それが効果的などと記述していたように記憶しますが、そんな影響もあるのでしょうか・・・
以前に書いた記事はこれです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1019.html


加えて、2気筒同時点火システムを使用するマシン、近年のダイレクトイグニッションを除く、ほぼ全ての並列4気筒オートバイエンジンがこれに該当しますが、これについて、シリンダーヘッドにアーシングすることも完全に無意味です。
物理的には無理ですが、仮にシリンダーヘッドがエンジンブロックと絶縁されていたとしても、何の変りもなく点火します。
これも過去に書いています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-529.html

市販されている社外部品の中には、こういった本質的に無意味なものも存在するというのが現実です。



予約受付中のマルチスパークアンプ(MSA)4気筒用については、4月11日に予約分が全て入荷しますので、同日から発送を開始いたします。この初回ロット分の残数は6個となりました。連休前に入手可能なものはこの6個のみとなりますので、どうぞお早目にお願いいたします。

※追記
4月10日17時55分現在、残りは3個になりました。



拍手コメントにお書きいただく方がおいでですが、拍手コメントに返信することはできません。お問い合わせやご質問については、メール若しくはお電話にてお願いいたします。



この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: 店の紹介ありがとうございます。 

店長さん
今回は色々とありがとうございました。
シングルマシン用MSA・・・4気筒用が一段落したら、また着手します!!
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.04/13 15:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

店の紹介ありがとうございます。 

提供したコイルがお役に立てた様で良かったです。
単気筒用の完成も楽しみにしてます。o(^-^)o ワクワク

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ