fc2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

ホンダCB-F系マシンにおけるマルチスパークアンプの適合について その1

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・これまでにテストを重ねて煮詰めを進めてきたマルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の予約を受付しております。初回ロット分の数量には限界がありますので、連休前に入手をご検討の方は、お早目のご予約をお願いいたします。
ご予約の詳細は、こちらをご覧ください。
※初回ロット分の残数も少なくなってきました。お早目に・・・


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の予約受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ




CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ホンダCB-F系マシンにマルチスパークアンプの装着を検討されている方は、この記事内容について確実に把握されるようにお願いいたします。
ご不明の点などがありましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

また、CB-F系マシンは、相当台数が生産され、現在でも根強い人気を誇るところですが、その点火系は実に貧弱なものです。
始動困難、アイドリング不安定、高回転で吹けないなど、様々なエンジン不調を抱えているマシンが多いようですが、この貧弱な点火系に起因するものがほとんどのようです。
この記事は、そのあたりにまで言及してみるつもりです。

ちなみに、私の所有するCB650Cの点火系は、このCB-F系マシンと全く同じものが使われていますので、私自身が試行錯誤を重ねて検証した結果であることを付言しておきます。

まず、マルチスパークアンプ試作品による事前テストにおいて、頭を抱えてしまうような原因不明の問題に直面したことに端を発していますので、その経過についてご報告します。

それぞれのテストマシンにマルチスパークアンプを装着したケースです。
この結果に、最初は混乱を極め、一時はCB-F系マシンを適合除外することすら検討したのです。

1.マシンA
ノーマルイグナイターにCB1用純正コイル(MP08)流用
※ 所定のパフォーマンスを発揮した

2.マシンB
ダイナ2000
※ 所定のパフォーマンスを発揮した

3.マシンC
ウオタニSP-2
※ 所定のパフォーマンスを発揮した

4.マシンD
ノーマルイグナイターに当時物ノーマルコイル
※ 装着当初は機能したものの、次第に時折失火する症状に見舞われた

5.マシンE
ノーマルイグナイターに当時物ノーマルコイル
※ 高回転域で完全に失火し、まともに吹けなくなった

6.自己所有車 CB650C
ノーマルイグナイターに当時物ノーマルコイル
※ 装着直後には特に問題なく所定のパフォーマンスを発揮したが、走行毎に効果を感じられたり感じられなかったりした。また、アイドリング回転数が1,000rpm程度の幅で変動するようになったり、急加速時に時折失火が認められた。
全体的に、マルチスパークアンプを装着すると、不安定な状態になる傾向が認められ、特にエンジンがヒートしてくると顕著になる傾向がある。


ダイナ2000及びウオタニSP2に交換されているマシンBとCについては、全く問題ないということが確認された。これについては、点火系全体がそっくり交換されているので、CB-Fとの相性云々ということではなく、それぞれダイナ2000及びSP-2とマルチスパークアンプのマッチングに問題がないということに過ぎない。

しかし、CB-F系マシンにマルチスパークアンプを装着する前提として、点火系全体を入れ替えることを指示するのが現実的ではないので、何か良い方法がないか模索することとした。

まず、マシンDのオーナーは、手持ちの中古品ノーマルコイルを手当たり次第に入れ替えてみたところ、その中にはきちんと機能するものが存在することが判明した。
そして、CB1コイル(MP08)コイルに交換しているマシンAは、その後も問題なくマルチスパークアンプとしての機能を安定して発揮している。
これらの状況から、どうやらCB-F系マシンのノーマルコイルに問題があるのではないかと思料されたので、CB650Cをテストマシンとして、コイルを交換して検証してみることとした。


これは、CB-F系マシンに使われているノーマルコイルですが、どうもこれの基本的なパフォーマンス自体に問題がある上、経年劣化も加わって様々な問題を引き起こしているようです。

RIMG6605.jpg






このコイルの一次側抵抗値は2.8Ωでした。フルトランジスタ点火用ノーマルコイルとしては、比較的低めの抵抗値です。点火コイルの一次側抵抗値が低いと、より大きな電流を流すことができますので、大きな点火エネルギーを放電できるのですが、反面、その大電流を確実にスイッチングするため、イグナイター側のスイッチング素子にも高い能力が求められます。

RIMG6606.jpg







よく、イグナイターがパンクすると言われますが、これは、点火コイル一次側の電流をスイッチングする際に発生する熱による損傷です。痛みが進めば進むほどにイグナイターの内部抵抗が増加しますので、ますます発熱量が増加し、ついにはモールド樹脂なども溶けだしてご臨終・・・となるのが通常のパターンです。
この、CB-F系マシン用コイルの低い抵抗値は、この系統マシンにおける点火系トラブル多発の一因となっている可能性もあります。
高回転域になればそれだけ高速でスイッチングしなくてはなりませんので、素子の能力が追い付かない場合、高回転域で失火するという症状が出る場合があります。また、低回転域においてはコイルへの通電時間が長くなる傾向になり、これは熱負荷を増大させる要因になりますので、気温が高い環境下でエンジンがヒートしてくると、アイドリングが不安定になったりする可能性があります。

ちなみに、ウオタニSP-2の点火コイル一次側抵抗値は、約0.8Ωと極めて低抵抗ですので、大きな電流を流すことができます。これが、同システムが大きな点火能力を発揮するための柱となっています。しかし、それを実現するためには、大きなスイッチング能力を持つ、大容量の素子が必要になるのです。
つまり、基本的な点火能力を決めるのは、点火コイルにどれだけ大きな電流を流せるかという点にありますので、コイルはそのままにイグナイタユニットだけを何かに交換したとしても、さほどの効果は期待できません。


これはノーマルイグナイターです。
まるで、ウインカーリレーではないかと思うほどに小さいものです。
いくら、1・4番用と2・3番用が別体になっているとはいえ、また、進角制御をしていないとはいえ、この小ささも熱負荷への脆弱さの一因となっているような気がしてなりません。
この、赤いハーネスチューブが使われているものは、多少は耐久性を増した後期型対策仕様ということらしいですが、それにしても基本的には褒められたようなものではありません。

RIMG5871.jpg







先にもちょっと書きましたが、CB-F系マシンの進角制御は、ピックアップコイルのところに装備されている遠心ガバナーによって行われていますので、イグナイターユニットがやっている仕事は、単にコイル一次側電流をスイッチングしているだけの極めて単純なものです。ただ、切ってつないでという動作をしているだけということです。
純正部品はすでに欠品となっているようですので、これがパンクした場合には、社外品に交換するしかないところです。ノーマル形状そのままのリプロ品もあるようですが、せっかくお金を払うのであれば、きちんとしたデジタル進角制御までできるようなシステムに交換してしまうのが賢明だと思います。お金払って部品交換したのに進化していないって淋しいでしょ・・・



さて、だいぶ脇道に逸れましたが、続きはまた後日に・・・
いや、心配する必要はありません。CB-F系マシンのノーマル点火系において、マルチスパークアンプを極めてリーズナブルに機能させる方法をご紹介します。








現在、予約受付中のマルチスパークアンプ(MSA)4気筒用ですが、初回ロット分について、急遽、15個の追加分が入手できることとなりました。
連休前の入荷はこの15個が最後となりますので、どうぞお早目にお願いいたします。



拍手コメントにお書きいただく方がおいでですが、拍手コメントに返信することはできません。お問い合わせやご質問については、メール若しくはお電話にてお願いいたします。



この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
GS1000と日々の日記は「まめしば」が2022年7月に永眠したため、現在は後を継いだ妻が更新しています。内容は商品、店舗情報や日々感じたことなどです。
夫の残した日々の作業内容、オートバイを構成する各部について、その原理や法則などの実践的なノウハウは引き続き、ご利用いただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの店舗は現在開けておりません。まめしば商品は引き続きウエビック経由でご購入頂けます。キャブレター業務につきましては、福岡のプロヘッドモーターファクトリーさんに引き継いで頂きました。

お問い合わせやご連絡はブログのコメント欄ではなく、以下のメールアドレスにお願いします。当日内の返信を心がけていますが、2~3日お時間いただくこともございます。ご理解いただけましたら幸いです。


株式会社ファクトリーまめしば
Fax:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com
https://www.webike.net/tab/parts/br/2073/

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>