Entries

ナイトロンサスペンションのダンパー内部をリセッティング

ナイトロンのリアサスペンションを装着し、早1年が経過しようとしています。
それまでに長らく愛用してきたクアンタムについて、様々な意味で限界を感じていたところ、新たな可能性を求めての交換でしたが、これまでの経過については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
ナイトロンサスペンション


この1年間にわたり、様々なシチュエーションにおいて走行を重ね、その間、スプリング交換、各ダンパーアジャスターによるセッティング、はたまた前後車体姿勢などを含めたセッティング作業を重ねてきました。
上記にご紹介したシリーズ記事についても、なんとなく中途半端な形で止まっていましたので、相当な方々から、
「ナイトロン、その後どうなんですか?」
などというご質問をいただいたりもしましたが、私として納得の行かない点がありましたし、それをクリアしてからでなければ、この新しいサスペンションについてきちんと評価することができないと考えていたのです。

ナイトロンの、サスペンションとしての基本的なパフォーマンスは極めて優れたものだと感じています。それは、これまでのセッティングの過程においても実感し続けていました。
しかし、部品単体としてのパフォーマンスと、それを装着した状態における機能というのは、全く次元の違う問題です。
たとえば、モトGPなどで使われているサスペンションを、そのままの状態で市販車に装着して街中を走ったとしたら、その極めて高い荷重設定となっているはずのそれは、ブレーキをどんなにかけようが、どんな勢いでコーナーに飛び込もうが、ほとんど動いてくれることはないはずです。つまり、グリップ感も何もない、極めて乗り難いものになるに違いありません。
しかし、乗り難い反面、極めて高い精度で製作されているが故のフリクションの少なさやリアルな作動性など、そのポテンシャルの一端を感じることはできるのではないでしょうか。
そうは言っても、荷重域設定が全く合っていないサスペンションは、やはり実用には耐えないものと言わざるを得ません。
つまり、1本が数百万円もするようなスペシャルなサスであっても、設定が合っていない場合には、半分抜けかかっているようなノーマルサスにも、はるかに劣るものとなってしまうのです。


私のナイトロンサスは、昨年の夏の時点において、伸びと圧のダンパーは、それぞれ全抜きに近い状態でした。それでも、低荷重域での突き上げ感や、荒れた路面に突入した際の跳ねなどの問題がありました。
先がわかっているようなフラットな路面であれば、素晴らしい安定性とライントレース性を発揮するのですが、公道では様々な速度域において様々な路面に遭遇します。

私の印象では、とにかくオーバーダンピングというものでした。
こうなると、突き上げ感や跳ねを避けるために、スプリングレートも上げることができませんし、イニシャルも抜き傾向にするしかありません。
すると、荷重が一定時間かかり続けるようなシチュエーションでは、今度は底付きしてしまう・・・それを避けるためにイニシャルをかけると、今度は初期が入らなくなる・・・
それを車高や前後バランスでなんとか誤魔化そうとしても、所詮は対症療法に過ぎず、本質的にはどうにもなりません。

このように、設定が合っていない状態であるにもかかわらず、リニアなダンピング感や高い作動性を感じるなど、高いポテンシャルを実感していましたので、あとは、ダンパー内部の設定を、私の使用状況や好みに合うようにリセッティングするしかないという結論に達したわけです。

こういうオーダーは、細かなフィーリングやニュアンスの話になりますので、電話やメールなどでは用をなしません。そんなわけで、先日、ナイトロンジャパン&テクニクスさんにお邪魔したのです。
その時の記事はこちらです。
ナイトロンジャパン&テクニクスを訪問



この時に対応してくださった井上さんと羽柴さんは、多岐にわたる私のリクエストについて、4時間以上もお付き合いくださいました。
そして、最後には、
「わかりました。お話をお聞きして、私なりにやってみたい内部モディファイのイメージができましたので、納得が行くまで、できることは全てやらせていただきます。私にとっても、そういうフィードバックは貴重なデータになりますから・・・」
という、実にプロフェッショナルなお言葉をいただきましたので、全てを委ねることとしたのです。

サスペンションは、1週間もたたずに戻ってきました。
オイル粘度はもちろんのこと、内部のオイル通路やシムの設定など、全てをリセッティングしたとのことでした。また、ダンピングフォース自体も、当初の全抜き状態を各アジャスター調整範囲のセンター付近に再設定したということでした。
戻ってきたアジャスターのプリセット状態は、ショックダイノのデータ上では、リセッティング前と同じダンピングになっているとのことでしたので、とりあえずはそのまま装着することとしました。

RIMG1825.jpg







リセッティングに出している間に装着していたオーリンズを取り外し・・・

RIMG1828.jpg







装着を完了です。

RIMG1843_20130319143513.jpg

RIMG1844_20130319143513.jpg







ショックダイノの数値データでは同じという説明でしたが、体感上のフィーリングは全く違いました。はるかにしなやか・・・
交差点を低速でターンするときのような、低荷重時にも、リアサスがスッとストロークする様子がお尻にリニアに感じられます。そうすると、ターンするためにバンクしているにもかかわらず、まるで停止しているかのような座りの良さというか・・・そのままの姿勢で止まってしまっても大丈夫ではないかと思わせるような接地感を得られるのです。
良いサスセッティングは、微速低荷重時にも安定感があるものです。

度重なる路面補修によって、荒れまくっているようなところを、スロットルを開けて加速通過してみても、跳ねあげられるようなこともなく、デコボコをなめすようにフラットに走ることができます。

その後、リアのサス長さやスプリングイニシャル、伸びと圧のそれぞれのダンパーを微調整してみたところ、ほぼ満足のできる状態に近いことが確認できました。

微速低荷重でもきちんとストロークして豊富な接地感が得られると同時に、2~3速でレブリミットまで全開加速するような場合でも、リアがスクワットし過ぎてフロント荷重が抜けることもなく、安定した加速をすることができます。
細かく煮詰めてはいませんので、まだまだ良くなる余地があるはずですが、これでやっとベースラインに立つことができたと実感しています。

このことは、早速、この素晴らしいリセッティングをしてくれた、テクニクスの井上さんに報告させていただきましたが、
「まめしばさんのものにやった作業内容について、こちらでもさらに検証を重ねてテストしてみます。この素晴らしいクォリティーの製品を、さらに熟成したいと考えているからです。」
というお返事をいただきました。

私が、今回のことを通じて主張したことは、下記のようなことです。

「普通のレベルのライダーが、通信販売や馴染みのショップを通じて、自分のマシン用のサスペンションを購入し、それをポンと装着して走り出すだけで、どういうシチュエーションにおいても、それまでのノーマルサスペンションとは次元の違う安定性やコントロール性を発揮し、『このサス、すごく乗り心地はいいし、しっくりと踏ん張るし、コーナーでの安定感も抜群、バイクに乗るのが楽しくなった・・・』と異口同音に口にするようなサスでなくてはならない・・・そういうサスをプロデュースして欲しい・・・」

そんなの無理だと言ってしまってはそこでおしまいです。なんとかやってみようと試行錯誤を重ねて挑戦するところにしか、進化はありません。

今回、私のサスペンションに対して、井上さんが具体的にどのようなモディファイを加えたのか、その内容について、私はサスのプロフェッショナルではありませんのでわかりません。
しかし、井上さんによれば、通常のオーバーホール対応ということで、今回のリセッティング作業をサービスするということです。また、いずれは製品の初期設定値として見直しを図るつもりですが、すぐにでも新品時からその設定で出して欲しいということであれば、個々に対応いたしますということです。
その際、
「まめしばがやってもらった仕様で・・・」
と言っていただければ、すぐに話は通じるとのことですので、現状で不満を覚えている方や、これからナイトロンのツインショックを購入しようと考えている方は、ぜひオーダーしてみていただきたいと思います。

また、私宛にお問い合わせいただいても対応いたします。

さらに、テクニクスでは、オーリンズやWP、また、純正サスなどのオーバーホールやリセッティング作業も通常業務として行っています。
この手の仕事は、分解組立リセッティングという作業スキルも大事ですが、なによりも重要なことは、乗り手のリクエストに真摯に耳を傾け、そのユーザーが何を求めているのかを汲み取り、それを実現するための引き出しを持ち、手間を厭わず実践することです。


連絡やリクエストは、下記宛にご遠慮なくどうぞ・・・とのことです。

344-0123
埼玉県春日部市永沼652-1
有限会社テクニクス
代表取締役 井上 浩伸
048-745-0801
メール shock@technix.jp
HP  http://www.technix.jp/








この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: タイトルなし 

こんな、まるでコピペしたかのような記事が掲載されているとは知りませんでした。
双方の記事掲載年月日を比較していただければ瞭然です。
私の記事がオリジナルです。

> こちらのブログにも同じことが書いてあったのですが、どちらが本物の話ですか?
> http://ameblo.jp/max-speedinfo/
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2015.11/03 23:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こちらのブログにも同じことが書いてあったのですが、どちらが本物の話ですか?
http://ameblo.jp/max-speedinfo/
  • posted by  
  • URL 
  • 2015.11/03 22:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ