FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の予約受付開始について

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。






これまで、開発テストを続けてきたマルチスパークアンプ「MSA」(4気筒用)について、予約受付を開始いたします。

・マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用
価格 39,900円(税込、送料別)

ご予約に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・使用マシン
・点火系仕様
・その他、吸排気系を含むエンジン仕様の概要




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※ 4月12日 追記

マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の初回ロット分については完売となりましたので、引き続き、2回目ロット分の予約受付を行います。デリバリーは5月中旬から下旬ころを予定しておりますが、数に限りがあることに変わりはありませんので、お早目のご予約をお願いいたします。






マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ





これまで、私の開発経過記事をお読みいただければおわかりと思いますが、とりあえずは4気筒用のみについての受付となります。
シングルエンジン、ツインエンジンについては、今後の開発と煮詰めを尽くしたのちに、別途のデリバリーとなります。


量産試作品をテストした方のインプレはこちらです。ぜひお読みください。
CB750KZ
GSF1200
Z750FX2&GSX750E
Z750FX2(桃二郎さん)
GSF1200(つるりんさん)


すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。
マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集



1.適合について

適合するのは、下記のものとなります。
・純正フルトランジスタ点火
・ウオタニSP-2
・ダイナ2000
・ダイナS

4気筒マシンであっても、下記についての適合は未確認ですので、今後、確認ができ次第、若しくは対策ができ次第となります。
・ポイント式
・インジェクション車
・ダイレクトイグニッション式
・ホンダVTEC

・ツインプラグマシン
当初、そのままで適合するものと考えていましたが、異なる点火パターンを要求することが判明しましたので、今回の4気筒用については不適合とさせていただきます。

ポイント式については、純正フルトランジスタ、ウオタニSP-2若しくはダイナ2000などのユニットに交換することで装着が可能となります。

・CDI点火方式には適合しません。



2.推奨併用部品

・V-UP16 27,300円
マルチスパークアンプ(MSA)は、同一点火時期に複数回の容量放電を行うことで失火を防ごうとするものです。1回のスパークで火がつかないのであれば、しつこく何回もつけてやろうということです。
それに対し、V-UP16は、放電エネルギーそのものを増大させることで同じく失火を防ごうとするものです。これは、100円ライターで火がつかないのであれば、強力なバーナーでつけてやろうというものです。
これらは、互いに相乗効果としてトータルパフォーマンスを発揮することができます。

・点火系専用リレーハーネス 3,675円
点火エネルギーの源はバッテリー電源ですが、これをダイレクトに点火系供給することで、点火効率、信頼性、耐久性を有効に向上させることができますので、併用を強力に推奨します。



3.関連周辺部品への影響

・イグナイタユニットへの影響
イグナイタユニットは、「点火時期制御」と「一次電圧のスイッチング」という二つの大きな仕事をしていますが、マルチスパークアンプ(MSA)を装着することによって、イグナイタユニットは点火時期制御を行うのみとなり、大きな熱負荷を伴う一次電圧のスイッチング動作から解放されることとなります。
マルチスパークアンプ(MSA)に内蔵されているスイッチング素子は、大容量かつ高速スイッチング能力を持つ、最新の「パワーMOS-FET」を採用しています。これは、スイッチングロスも極めて少ないものですので、高効率なスイッチング動作に加えて、消費電力も低く抑えることができます。
これらの効果によって、イグナイタユニットの寿命や耐久性については、大幅な向上を得ることとなります。
CB-F系をはじめとする一部の絶版車においては、イグナイタユニットの熱損傷が頻発するにもかかわらず、純正部品の供給がないという厳しい現実に直面していますが、その問題を相当なレベルで解決することが期待されます。

・点火プラグ、プラグコード、点火コイルへの影響
同一点火時期に5回から3回の複数回容量放電を行いますので、理論上、これらの部品に対する負荷は増加します。しかし、誘導放電成分を含むトータルの放電時間及び放電エネルギーに大きな差異はありませんので、関連部品の寿命や耐久性が5分の1や3分の1に低下するなどということはありません。
すでに、一部の四輪車には純正で5回から7回スパークなどというユニットが採用されていますが、これらの車両について、点火プラグを始めとする関連消耗部品の指定交換サイクルに変更はありませんので、事実上は特段に留意すべきレベルではないと考えています。
しかし、基本整備であるこれら消耗部品の点検や交換については、それぞれの指定サイクルに従って、確実に行うべきであるのは言うまでもありません。




4.装着による効果

・トルク及び出力について、絶対値の向上効果(パワーアップ)
シャーシダイナモテストの結果、トルク及び出力値のいずれについても、確実な有為差を確認しています。単純な話、装着すればパワーアップするということです。
点火系チューニングパーツは多数ありますが、絶対出力値に反映されるものは、そう多くはありません。

RIMG0804-crop.jpg


RIMG0600.jpg





・ドライバビリティーとコントロール性の向上
エンジンの失火率を極限まで低減させることによる効果は枚挙にいとまがありません。
たとえば、エンブレが驚くほど緩やかになります。
振動も激減します。
そして、スロットルを開けた瞬間、リアタイヤトレッドが路面を噛むレスポンスがリニアでダイレクトなものになるのです。あるエキスパートライダーはこんな表現をしました。
「ありえないことだけど、クランクが路面と直結したような感じ・・・」
言葉だけでは意味不明ですが、つまるところ、それまでの感覚では表現できないほどのリニアリティーを得たと言いたいようです。
また、これまでにテストを依頼した方々は、装着時の感動はもとより、テストが終了して愛車から取り外した後、
「これはまるで罰ゲーム・・・もう、MSAがないと、自分のマシンに乗る気がしない・・・こんなテスト、するんじゃなかった・・・」
と嘆き倒す始末です。
燃費については、理論上は向上するはずなのですが、この手の快感向上効果が大きなデバイスの場合、加速と減速があまりに気持ち良くて、用もないのにスロットルを開閉するようになる傾向がありますので、実用燃費は悪化することがほとんどです・・・冗談みたいですが、本当の話です。


少なからぬコストを投じてエンジンチューニングをしたり、レーシングキャブレターやスペシャルなマフラーを装着していたとしても、肝心の点火が失火していたとしたら、それは実にもったいない話となります。
良いエンジンの3要素を再度思い出してください。全ての基本はここにあります。

・良い圧縮
・良い混合気
・良い火花

MSA+V-UP16は、極上の超強力火花装置であるということ・・・これを使わない手はないということです。



冒頭にも書きましたが、本日から予約受付を開始し、デリバリーは4月中旬ころから、ご予約をいただいた順番に行う予定です。
ツイントップの吉田さんが1個ずつを手作りする関係上、初回ロット分もそう多数ではありませんので、お早目のご予約をお願いいたします。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Re: バッテリーに対して 

お問い合わせ、ありがとうございます。
MSAはイグナイターに代わってコイルのスイッチングを行いますが、使用している素子はスイッチングロスも少ないものですので、消費電力が減少することはあっても、増加することはありません。
これは、私のGS1000における電圧を見ても確実な事実です。

> 御無沙汰しております。マルチスパークアンプの販売開始、おめでとうございます。とても興味深い製品ですね。
> ところで、一つ質問させてください。周辺機器への対応についてですが、バッテリーに対してはどうなのでしょうか?マルチスパーク化する事で、バッテリーの消費量は増えるのでしょうか?特に夜間走行は多い場合には、バッテリーが弱まる可能性が高いのでしょうか?お時間が有る時で結構ですから、教えてください。
> それでは、また。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.03/22 17:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

バッテリーに対して 

御無沙汰しております。マルチスパークアンプの販売開始、おめでとうございます。とても興味深い製品ですね。
ところで、一つ質問させてください。周辺機器への対応についてですが、バッテリーに対してはどうなのでしょうか?マルチスパーク化する事で、バッテリーの消費量は増えるのでしょうか?特に夜間走行は多い場合には、バッテリーが弱まる可能性が高いのでしょうか?お時間が有る時で結構ですから、教えてください。
それでは、また。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ