Entries

まめしばFCR-Mキャブレターの開発 その6(ボディー加工の試作中)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一次電圧昇圧回路「V-UP16」&点火系専用リレーハーネスキット・・・点火系チューニングパーツは多数ありますが、これは反則技と言ってもいいほどの効果を体感します。
エンジンチューニングに例えれば、ボアアップしたようなもの・・・
・V-UP16 25,200円
・点火系専用リレーハーネスキット 3,675円
下記のインプレ集をぜひお読みください。

「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)のインプレ集

ファクトリーまめしばによる検証の経過はこちらをご覧ください。
カテゴリー「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





現在テスト中のマルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ




FCRキャブレターのパフォーマンスを大きく向上させるべく実験中のFCR-Mキャブレターの開発は、ここに来て順調に進展しつつあります。
これまでの経過については、こちらをご覧ください。
FCR-Mキャブレターの開発


私が目論んでいることについて、細かいことはさておき、概要についてかいつまんで書いておきましょう。

ミクニTMRキャブレター、大きくスロットルを開けて加速するときの豪快かつシャープな特性は、一度味わったらヤミつきになるほどの快感をおぼえます。反面、ややクセのあるわかり難いセッティング特性や、過度なレスポンスによるスロットルワークの難しさなどがネガティブ要素として存在するのも事実です。この問題は、緻密なセッティングの煮詰めやスロットル周りの設定を適正化するなどの対策によって処理することは可能なのですが、それをするためには、相当のスキルや経験を要するところです。
それに対して、ケーヒンFCRキャブレターは、とにかくコントローラブルな開けやすさ、そしてわかりやすいセッティング特性など、万人に受け入れられやすい特性を持っています。
私は、GS1000まめしば号に、FCR35、FCR37、TMR35、CR31、CR33などという複数のキャブレターを装着してセッティングを煮詰めてきましたので、これらの持つそれぞれの特性について、相応のレベルで把握してきたと自負しているところです。こんなことは、同じマシンにこれだけのキャブレターを装着して比較するなどということは、普通のユーザーはおろか、ショップなどでもやったケースは稀有なことのはずです。


私は、まずはCRキャブレターについて、そのコントロール性やパフォーマンスを向上させるべく、CR-Mキャブレターを開発し、それは一定のレベルを達したところなのですが、さて、次はFCRです。
FCRの持つ美点をそのままに、TMR特有のパワー感あふれるフィーリングを加味してみたい・・・どんな味わいのキャブレターに仕上がるのか・・・
そんなことを夢想しはじめると、もうやってみたくて仕方なくなってしまいました。
CR-Mの開発を通じて得たデータやノウハウは膨大なものでした。それを、FCRにも反映させてみましょう・・・

FCRやTMRが現役のレーシングキャブレターとして活躍し、メーカーも開発に熱を入れていた時代には、特許や新案などの権利がらみで実現しなかったことが、年月の経過とともにそういう制約もなくなりましたが、メーカーにとってのキャブレターの時代は終わってしまいました。この分野に、かつてのような開発費が投じられることはないのです。
それならば私がやってみましょうと、まあ、そういうことです。


先日の記事にて、ボディー加工用のジグが完成したことをご報告しましたが、いよいよ、それを使ってボディー加工の試作に取り掛かっています。

これは、FCRキャブレターのプライマリーチョーク部分です。
吸入側に高いスクリーンが立っており、その反対側にはないというのが特徴ですね。
これは、高いスクリーンによってメインノズル圧を高め、反対側のスクリーンをなくすことでJNからいちはやくガソリンを引き剥がそうとすることを狙ったものです。
吸入負圧が低めである2ストロークエンジン用キャブレターなどでは比較的良く使われる形状となります。

FCR4_20130202144839.jpg







FCR-Mキャブレターでは、全く別形状のプライマリーチョークを使うのですが、FCRキャブレターのここは、キャブレターボディーと一体構造になっていますので、まずはこの部分を削り取った上で、別ピースとして製作したものをはめ込んでやらなくてはなりません。
言葉にするのは簡単ですが、形にするのは容易ではない・・・

FCR5.jpg








まだまだ課題はあります。
ここにはめ込む別ピースをどのようにして固定するのか、位置決めはどうするのか、回り止めは・・・それ以前に、ベンチュリーに後傾角度がついているところに、別ピースの角度をどのように設定するのか・・・検討事項は山積みです。
さらには、セッティング特性も変わりますので、それをどのように把握するのか・・・ケーヒンで設定したセッティングパーツのレンジ内で対応が可能なのか・・・

実験って実に楽しいです・・・






2月3日(日)、ストレイガにてセッティング作業を行いますので、興味のある方はどうぞ見物においでください。
ご希望の方は、私宛にご遠慮なく連絡をください。










この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ