Entries

マルチスパークアンプ(MSA) その5(パワーアンプとしての機能)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一次電圧昇圧回路「V-UP16」&点火系専用リレーハーネスキット・・・点火系チューニングパーツは多数ありますが、これは反則技と言ってもいいほどの効果を体感します。
エンジンチューニングに例えれば、ボアアップしたようなもの・・・
・V-UP16 25,200円
・点火系専用リレーハーネスキット 3,675円
下記のインプレ集をぜひお読みください。

「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)のインプレ集

ファクトリーまめしばによる検証の経過はこちらをご覧ください。
カテゴリー「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





先日からテストを開始したマルチスパークアンプ(MSA)については、単独でカテゴリーを作ることにしました。
これからシリーズ記事を書いていくつもりですので、都度、こちらをお読みいただければと思います。
マルチスパークアンプ



1回の点火タイミングについて、3回のスパークを飛ばすことで失火率を相当なレベルで低下させる・・・これまでテストを行いながらご紹介してきたマルチスパークアンプ(MSA)の機能ですが、実は、このデバイスに持たせた機能はそれだけではありません。
名称にあるように、これは「アンプ」なのです。

さて、どういうことなのか・・・それをご説明しましょうか。

本題に入る前に、フルトランジスタ点火の仕組みと作動原理について簡単におさらいしてみましょう。

点火コイルの一次側にあらかじめバッテリーからの12v電流を流しておきます。
点火コイルのマイナス側はイグナイターユニットに接続されていますので、この状態では、

バッテリーのプラス端子~点火コイル~イグナイター~バッテリーマイナス端子

という回路ができているということになります。
そこで、イグナイターユニットは、点火タイミングに従って、この電流を瞬断するのです。
すると、点火コイル二次側に逆起電力として高電圧が発生しますので、それをスパークプラグに流して点火スパークとして利用しているというわけです。
古いマシンでは良く見られるポイント点火式も原理は同じです。
クランクシャフトの回転と連動したポイントカムに倣ってポイントの接点が開閉することで、この一次電流を機械的にスイッチングしているのがポイントです。こちらの方がシステムとしては先ですので、この機械的接点をトランジスタによる無接点スイッチングに置き換えたのがトランジスタ点火式というわけです。

そこで、大きな点火スパークを得るためには、一次側の電流もたくさん流すことになりますが、この大きな電流をスイッチングするためには、大きな容量を持ったスイッチが必要になります。また、エンジンの高回転化を図るためには、高速でスイッチングする必要も生じて来るのは当然のことです。
機械的なポイントから半導体素子による無接点スイッチング(フルトランジスタ点火)に進化したのも、この、

大電流を高速でスイッチングする

という要求に従ったものというわけです。

また、フルトランジスタ方式が、アナログからデジタルに進化したのも同様の要求によるものと言えますし、アフターマーケット製品として定番となっているウオタニSP-2フルパワーキットについても、その機能の柱は、この大電流を高速でスイッチングするというところにあるのです。


大きな点火スパークを得るためには、点火コイル一次側に大きな電流を流したいところ、そのためには、一次側の抵抗値を低くする必要があります。
ノーマルの点火コイルの一次側抵抗値は3Ω程度ですし、ポイント式用は5Ω程度のものが多いのですが、これは、そのくらいの抵抗値にしておかないと、大きな電流が流れてしまい、トランジスタ素子のオーバーロードやポイント焼損を引き起こしてしまいます。

大きな電流を流すためには点火コイル一次側抵抗値を低くし、そこに流れる大電流を高速でスイッチングすることができる半導体素子を使用しなくてはならないというのが、基本的なロジックというわけです。

ちなみに、ウオタニさんの点火コイルは、一次側抵抗値が1Ω程度という極めて低抵抗なものですが、それによって大きな電流を流しておいて、大容量かつ高速スイッチングが可能なトランジスタ素子を使って断続処理しているところです。
そのロジックは、ウオタニさんのHP上などでも解説されていますので、そちらも良く読んでみてください。
点火系を考えるとき、それは基本中の基本になる部分ですので、それを理解せずして点火チューニングはできません。
また、〇〇用のコイルを流用できるとかできないとか、そういうことが話題になったりしますが、とりあえず使って問題がないからOKだとか、そんなレベルで終始しているものがほとんどです。そんな、当たるも八卦みたいなあてずっぽうなやり方ではなく、サービスマニュアルに記載してある一次側抵抗値を見て、それと同等のものを流用すればいいだけのことなのです。
せめて、〇〇のノーマルコイルは一次側抵抗値が△△だから、××用が使えるはずだ・・・という情報交換になって欲しいと思うところです。



さて、以上のことを踏まえた上で、吉田さんの作成した下記の略図をご覧ください。

MSA図解







MSAを装着することで、それまでに、発熱による負荷と戦いながら大電流を高速でスイッチングをしていたイグナイターの半導体素子は、その役目から解放されます。
つまり、イグナイターの仕事のうち、点火コイル一次側電流をスイッチングするという部分についても、MSAがまかなうようになるのです。というか、そういう風に作ったのです。
そして、MSAに使われている半導体素子は、最新のMOS-FETとなっています。そう、ちょっと前に高効率レギュレターの記事でもご紹介しましたね・・・
高効率レギュレター

MSAに使用されているMOS-FETの能力は極めて高く、1チャンネルで1Ωの点火コイルを2個、それもV-UP16で16vに昇圧したものを駆動しても、まだ余裕があるというものです。まあ、超々オーバークォリティーということ・・・
この、大容量かつ高速のMOS-FETによって、動作の安定性や高回転域までの追従性などは大きく向上し、それによる点火パフォーマンス向上も大きいところですが、メリットはそれだけではありません。

古いマシンにおいては、イグナイターの焼損トラブルに見舞われることが珍しくありません。たとえば、ホンダCB-F系などでは、イグナイターユニットの樹脂モールドが熱で溶解するほどの発熱によってパンクするというトラブルが発生するようですが、にもかかわらず、純正部品が欠品・・・中古品が高価で取引されたり、リプロ部品が高価で販売されていたりするようですね。

MSAを装着することで、ノーマルイグナイターは点火タイミングに従ってMSAに信号を送るだけの役割に負担軽減されますので、熱負荷からも解放され、ひいては耐久性が飛躍的に向上するというわけです。

SP-2はちょっと高価で手が出ないとか、そもそもSP-2の設定がないなどというマシンにおいては、点火系リレーハーネスキットとMSAを装着することで、点火系チューニングの道が開けるとともに、供給に不安のあるノーマルイグナイターの延命も図ることができるというわけです。
そこにV-UP16を加えたなら、それはもう驚くべき点火パフォーマンスを発揮するに違いありません。

ちなみに、ウオタニさんでは、SP-2の設定がない機種用に、パワーコイルキットというものを設定しています。これは、低抵抗のハイパフォーマンスコイルと、それを駆動するためのパワーアンプをセットにしたものですが、つまるところ、MSAは、マルチスパーク機能と併せて、このアンプ機能、それも飛び切り高性能なスイッチング能力を持ったハイパワーアンプ機能を持たせているというわけです。



まあ、後から出す製品、それも、マスプロダクトではないマニアックな変態部品ですので、欲張りという点では抜かりはありません。


正月明けには、新しいプログラムを組み込んだ、第二期試作バージョンが完成しますので、さらにテスト走行とデータ取得を行います。
それらの結果を踏まえて、量産試作品を製作し、これもテスト・・・問題がなければ市販という流れを予定しています。
ある程度の目途が立った時点にて、「ファクトリーまめしば」にて予約の受付を実施しますので、どうぞその機会を逃すことのないようにお願いします。
受付開始は、今月下旬から2月上旬ころを計画しています。

V-UP16では驚きましたが、MSAはその比ではありません・・・






この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ