Entries

マルチスパークアンプ(MSA) その2(シェイクダウンにおけるファーストインプレ)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一次電圧昇圧回路「V-UP16」&点火系専用リレーハーネスキット・・・点火系チューニングパーツは多数ありますが、これは反則技と言ってもいいほどの効果を体感します。
エンジンチューニングに例えれば、ボアアップしたようなもの・・・
・V-UP16 25,200円
・点火系専用リレーハーネスキット 3,675円
下記のインプレ集をぜひお読みください。

「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)のインプレ集

ファクトリーまめしばによる検証の経過はこちらをご覧ください。
カテゴリー「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





先日、この記事にて、マルチスパークアンプ(MSA)の試作品完成のご報告をしたところです。
その、コンパクトなパッケージ及び配線図については、こちらの記事にてご確認ください。
マルチスパークアンプ その1


設計と開発をしているのは、四輪車やジェットスキーなどの整備チューニングを本業としている、「ツイントップ」の吉田さんです。
そう、あのV-UP16もこの方の手になるものです。
MSAの開発経過については、こちらのブログをご覧ください。
マルチスパークアンプの開発記事




前回の記事にも書きましたが、GS1000まめしば号の点火系については、ウオタニSP-2フルパワーキット、特注品の三次元マップ仕様です。それに加えて、一次電圧昇圧回路「V-UP16」を使用することで、点火コイル一次側には16vを供給しています。
これらの点火系チューニングによって、あらゆる回転域での安定かつ強力な点火性能を得るに至っています。
たとえば、ノーマル点火系ではとても成立しないようなキャブセッティングさえ可能になるなど、この手のマシンとしては、通常の範囲内で考えられる最高レベルの点火系といってもいいのではないかと自負しているところです。

そんなところへ、吉田さんから、このMSA開発とテストのお話をいただいたのですが、理論上のメリットについては十分に理解することができたものの、ここまで仕上がっているGS1000まめしば号に装着した場合、実際のパフォーマンス向上にどれほど寄与するものなのか、内心は懐疑的な部分もあったところです。
これは、私だけではなく、開発者の吉田さんでさえもそう危惧していたというのが実際のところです。

そもそも、点火系チューニングというものは、ある程度の要求性能を満たしているところへチューニングデバイスを付加したところで、数値上は向上したとしても、実際のパフォーマンスや体感度というものはさほどではなかったりするものです。
必要にして十分のところから更なる向上を得るのは、並大抵のことではなしえないということです。


そんな期待と不安を抱きつつ、MSAを装着してみました。
装着作業そのものは極めて簡単なものですので、ものの15分ほどで完了。
第一の関門であるエンジン始動もあっさりと・・・

なにせ、まともに公道上でテストを経ていないものですから、思わぬ問題が発生するおそれがないではありませんが、試作品を最初にテストさせていただくというのも冥利に尽きる話です。

事前に、確認しなくてはならないテスト項目はいくつもあったのですが、暖気もほどほどに走り出した直後から、細かいことを忘れてしまった・・・

外気温は5℃ほど・・・油温も15℃ほどからの走り出しだったのですが、まるで暖気が完了したかのような、リニアでトルクフル、そして軽い吹け上がりをするのです。
2~3速で2,000rpmあたりからスルリとスロットルを開けただけで、それまでの感覚よりも2枚くらい上乗せされたような加速をします。

最初は、初期トラブルで走行不能になっては困るという思いから、近所をグルグルと回るだけのつもりだったのですが、そんなこともすっかり消え去り、そのままいつもの峠道へ・・・

大きくスロットルを開けて加速したときのフィーリング、それも、コーナー立ち上がりのトラクション性を確認したかった・・・というか、おそらく、最高の気持ち良さを味わうことができるのではないかという期待に胸を膨らませてしまったというわけです。
テスト走行というと、どこか仕事めいた部分がありますし、冷静さや客観的な観察眼を失ってしまってはテストにならないという部分があるのですが、このときには、もう、気持ち良さの予感に抗うことができずに、気づいたら峠に向かっていたというのが本音です。


箱根山中は凍結防止剤などが撒かれていますので、小田原から真鶴旧道へと進みます。
ここは、2~3速を中心に使いながら、つづら折れの連続コーナーが続くところです。
コーナー進入後、クリップ付近からパーシャルを作って立ち上がりに向けてスロットルを開ける・・・実にスムーズかつみっちりとした加速トラクションが得られます。
細かい切り返し時などでは、スロットルをピッと開けてリアタイヤのトレッドで路面を蹴り倒すようにして向き換えなどをしますが、そういう場合のコントロール性が段違い・・・そして、とにかく快感です。
こういう部分って、オートバイを操る上で最大の楽しさや面白さの部分ですよね。
速いとか遅いとか、そういうことではなく、とにかくコントローラブルで気持ちいいのです。
結果、速く安全に走れる。自分の意のままにマシンを動かすことができるのですからね。

それまでだって、こういうところには最大の重点を置いてセットアップしてきたのです。
点火系もそうですし、ここまでこだわっているキャブセッティングにしても、開け始めから中開度領域で開け閉めする際のコントロール性や快感度を向上させるために、どれほどの時間と労力をキャブレターに傾注してきたことか・・・

MSA・・・当初に危惧していたことなんて、いったいなんだったのかと思うほどのパフォーマンスでした。
もう、嬉しくて楽しくて、真鶴旧道を3往復ほど走ったところで、ふと我に返りました。

「そうだ、テストしなくちゃ・・・」


きちんと比較するためには、何度かは付けたり外したりして、装着有無によるあらゆる変化を確認しなくてはなりません。
現在、私のGS1000に装着されている、このMSAは、私だけが満足すればいいというものではありません。
様々な感受性や価値観を持つ不特定多数のバイク乗りの方々に使って満足していただくために開発され、それを私がお預かりしてテストさせていただいているのですから、あらゆる角度から検証見分しなくてはなりません。

路上でタンクを外し、MSAを外します。

RIMG0042_20121227145903.jpg

RIMG0043_20121227145902.jpg






MSAなしの状態で走り出した直後、正直な感想は・・・

「コレは罰ゲームに違いない・・・」

いつだったか、NGCエキゾーストの試着試乗をしたあと、自分のマフラーに戻して走り出した直後、このセリフを吐いた人がいましたが、その気持ちが良くわかる・・・

この日の朝、MSAを装着する前までは、これほどまでに気持ちいいマシンはないと思っていた状態のはずなのですが、さっきまでの快感が身に染みてしまった以上、もう気持ち悪くて仕方ないのです。

これまでに、様々なチューニングモディファイやデバイスのテストで同じことをしてきた私ですが、ここまでのレベルでがっかりすることはそうそうありません。
それくらい、このMSAは効いたということです。

しばらくは気持ち悪い状態で走ったあと、もう我慢できなくなって再度装着して、その効果を再確認です。
すると、これがまた気持ち良さ倍増・・・

振られて淋しい思いをしていたところへ、また彼女が舞い戻ってきたようなものです・・・


その後、今度はV-UP16を外し、MSAのみの状態もテストしました。
そして、再度V-UP16を装着してMSAを外します。
そう、V-UP16とMSAの単独比較テストです。

V-UP16とMSAについて、それぞれフィーリングの違いというか、ニュアンスの違いについて、私の感じたことは以下のようなものです。
いや、全く論理的な話ではなく、感覚的なものということをお断りしておきます。

どちらも、単独で装着しただけで、始動性の向上、アイドリングの安定、そしてなにより、スロットルを開けて加速する際のトルク感にはっきりとした効果を体感します。
そして、両者を比較すると・・・・

V-UP16は、一発ずつの点火は強力で、押し出し感のある加速フィーリングです。その反面、MSAと比較すると、どこか粗さがあるというか、何かをサボッているというか・・・
V-UP16単独で味わうとそんな感じは微塵も受けないのですが、MSAと比較するとそういう感じが否めません。当然ですが、V-UP16装着前後と比較すれば、はるかにリニアでスムーズになっているのですが・・・

対して、MSAの方は、強力でズ太い加速トルクを発生するのですが、どことなくフワッと感というか、マイルドで緻密なフィーリングが得られます。にもかかわらず、シャープな加速感も同居しているというか・・・シャープなんだけどマイルドだなんて、形容詞としては矛盾しているのですが、体感フィーリングを言葉で表現するのは難しい・・・
そして、加速側だけではなく、スロットルを閉じてエンブレの減速感もソフトでスムーズなフィーリングです。V-UP16もそういう効果があるのですが、MSAの場合には、もっと洗練された感じです。

そして、両者を合わせると、1+1=2ではなく、相乗効果というか、2.5にも3にもなるという感じです。
ちなみに、V-UP16を外し、MSAのみにした場合、やはりその感動は薄れるというのが本音です。
点火コイル一次側にかかっている電圧を昇圧するというのは、エンジンでいえばボアアップするようなものですから、点火系へ供給するエネルギー量を増加するという意味において、やはりV-UP16は欠かせないということになります。


その結果・・・
GS1000まめしば号は、緻密なキャブセッティングと強力かつ緻密な点火コントロール、そしてクランクケース内の強制減圧、加えて、NGCエキゾーストシステムなどの組み合わせによって、全域においてスムーズマイルド、そしてコントローラブルな度合を増しています。全ては、いかに効率を稼いで無駄をなくすかという同一ベクトルに向かうもの・・・

その中で、今回のMSAは、すでになくてはならないものになりました。

もう、外すのは絶対にイヤです。


真鶴から小田原に戻り、そのまま帰宅するのがイヤになりましたので、宮ケ瀬湖まで足を延ばし・・・
結局、クリスマスをはさんで、12月23日から25日までの3日間に、700kmほどをテスト走行しました。試作品の耐久テストと言えば聞こえはいいですが、つまるところ、走るのが楽しくて仕方なくなり、あっちこっちをフラフラと走り回っていたというのが本音です。
それくらい、このMSAにはやられてしまったということです。

RIMG0077.jpg







次回の関連記事は、もうちょっと冷静に論理的な解説をしてみようと思っています。
MSAには、1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすというマルチスパーク機能だけではなく、その他の機能を合わせ持たせてあります。
それらの機能が、実際のマシンにおいて、それぞれの点火系において、どのようなメリットをもたらすのか・・・



MSAの市販開始は、現時点では2月末から3月初めころを計画しています。
不特定多数のマシンに装着される市販バージョンとして、もう少し細かい煮詰めをする必要がありますので、まだまだ私のテスト走行は続きます。







この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
現在、テストサンプルを40人ほどの方々にお試しいただいているところですが、すでに確実な効果があるとのご連絡を多数いただいているところです。その具体的な内容については、いずれかの時期において、可能な限りの客観性を担保した形にてご紹介することとします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。
2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品
13、SOHCエンジニアリング製ピストン

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: 罰ゲーム 

罰ゲーム・・・実に的を得た名言でした・・・
このデバイス、いいですよ・・・

> 罰ゲーム・・・受けたのは私ですね。
> MSA楽しみにしています。今日も雨が降るまではキャブセッティングしてたのでこういうアイテムは楽しみですね。
> キャブではこんなに風には変わらないが大きく変化するレデューサーみたいな魅力を今から感じます。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.01/01 13:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

罰ゲーム 

罰ゲーム・・・受けたのは私ですね。
MSA楽しみにしています。今日も雨が降るまではキャブセッティングしてたのでこういうアイテムは楽しみですね。
キャブではこんなに風には変わらないが大きく変化するレデューサーみたいな魅力を今から感じます。

Re: 悩みの種が増えそう・・ 

いわひでさん
次から次へとヤバいものを作ってくれちゃうものですから、私も嬉しい悲鳴を上げっぱなしです・・・

> 色々購入計画たててたんですが、この記事見て、また練り直さないと、いけなくなりそうです・・w
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.12/28 12:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

悩みの種が増えそう・・ 

色々購入計画たててたんですが、この記事見て、また練り直さないと、いけなくなりそうです・・w

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ