FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

シリンダーとスリーブ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一次電圧昇圧回路「V-UP16」&点火系専用リレーハーネスキット・・・点火系チューニングパーツは多数ありますが、これは反則技と言ってもいいほどの効果を体感します。
エンジンチューニングに例えれば、ボアアップしたようなもの・・・
・V-UP16 25,200円
・点火系専用リレーハーネスキット 3,675円
下記のインプレ集をぜひお読みください。

「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)のインプレ集

ファクトリーまめしばによる検証の経過はこちらをご覧ください。
カテゴリー「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





カワサキZなどで良く言われることです。
エンジンオーバーホールのために分解し、シリンダーを抜いたらスリーブが緩んでいた・・・
貴方のZは大丈夫ですか・・・なんて聞いてみたところで、そんなことわかるわけもありませんよね・・・

「オレのZは白煙を吐くわけでもなく、調子良く走っているし、信頼できるショップにフルオーバーホールしてもらっているから、きっと大丈夫さ・・・」


この日、SOHCエンジニアリングを訪れたのは、茨城県守谷市で「トップエンド」というカスタムショップを営む小菅さんです。
並んでみると、まあ、親子みたいな感じかな・・・

RIMG1969.jpg







小菅さんが持ち込んできたのは、フルオーバーホールしてから1,000kmほどしか走っていないというシリンダーです。
すでにスリーブは抜いてあります・・・というか、ユルユルになっていたんです。
この画像でもわかるとおり、シリンダー内壁にはスリーブが動いて踊った痕跡がはっきりと残っています。波目になっているでしょ・・・

RIMG1967.jpg






アップして見てみましょう。
まあ、見事な波目です・・・

RIMG1966.jpg







この、シリンダーとスリーブ、本来はどうあるべきかを考えてみましょう。
簡単なことです。
きちんと密着して固定されていること・・・
何ミリのピストンが入っているとか、圧縮比がいくつだとか、ボーリング精度がどうのとか、そんなものは、ここが緩んでいるというだけでほとんど意味をなさないものとなってしまいます。また、ここが緩んで動いてしまえば、その隙間には必ずオイルが侵入しますが、これは冷却性を甚だしく阻害します。高価なオイルを使うとか効率の良いオイルクーラーを使うとか、そんなことも意味がなくなる・・・

つまり、シリンダーとスリーブがしっかり嵌合して一体となっているということは、その他すべての前提、基礎となることというわけです。

ボーリング屋さん、加工屋さんというところは、エンジン屋さんではありません。あくまでも、加工指示に従って加工するのが仕事ですので、スリーブが緩んで動いているシリンダーを預かって、これをボーリングしてくれと言われた場合、指示されていない余計なことはしないのが通常です。
まあ、スリーブが回ってしまうほど緩んでいれば、ボーリング作業そのものができませんので、そういう場合には、
「これ、緩んで回っちゃってボーリングできないけどどうする・・・」
くらいのことは聞くでしょう。
しかし、このときに、
「スリーブ交換だとお金かかるから、そのスリーブでなんとかして・・・」
と指示されれば、スリーブ外周にローレット加工したり、ノックピンやイモねじを使って回り止めするなどしてボーリングすることになります。
この場合の加工屋さんの仕事は、あくまでも指示されたサイズにボーリング、穴掘りをすることであって、そういう付け焼刃的な作業をすることで、エンジンパフォーマンスにどういう悪影響が生じるかを判断し、その責任を負うのは、作業を依頼した側にあるからです。
このことは、この世界の常識です。

ちょっと話は違いますが、よく、ダミーヘッドボーリングとかトルクプレートボーリングなどと言われます。これをして精密なボーリング加工をしていることを売りにしているところもあります。
この手法そのものは、実に理にかなった理想的なものであることは事実です。
しかし、その前に、絶対的な前提があることはあまり知られていません。

複数のシリンダーを連装した多気筒シリンダー、特に一度使用して熱が入った中古シリンダーの場合は、スリーブを一度抜いて、シリンダーの上面と下面を平行に面出し研磨をするというのが大前提です。
渡辺さんの話では、多気筒エンジンのシリンダーの場合、反っているのが普通、反っていないことはまずないのだそうです。
ダミーヘッドボーリングというのは、シリンダーを上下から厚いジグ板で挟んで規定トルクで締め付けた状態でボーリングするというものです。反っているものを締め付けてやればまっすぐになりますが、その状態でいくら精密にボーリングしても、ジグを外した瞬間にビョ~ンと戻ってしまいます。つまり、全くの無意味・・・

ダミーヘッドボーリングをする以前に、シリンダーの上面と下面を平行に修正加工し、その面に対して垂直にシリンダースリーブの下穴を開けてやるというのが原則です。
それをするためには、スリーブを抜かなくてはならないのは言うまでもありません。スリーブが入ったままなら、シリンダーの上下を水平に引くことなんてできませんからね・・・

ダミーヘッドボーリングをすることが目的なのではなく、平行であるべきところをきちんと平行にし、垂直であるべきところをいかに垂直にするかが目的ということです。

ピストンクリアランスがどうのとか、ホーニングの仕上げはプラトーだとか、特殊な表面処理がいいとか、色々とマニアックな話はありますが、そもそも斜めになったシリンダー穴をいくら精密かつ特殊に仕上げたところで、それは無意味・・・

そういうことも、ボーリング屋さんや加工屋さんと言われる人たちの仕事ですが、先にも書いたとおり、ダミーヘッドボーリングしてくれとしか言わなければ、それしかやらないのが普通です。きちんと、シリンダーの上下面を平行に引き直して、シリンダースリーブ穴を垂直に掘り直して、その上でダミーヘッドボーリングしてくれ・・・と言わないと、やらないということです。

良いエンジンを作ろうとした場合、やるのは当然のこと、でも、お金はかかります。
そして、エンジンを組んでマシンを仕上げ、
「ほら、オイル漏れやオイル上がりは直ってスムーズで静かなエンジンになったでしょ」
と言われて納車されたユーザーには、果たしてどこまでやってあるのかなんて知る由もないというのが現実です。
斜めになっているシリンダーは、ピストンとの当たりも不均一ですので、やけに熱を持つとか、回りが重いとか、1万キロも走れば摩耗が急速に進み、また白煙を吹き出したりとか・・・まあ、早晩においてそうなるのは目に見えていることです。
それを組み付けたショップにクレームを付けたとしても、

「オイル、何使ってましたか・・・ええっ、それじゃあ・・・」
「チューニングエンジンですから、そんな何万キロも持つと思ったら間違いですよ。OH時期ということですから、次はこのピストン使って・・・」

なんて感じで煙に巻かれて営業かけられるのが常だったりします。

いやいや、世の中にはひどいショップもあるんです。
某ショップでは、自分のところの不良在庫ピストンをさばきたいんだか、スリーブ片肉0.8mmになることを承知で、
「ウチでは実績もあるから大丈夫ですよ。耐久性にも問題はありません・・・」
などと言うらしいです。
渡辺さんに言わせれば、
「片肉0.8mmなんて薄過ぎて刃物が逃げちゃうから、掘っても寸法出せない・・・そんなエンジン、慣らしが終わる前にエンジン終わるぞ・・・」



これは、シリンダーの上下面をきちんと平行に引いた上で、その面に対して垂直にスリーブ下穴を仕上げた状態です。
下穴の面粗度を見てください。ピカピカの肌をしています。ここが、スリーブ外周面といかに密着するかが、シリンダー剛性や冷却性を大きく左右するのです。

201212071738466f1.jpg






これは、ターカロイ鋳鉄の松仕様から削り出して製作したスペシャルスリーブです。
上面のツバの厚みもSTDよりも厚くしてありますが、ここは、最も熱負荷のかかるところですので、たとえば、高出力のターボエンジンなどでは、こういう造りになっているのが普通です。
ボアサイズもSTDより大きくし、その他のチューニングによって負荷が増加する場合、こういう部分で対策するというのは極めて有効な手段ということです。
渡辺さんの工夫と努力は、なにもピストンだけではありません。
長年に渡ってピストンの設計と開発に打ち込み、これまでに散々壊して壊して壊しまくってきた苦い経験を踏まえて、目に見えない随所にノウハウを注いでいるのです。

RIMG2039.jpg






さて、シリンダーが完成しました。
SRXとZ1000MK2です。

RIMG2035.jpg






渡辺さんが興味深い実験をしてくれました。
題材は、SRX用シリンダーですが、スリーブ片肉厚は2.3mm、まあ、問題のない設定のものです。
このスカート部分にボアゲージを当てた状態でスカートを手でつかんでみると・・・
100分の3mmくらいは動くことがわかります。

ピストンは、下死点と上死点において運動方向を変えます。ここでいったん停止して逆方向に加速を開始するのですが、その瞬間に大きく首を振ります。
上死点時の首振りは、シリンダーの肉厚も十分にあるところですので、まだいいのですが、この下死点時には、シリンダーからスリーブのスカートが飛び出している部分になります。
ピストンが首を振ると、ピストンスカート部分でスリーブ内壁を押し広げようとしますので、ここでの肉厚が足りないと、スリーブのスカートにクラックが入ったり割れて落ちたりするのです。
スリーブが割れて落ちたらどうなるか・・・フルブロー必至・・・







スリーブ肉厚については、最低でも2mmは確保したいところです。
市販のキットには、これを下回るものも存在しますが、それはそれ・・・そういうものを作って売っているからそれは大丈夫なんて保証はどこにもありません。
また、ボア径によっても最低スリーブ厚は変わります。
ボアが大きくなればなるほど、同じたわみ剛性を確保するために必要な肉厚は厚くなります。当たり前ですが・・・


現在、渡辺さんは、カワサキZ用75mmピストンキットを開発中です。
市販されている76mmではちょっと不安があるというのが、この75mmを選択する理由です。
ターカロイ松仕様の高剛性スリーブも製作し、当然にケースボーリングをします。
圧縮比は11~12程度で、耐久性を確保しながら、ハイパワーとハイレスポンスを実現しようと考えているところです。
完成は来春以降かな・・・とりあえずは5セットの製作のようですから、欲しい人はお早目にお問い合わせください。



まだ未確認ですが、コスワースの二輪用ピストンは、供給が打ち切られたという噂が・・・
でも、大丈夫、渡辺さんが、もっといいものを造りますから・・・








この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
現在、テストサンプルを40人ほどの方々にお試しいただいているところですが、すでに確実な効果があるとのご連絡を多数いただいているところです。その具体的な内容については、いずれかの時期において、可能な限りの客観性を担保した形にてご紹介することとします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。
2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。






CRキャブレターのオーバーホールサービス実施中。
基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Re: 勉強させて頂きました。 

ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

> いつも楽しく読ませて頂いております。
> 今回の内容も本当に勉強になりました。
> いつもメモを取りながら読まして頂き、気になった所は
> 自分でも調べて、勉強させて頂いております。
> 毎回、凄く内容が濃いので、更新大変かと思いますが、
> 頑張って頂きたいです。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.12/23 07:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

勉強させて頂きました。 

いつも楽しく読ませて頂いております。
今回の内容も本当に勉強になりました。
いつもメモを取りながら読まして頂き、気になった所は
自分でも調べて、勉強させて頂いております。
毎回、凄く内容が濃いので、更新大変かと思いますが、
頑張って頂きたいです。
  • posted by カズ hongura 
  • URL 
  • 2012.12/16 17:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ