Entries

FCRのセッティング その6(JNストレート径を決める)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一次電圧昇圧回路「V-UP16」&点火系専用リレーハーネスキット・・・点火系チューニングパーツは多数ありますが、これは反則技と言ってもいいほどの効果を体感します。
エンジンチューニングに例えれば、ボアアップしたようなもの・・・
・V-UP16 25,200円
・点火系専用リレーハーネスキット 3,675円
下記のインプレ集をぜひお読みください。

「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)のインプレ集

ファクトリーまめしばによる検証の経過はこちらをご覧ください。
カテゴリー「V-UP16」(一次電圧昇圧回路)



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





昨日のSJ番手について、45と48を比較したところですが、実際には、50も試すのです。45よりも48の方が良かったといって、そこで喜んでやめてはいけません。50にすれば、もっと良くなるかもしれません。あまり変わらないかもしれません。もしかしたら、悪くなるかもしれません。
でも、それは、実際に比較してみないとわからないことなのです。それも、同じ機会に連続して比較しなくては、その違いを正確に把握することはできません。
これは、なにもSJだけではありません。
キャブセッティングの大原則は、同一機会に立て続けに比較して評価するというものですので、たとえば、今日は45を入れて走り、次の休日に48を試すなどというやり方は、それは、単にジェットを交換しているに過ぎず、キャブセッティングをしているとは言いません。そんなことをしているから、いつまで経っても仕上がらないばかりか、キャブセッティングを習得することができないのです。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、交換したジェットの比較テストをするということです。
昨日も書いたとおり、各ジェットは開度ごとに支配領域を担当していますので、SJを決めるためには、SJが支配する開度を使い、そこでの変化がどうなるのかを比較しなくてはならないということです。
ジェットを交換し、ただ漫然と走っているだけでは比較テストをしているとは言いません。
きちんとテストモード、つまり、使う開度と開け方を決めて、それを明確に意識しながら、可能な限り正確に反復するのです。
それができていない限り、キャブセッティングをしているとは言いません。



さて、今日はJNストレート径のセッティングに進みましょう。

この、JNストレート径のセッティングは極めて重要な部分です。
ここの煮詰め如何によって、マシン全体のフィーリングを大きく左右します。しかし、残念ながら、ここがおろそかになっているケースは極めて多いというのが現実です。

断言しますが、クリップ位置の変更によって、ストレート径セッティングを誤魔化すことは絶対にできません。

そう、ストレート径違いのJNを購入して準備する必要があるということです。


JNストレート径のセッティング、JNさえ揃えてしまえば、実に簡単なことです。

まず、現状において、どのようなフィーリングなのかを確認するため、JNストレート径が支配する開度領域を使って走ります。
開度で言えば、8分の1付近から4分の1過ぎあたりまでです。
具体的な走行シーンで言えば、停止状態からクラッチミートして発進し、4,000rpm付近まで常識的な加速度合で引っ張り、2速にシフトアップ、また4,000rpm付近、3速に入れてまた・・・なんていう感じかな。
または、2~3速で2,000~4,000rpm付近で開けたり閉めたりを繰り返すなどという感じ・・・
大切なことは、そのテストモードをきちんと意識して決めて、それを正確に反復しながらJNを交換して比較するということです。
それが比較テストです。これをせずして、きちんとした評価は絶対にできません。

Z1/Z2用FCR35出荷時の初期設定
0CEMQ(ストレート径 2.745mm)

この状態から、他を一切変更することなく、下記の順番に濃く振っていきます。
0CEMP(ストレート径 2.735mm)
0CEMN(ストレート径 2.725mm)
0CEMM(ストレート径 2.715mm)

くどいようですが、同一機会に連続してやります。
なんのことはありません、JNをたったの3回交換するだけのこと・・・
また、慣れないうちは、1回の比較ではなかなか評価できないかもしれませんので、そういう場合には、何度でも戻して比較します。


よく、薄いのか濃いのかの判別をどうするのかというご質問を受けますが、それについて解説してみましょう。

まず、意識するべきは、空気とガソリンの比重差です。
当たり前のことですが、ガソリンの方が重いです。

スロットルを開ければ、ベンチュリー内の通路が開きますが、パカッと開いた直後に最初にドッと入るのは、軽い空気が先です。重いガソリンは、それに遅れて追従します。
地球上に1Gの重力が存在する限り、これは絶対的な現象ですよね。
このことを、頭に叩き込んでおいてください。
スロットルバルブを右手で直接開閉させる強制開閉式キャブレターの場合、開けた直後には軽い空気が先に入ることで必ず薄く振れるのです。

たとえば、スロットル一定の状態から、パカッとスロットルを開けた瞬間に「ウウッ」などといってエンジンが反応しない、または、ひどい場合には、ストールして回転が落ち込んでしまったりする・・・そのまましばらく待っていたり、場合によっては、少しスロットルを戻したりすると、「ウォォォ・・・・」と遅れながらもツイてくる・・・
そんな場合は、薄いのです。

逆に、一定速度やゆっくりとした開け閉めでガボガボゴボゴボと言うけれど、パンッと大きく速くスロットルを開けるとツイて来るというのは、濃いのです。

なぜそうなるのか、それは、空気とガソリンの比重差のことが念頭にあれば迷うことではありませんし、それがわかっていれば、実際に走らなくても、色々な開け方で空ぶかしレーシングをするだけで、おおよその傾向がつかめてプリセットをするというのも難しいことではありません。
何事にも、起こった現象には原因や理由がありますので、なぜそうなったのかを理解していれば、対処は容易になるということです。

しかし、そうは言っても、実際には色々な要素もからんできますので、必ずしもそれだけで全てがわかるということはありません。
最も確実な方法は、まず振ってみるということです。
濃く振って症状が悪化すれば、それは濃かったということ・・・

もうひとつ、エンジンがきちんと燃焼するために必要な空燃比値の範囲というものがあります。点火系などのパフォーマンスによって多少は変わりますが、おおむね10から16の間あたりでしょうか・・・
この範囲を超えてしまうと、エンジンは具体的な不調を訴えるのですが、この範囲をストライクゾーンとしましょう。
ストライクゾーンから外れたところでいくらリセッティングをしても症状は変わりません。
ストライクゾーンの縁にかかった瞬間、症状はウソのように改善します。
ですので、大きくストライクゾーンを外しているような場合、1~2ランク程度の変更では何も変わらないという現象が起きてしまいます。外れているところでいくら工夫しても、外れていることに変わりはないので、全然良くならないということです。
そんなところにハマッてしまうと、労多くて実りなし・・・イヤになってしまいますね・・・
そうならないためにも、あまりに症状がひどい場合、まずは大きく振って傾向を確認するということも必要です。



ストレート径2.745mmの0CEMQでは、開けた直後のツキ具合が悪く、明らかに薄いという印象でしたので、これを、0CEMPへと100分の1mmストレート径を細くしたところ、このツキ具合が良くなった。そこでさらに0CEMNと細くしたら、また良くなった。なので、0CEMMへとさらにワンランク細くしたら、今度は重くて鈍いフィーリングになった・・・
とりあえず、ストレート径は2.725mmの0CEMNが良さそうだということになるわけです。

それじゃあ、テストした結果、使わないことになった他のものは無駄になるのか・・・いやいや、決してそんなことはありません。
たとえば、この気温が低い冬場にNを選択したのであれば、夏場はQやPを使うことになるでしょうし、ジェッティングの組み合わせなんていくつも成立するのですから、何かの目的があって、SJを48から50にした場合、ストレート径を絞ってPを使うことになる可能性だって十分にあるのです。

つまり、このように立て続けにランク違いを比較することで、自分のマシンにおいて成立しそうな組み合わせ範囲を把握することになり、実は、これがキャブセッティングを煮詰める上において極めて重要なことになります。


話はまとまりがなくなってしまいますが、JNについて、このようにしてストレート径違いのものを順次比較することは極めて重要、いや、それどころか、キャブセッティングの中核と言っても過言ではない部分なのですから、ストレート径違いがステップごとに用意されていないようなJNは、セッティングパーツではないということです。
また、これは、JNが針ではなく筒であっても同じです。
いくら優れた形状原理を持っていて、それが大きなパフォーマンスを秘めていたとしても、きちんとしたステップバリエーションが揃っていなければ、満足に値する機能を発揮させることはできません。


0CEMQです。
1速でクラッチミートしてスロットルを開けた直後、一瞬16.5あたりまで薄くなっています。
2速にシフトアップした2度目のスロットルオンでは、14.5程度に収まっています。
これは、1回目がアイドリングからのスロットルオンで、2回目は4,000rpmからのスロットルオンという違いによるものです。後者の方が、吸入負圧が高まったところから開けたので、ガソリンが遅れる程度が少なくなったから・・・
漠然と眺めていては見えないところですが、現れた数字には、必ず理由があります・・・

薄い







0CEMNです。
ちょっと開け方が、先のものより緩やかですが、それを差し引いても、開けた直後でも12.5~12.9付近を維持しています。
先の0CEMQでも普通に走れてしまいますし、それどころか、ベストの状態を知らなければ「FCRってすごいレスポンスで気持ちいいね」なんて言うに違いないのですが、こちらのレベルは雲泥の差です。
数字は正直・・・ウソはつきません。

どこまで求めるのかはそれぞれの価値観の問題ですが、JNを2セット8本、部品代4,536円の投資での違いと考えれば、コストパフォーマンスは圧倒的です。

フラット











この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
現在、テストサンプルを40人ほどの方々にお試しいただいているところですが、すでに確実な効果があるとのご連絡を多数いただいているところです。その具体的な内容については、いずれかの時期において、可能な限りの客観性を担保した形にてご紹介することとします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。
2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。






CRキャブレターのオーバーホールサービス実施中。
基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ