Entries

SOHCエンジニアリング製Z用70mmピストン(後編)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

緊急連絡
CRキャブレターへのPS追加加工について、急遽、今月17日から穴あけ加工を行う旨、加工業者から連絡がありました。よって、今月12日必着にてキャブレター本体を送付いただければ、年内の納品が可能です。
来年1月から2月の加工予定が立たず、次がいつになるのか、予測できない状況にありますので、ご検討中の方は、この機会を逃すことなくお願いいたします。
加えて、PS加工済新品CR33の在庫数は2機となりましたので、これもお早目の確保をお勧めいたします。
詳細については、メール若しくは直接にお電話にて!!


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑




GS1000用スペシャルピストン、73mm(1085cc)・77mm(1207cc)
SOHCエンジニアリングの渡辺さんの手になる逸品について、予約の受付をしております。詳細は、下記のリンクをご覧ください。

GS1000用スペシャルピストン、77mm・73mmキットの予約受付について


ヤマハXJR1300/1200用NGCセキゾーストシステムの予約を受付しております。
詳細は、こちらをご覧ください。

ヤマハXJR1300/1200用NGCエキゾーストシステムの予約受付について


Z1/Z2用NGCエキゾースト、チタンバージョン(最初で最後の1本)


CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





さて、昨日に続いて後編です。

そうそう、SOHCエンジニアリングの渡辺さんが、またまた興味深い記事を書いています。

悲惨なマークⅡシリンダー




さて、無事に組み上がった、SOHCエンジニアリング製の70mmピストンですが、Oさんは、火入れの前に、コンプレッションゲージを使って圧縮圧力を計測してみたそうです。その結果、ゲージの示した値は、約16キロ・・・
圧縮比が11.3というのはちょっと高すぎたのか・・・この日、作業場の気温は摂氏0℃・・・セルが回るのか・・・Oさんはちょっと不安にかられたそうです。

以下は、Oさんからの話です。

いやぁ、さすがに圧縮が高すぎて、セルが回るかどうか心配になったのですが、なんのことはない、それまでのワイセコとほとんど変わらない調子でセルは回り、始動も一発でした。実にあっけないというか・・・
外気温0℃なのに、アイドリングの安定が驚くほど早く、非常に静かに、粛々と回ります。
翌日にシェイクダウン走行してみました。低速からトルクフル、パワフル、そこからの
加速も以前に比べるとはじけるように加速し、まだ上の伸びを予感させます。
とにかく、まだナラシもしていない状態でアタリもついていないはずなのに、エンジンが回ろう回ろうとする感じがします。フリクションが少なくて、パワフルトルクフルなのに、回りが軽いのが不思議な感じです。
振動も少なくなりましたし、とにかくスムーズでエンブレも緩やかです。
圧縮比を上げたのに、エンブレが緩いというのはどういうことなのでしょう・・・
ナラシが終わって高回転まで回すとどうなるのか、それが楽しみでなりませんね。
ピストンを換えただけ、それも、1mmボアダウンしているにもかかわらず、ここまでの違いがあるとは、私も想像していませんでした。
この、渡辺さんのピストン、決して安くはありませんが、それだけの価値はあるものと思います。
もう、ワイセコなんて使う気にはなりませんね。もう一台のCB1100Fにも渡辺さんのピストンで行きます!!




ピストン、シリンダー周りに求められるものは何か・・・
燃焼圧力を可能な限り逃がさずに出力するために、燃焼ガスのシール性を向上させることを考えれば、リングは厚く強くし、張力を高めることとなりますが、それは、フリクションを増加させるというネガを生みます。
また、同じくピストンクリアランスを狭く設定すれば、抱きつきなどの問題を引き起こします。
つまり、あっちを立てればこっちが立たずという、相反する要素をいかに高い次元でバランスさせるかが、ピストン周りの設計をする際に求められるのです。
それは、ますます高効率化や高出力化を極め続けている最新エンジンにおいても同様・・・というか、これを追求して高めることによって、現代のエンジンが成立しているということです。
パッと見ただけではわからないような、ミクロ世界の形状やクリアランス設定・・・
ガスシール性を高めつつフリクションを抑え、かつ、焼きついたりかじったりしないためのスカート形状・・・etc・・・

圧縮比ひとつ取っても、話はそう簡単なものではありません。
高圧縮化を図ることによるネガは様々ありますが、それによって得るものの少なくありません。
圧縮圧力についても、今回の16キロという値そのものは、従来の感覚からすれば、それはちょっと高すぎるというものなのかも知れません。しかし、熱の問題、フリクションの問題などを、別の手法でクリアすることができて、高圧縮化によるメリットをより多く得ることができるとすれば、それは進化に他なりません。
現実、近年のエンジンは、実用エンジンを含めて、高圧縮の傾向がありますが、そういう方向に進化しているということです。目的は、高効率化・・・
通常は、ワイセコやコスワースを始めとする、いわゆる出来合のものを前提にしなくてはなりませんので、次元を高めるといっても限界がありましたが、渡辺さんは、自分でゼロから作ってしまえるのですから、工夫次第ではどうにでもやりようがあるのです。

そこが、30年前のエンジンに現代の設計思想や技術、そして材料を駆使して最新型ピストンを製作する目的ということです。


以下は、SOHCエンジニアリングの工場に転がっているピストンたち・・・

向かって右から「Z用73mm」「Z用74mm」「刀用73mm」「SR用93mmSPL」「KLX650用102mmSPL」

RIMG1951.jpg






トップ形状です。

「Z用73mm」

RIMG1952.jpg







「Z用74mm」

RIMG1953.jpg






「刀用73mm」

RIMG1954.jpg






「SR用93mmSPL」

RIMG1955.jpg






「KLX650用102mmSPL」

RIMG1956.jpg








ここにも多くのノウハウが・・・裏側から見た様子です。

RIMG1945.jpg






「Z用73mm」

RIMG1946.jpg







「Z用74mm」

RIMG1947.jpg






「刀用73mm」

RIMG1948.jpg







「SR用93mmSPL」

RIMG1949.jpg






「KLX650用102mmSPL」

RIMG1950.jpg







たとえば、このKLX650用102mmのスカート、実は、レースユースなのですが、全くナラシをせずに全開走行をしたあとに分解しても、こんなにきれいなアタリ状況です。
クリアランス設定はもちろんのこと、精度管理レベルが尋常ではないほどに高い、そして、適切なスカート形状、シリンダーの仕上げ管理・・・全てが高い次元にまとまって初めて実現すること・・・

RIMG1961.jpg







かじって焼きついたふたつのピストン・・・
それぞれ、理由と原因は異なります。

RIMG1962.jpg







SOHCエンジニアリングでは、特注品のほかに、通常ラインナップ品も用意しています。
たとえば、Z用については、Z1、Z2用に、それぞれ69mmと70mmがあります。
また、現在品切れのGSX1100S刀用73mmについても、来春ころには用意できるとのことですので、それぞれ関心をお持ちであれば、お問い合わせ願います。







この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
現在、テストサンプルを40人ほどの方々にお試しいただいているところですが、すでに確実な効果があるとのご連絡を多数いただいているところです。その具体的な内容については、いずれかの時期において、可能な限りの客観性を担保した形にてご紹介することとします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。
2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。






CRキャブレターのオーバーホールサービス実施中。
基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: big_boy 

big_boyさん
貴重なアドバイスをありがとうございます。
このエンジンには、ヨシムラST-1が組まれています。
オーナーは、様々なカムについて、様々なバルタイセットを試してデータ収集をしてきているベテランマニアさん・・・
今回も、それまでは好みにリセッティングした状態だったものを、データ確認のために、あえてヨシムラ指定値に戻して組んでいます。
それでも16キロ出たということです。
でも、これは、渡辺さんに言わせれば、「まあ、そんなもんでしょ・・・」
実は、データに基づく確信的な結果に過ぎません。


> 11,3の設定で実圧縮16キロは多分カムはノーマルではないでしょうか? 作用角の大き目のステージ2以上のカムを入れないと上で回らなくなりますよ。最大馬力回転が8000以下になるはずです。参考までに。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.12/08 14:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

big_boy 

11,3の設定で実圧縮16キロは多分カムはノーマルではないでしょうか? 作用角の大き目のステージ2以上のカムを入れないと上で回らなくなりますよ。最大馬力回転が8000以下になるはずです。参考までに。
  • posted by カムはノーマルですか? 
  • URL 
  • 2012.12/07 18:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ