Entries

FCRのフロートチャンバーOリング

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。



GS1000用スペシャルピストン、73mm(1085cc)・77mm(1207cc)
SOHCエンジニアリングの渡辺さんの手になる逸品について、予約の受付をしております。詳細は、下記のリンクをご覧ください。

GS1000用スペシャルピストン、77mm・73mmキットの予約受付について


ヤマハXJR1300/1200用NGCセキゾーストシステムの予約を受付しております。
詳細は、こちらをご覧ください。

ヤマハXJR1300/1200用NGCエキゾーストシステムの予約受付について





CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





先日、いよいよFCR35実験機のセッティングを開始するべく、GS1000まめしば号に装着し、TPSの出力電圧調整をしたところまではご報告したとおりです。
その記事はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
TPS出力電圧調整

この、FCRへのTPS装着について、すでに多数のお問い合わせをいただいているところですが、サービス開始はしばらく先のことになりますので、待っていてくださいね。
スロットルシャフトに追加工を要することから、ボディーの連結を全て外して完全分解しなくてはならないのですが、それをするための体制が整っていないのです。
1~2機をやるというのであればいいのですが、複数機をまとめてやるとなると、効率よく作業を進めるための準備が整えないことには、そう簡単に受注するわけにはいきません。



さてさて、調整が無事に終了しましたので、いよいよガソリンを通してエンジン始動と進める予定だったのですが・・・
コックを開いてしばらくすると、ポタポタとガソリン漏れ・・・
オーバーフローかと思いきや、そうではない・・・
フロートチャンバーの合わせ面からでした。

チ~ン・・・この日はこれで終了・・・

このFCR35、使用後に取り外して保管していた期間は、約4年・・・
今回の実験開始に伴って、必要なオーバーホール作業をした際、フロートチャンバーOリングも怪しげだったのですが、まあ、大丈夫かもしれないなどと楽観的に考えていた・・・というか、FCRのフロートチャンバーOリングって、高いんです。1個700円ちょっとします・・・4個で3,000円・・・

でも、やっぱりダメだったんですね・・・


フロートチャンバーを外したところです。

RIMG1850.jpg





画像ではわかり難いかもしれませんが、すっかりペッタンコになって硬化しています。

RIMG1851.jpg






取り外したOリングですが、もう、パリパリとちぎれてしまうくらいにカチンコチン・・・まるでプラスチックのような状態です。

RIMG1852.jpg






ほら、断面が四角くなってるのがわかりますね。

RIMG1853.jpg







新品のOリングは、当たり前のことですが、柔らくて丸断面です。

RIMG1854.jpg







さて、ここからが大事なところです。
CRキャブレターでも同じですが、ここのOリングは、しっかりと溝に接着して、容易には剥がれないようにしておかなくてはなりません。
キャブレターに使われているOリングは耐ガソリン性があるので、膨潤したりしないなんて思ったら大間違いなのです。
ガソリンに浸されると、しっかりと膨潤して伸びてしまいます。
そこで、溝にはまっているだけで接着されていないとどうなるのか・・・SJ交換などの際にフロートチャンバーを外すと、Oリングが溝から外れてしまい、膨潤して伸びたOリングは、もう溝にははまりません。
もし、それが出先のことであれば、走行不能に陥るということです。
実は、膨潤したOリングも、1~2日間放置することでガソリン分が抜けて、ほぼ元のサイズに戻るのですが、そんなに待ってはいられませんし、ある程度の期間にわたって膨潤したOリングから完全にガソリン分が抜けると、今度は縮んでしまって、これまたはまらないということになるのです。
そんな事態にならないように、あらかじめしっかりと接着しておく必要があるということです。
このあたりのことが良くわかっていないショップなどにOHを依頼すると、このOリングを接着せずに組み付けてしまったりします。新品Oリングを最初に組む時にはなんの問題もないのですが、SJを交換しようとしてフロートチャンバーを外すと・・・・悲惨な結果が・・・

多少の膨潤であれば、フロートチャンバーをはめながらはみ出したOリングをマイナスドライバーなどで押し込みながら溝にはめるなどということもできますが、それは、各フロートチャンバーが独立しているCRキャブレターでは可能・・・でも、加速ポンプラインのゴムホースで連結されているFCRでやるのはちょっと困難ですね・・・

私も過去には痛い目に遭っているんです。

ここで私が愛用しているのは、耐油性ニトリルゴム系接着剤の「コニシG103」です。
とにかく剥がれて浮いてしまわないということが重要ですので、けっこうしっかりと塗ります。
そこでCRキャブレターの場合は、はみ出しなどについてあまり気にする必要はありませんが、FCRの場合にはちょっと気を付けるべきところがあります。
画像内の矢印で示した場所です。
ここは、加速ポンプ経路になっていますので、この穴内へのはみ出しは厳禁です。
剥がれないようにしっかりと、なおかつはみ出さないように・・・

そうそう、細かい話ですが、Oリングとフロートチャンバーの溝について、事前にきちんと脱脂しておくことも忘れないようにしてください。面倒だからと言って、ガソリンが付着している状態のところへ接着剤を付けても、きちんと接着しません。
本当に細かいところですが、そういうところにも手抜きをせずにキッチリやることが大事なのです。そうでないと、出先で・・・

RIMG1855.jpg






無事にOリングの交換が終わりました。
さて、これで仕切り直しができますね。

RIMG1856.jpg






この、フロートチャンバーOリング、CRキャブレターでの交換については、こちらを参照してください。
これ、本当に重要なことなんですよ。

交換要領

初期不良



ところで、本文とは関係ない話ですが、古めのマシンにおいて、キャブセッティングがどうにも決まって行かないという場合、点火系の不良が原因である場合が多いです。
ちゃんとエンジンがかかって走るといっても、完全な状態ではない場合が少なくないということです。
イグナイターユニット、コイル、プラグコード・・・いずれも経年劣化する消耗部品ということを忘れてはなりません。
まあ、ウオタニSP-2に交換してしまうのがいいですね。後々のことを考えると、決して高い買い物ではありません。
間違っても、ダイナSなんて買ってはいけません。

ウオタニSP-2が全てとは言いませんが、現状、通常に入手できるものとしては最も優れて安定した製品ということです。
別に私はウオタニさんの回し者ではありませんが、ファクトリーまめしばでも取扱いをしていますので、お入り用であればご連絡ください。特注品以外の通常品であれば、納期は4~5日です。
また、通常品ではない特注品についても、受注可能です。
たとえば、下記マシン用のTPS対応3次元マップ仕様などについて実績があります。
GS1000,GSX1100,GS750,GSX750E,GSX750S
GPz750、Z750FX2,Z750FX3,Z650







この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
現在、テストサンプルを40人ほどの方々にお試しいただいているところですが、すでに確実な効果があるとのご連絡を多数いただいているところです。その具体的な内容については、いずれかの時期において、可能な限りの客観性を担保した形にてご紹介することとします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。
2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。






CRキャブレターのオーバーホールサービス実施中。
基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品
11、ルブロス:トップルーブ1000&プロメディック
12、モトコルセ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ