FC2ブログ

Entries

GS1000のポート周りを確認

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。



GS1000用スペシャルピストン、73mm(1085cc)・77mm(1207cc)
SOHCエンジニアリングの渡辺さんの手になる逸品について、予約の受付をしております。詳細は、下記のリンクをご覧ください。

GS1000用スペシャルピストン、77mm・73mmキットの予約受付について





CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





GS1000用のスペシャルピストンを開発中です。
これから、製品の完成までの間、シリーズ記事を書きますので、どうぞ楽しみながらお読みいただければと思います。
GS1000用ピストンの開発



GS1207エンジンの製作にあたっては、セオリーに従ってひととおりのことはやりたいと考えています。
今日は、シリンダーヘッドのポート周りをどうするのかを決めるために、まずはノーマルポートの形状を確認してみましょう。
実は、1号機のポートも私自身が拡大と研磨をしているのですが、もう、数年前にやったことですので、細かいことは忘れてしまっているんです・・・
あまり深く考えることもなく、適当に仕上げた程度ですが、それでも後軸で120PSほどを発揮していましたので、まあ、そんなに悪い作業ではなかったとは思っています。


先日、サティアンでクランクケース分割作業をしたあと、k2k2さんと一緒にシリンダーヘッドを分解することにしました。とはいっても、バルブを抜くだけですが・・・

RIMG1694.jpg







やはり2バルブエンジンは楽ですね。これが16本もあると、もうイヤになってしまいます。

こうしてみると、何の変哲もない2バルブ半球型燃焼室です。
でも、バルブ径は相当に大きいものが入っています。
ちなみに、吸排気バルブの各サイズは下記のとおりです。

・インテークバルブ
バルブ径 38mm
ステム径 7mm
挟み角 30.5°
・エキゾーストバルブ
バルブ径 32mm
ステム径 7mm
挟み角 30.5°

RIMG1702.jpg








さて、このヘッドをSOHCエンジニアリングの渡辺さんのところに持ち込みました。
燃焼室内における点火プラグの電極位置を確認するためです。
そう、これから製作しようとするピストンの頭とどれくらいの干渉マージンがあるのかを確認するということです。

まずは、ざっくりとカーボンを落とします。

RIMG1723.jpg






そして、ヘッド下面から点火プラグの電極までの距離を計測しておきます。
エンジンによっては、圧縮比を稼ごうとしたとき、この電極とピストンヘッドの干渉がネックとなって、思ったように稼ぐことができないというケースがあるのだそうです。
GSの場合は、余裕でクリアです。

RIMG1724.jpg






さて、洗浄のために自宅に持ち帰ったところで、各部を計測などしてみました。
この、GS1000のインテークポートは、ちょっと不思議なところがあります。
私が想像するに、相当な出力を稼げるようにベースを作り、それをストリートに適合させるためにデチューンしたのではないか・・・
簡単に言えば、インテークポートにリストラクターを仕込んでいるとでも言えばいいのかな・・・

まず、ポート内部はこのような状態です。
鋳肌もとてもきれいです。

RIMG1703.jpg






そして、インテークポートの出口、スロート径を計測してみると、34mmあります。
まあ、インテークバルブ径が38mmと大きいですので、それに見合ったスロート径ということですね。
Z系エンジンにGPz1100などのバルブを入れてハードチューンする時などは、たぶん、これくらいにスロート径を拡大することになるのでしょう。
でも、それをするには、バルブシート入れ替えなどの大作業が伴うのは言うまでもありません。相当な手間とコストがかかるということです。
それに比較して、GS1000では最初からこのようになっているのですから、ビッグバルブビッグスロート化というチューニングがあらかじめ施されているということです。

RIMG1737.jpg







それに比較して、インテークポート入口、インシュレーターとの接合面の内径は28mmしかありません。

RIMG1735.jpg







ここでオヤッと思うわけです。
通常、インテークポート形状は、スロート部分に向かってテーパー状に絞られていくのがセオリーですから、スロート径が34mmあれば、入口はそれよりも大径にするはずです。
にもかかわらず、逆テーパーになっているんですね。
これはおそらく、使用されていた純正キャブレター口径が26~28mmと小さかったことから、これにマッチさせるために入口を絞っていたのではないかと思います。
このことは、GS1000が2型になってBS34を装着するに際し、シリンダーヘッド鋳型を新作し、インテークポート入口径も34mmと大きくなったことからも窺うことができます。

先行するカワサキZを凌駕する出力を得るポテンシャルを持たせるためにビッグバルブビッグスロートを持たせ、当時使える限度のキャブレター(GS1000設計当時、BS34は存在しなかった)をストリートユースで使うため、入り口のみを絞ったということではないかと想像するのです。


さて、このインテークポートを仕上げるにあたり、入口部分を内径34~35mmまで拡大し、そのままスムーズにスロート部分まで導くことにしましょう。
それは、使用する予定のキャブレター口径が33~35mmだから・・・使うキャブレターよりも大きくしても意味はありません。
ですので、ポートの奥の方は、鋳肌をさらう程度で内径や形状の変更はしないということになります。もともと、それなりの内径と形状になっているのですから、それを無闇にいじっても利益はないと考えるからです。



排気ポートのスロート径は28mmです。

RIMG1738.jpg







バルブシートのカットは必要です。
吸気は摺合せだけでなんとかなりそうなレベルですが、排気は虫喰いがだいぶあります。
どうせなら、吸排気ともにピシッとカットして仕上げてやるつもりです。
そうそう、この画像を見るとわかりますが、燃焼室は機械加工によって作られています。
多くの量産エンジンは鋳肌のままであるのが普通ですが、GS1000では、コストがかかるにもかかわらず、容積の均一化などを目的に、ここを機械加工しているのですね。
まあ、精密な鋳造技術がなかったという時代背景もあるところですが、スズキがこのエンジンにかけた気迫と情熱を感じさせる部分です。

RIMG1739.jpg








この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品

●プロメディック
添加量は、5~10%ですので、オイル4Lであれば、200~400ccとなります。
高い密閉性と強固な油膜形成により、実圧縮の向上やオイル下がり上がりの解消、特に、シフトフィールの向上効果は目覚ましいものがあります。
現在、テストサンプルを40人ほどの方々にお試しいただいているところですが、すでに確実な効果があるとのご連絡を多数いただいているところです。その具体的な内容については、いずれかの時期において、可能な限りの客観性を担保した形にてご紹介することとします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1311.html
・1000ml 8,400円
・500ml 4,725円
・250ml 2,625円

RIMG1306.jpg



●トップルーブ1000
添加量は、燃料10Lに対して10ccの1000倍添加です。
これを添加したあと、スロットルをグイッと開けてみてください。なにかチューニングでもしたのかと思うくらいにトルクフルになっているのを感じるはずです。また、振動も激減します。
2ストローク、4ストローク、ガソリン、ディーゼルのいずれにおいても効果を発揮します。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-710.html
・1000ml(燃料1000L分、1Lあたり17.85円) 17,850円
・150ml(燃料150L分、1Lあたり21円) 3,150円

RIMG1308.jpg


これらのご注文については、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。






CRキャブレターのオーバーホールサービス実施中。
基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。
(同店は、メーカー系列看板を掲げ、正規認証を取得したプロショップですので、ナンバープレート隠ぺいや甚だしい音量のマフラーを装着している車両などについては、整備等をすることができません。)


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ