FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

高効率レギュレターの検討 その1(使用部品)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。








CRキャブレターへのPS追加加工受付については、しばらくの間延長することにしました。
現在、加工依頼中のロットについて、加工業者さんの加工スケジュールが10月中旬以降に遅れることになった関係上、今回のロットにまだ入れ込むための時間的余裕が生じたという、痛し痒しの事情によるもの・・・
ご検討中の方は、どうぞお早目に・・・














CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG1309.jpg

RIMG1314.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。
個別に善処する用意があります。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





オートバイは、多種多様な部品によって構成されています。そして、それらの多くは、オートバイメーカーではなく、周辺部品メーカーが設計開発、そして生産し、オートバイメーカーに供給しているのです。
その代表的なひとつは、タイヤでしょうか・・・

この30年ほどの間、オートバイはすさまじいほどの進化を遂げました。
その中でも、とりわけ、タイヤと電装品による度合は極めて大きいのではないかと思います。
タイヤのことはさておき、電装品を例に挙げてみましょう。
近年のマシンは、それが最先端のハイパフォーマンスマシンであったとしても、誰がどこでどういう風に使っても、常に安定した始動性やドライバビリティーを持つのが普通です。
リッターあたり200馬力にも迫ろうかというハイチューンドエンジンであるにもかかわらずです。
エンジン本体も進化したことに違いはありませんが、こういったエンジンの安定性を獲得した大きな要因は、電装系を始めとする、各制御系の進化による部分が極めて大きいと思うのです。
それに比べれば、エンジン本体なんて、そんなに変わってはいませんね・・・


私、電気には実に疎い人間です。しかし、古いマシンを調子良く安定して走らせるためには、この課題を避けて通ることはできません。
そこで、いつも疑問に感じたりわからないことがあれば、私の電気の先生である、ツイントップの吉田さんに質問したりするんですね。
このお方、オリジナルのインジェクションシステムをゼロから構築してしまうほどのエキスパートなのです。
吉田さんは、なにかを制御しようとしたとき、それを実現するための回路図が頭の中に浮かんで来るというのです。そんなこと、私には想像すらできません。

ツイントップのHPです。もう、電気マニアの極みですね・・・
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/



だいぶ前のことですが、吉田さんとオートバイの発電系や充電系の話をしていました。
四輪車がメインの吉田さんにとって、オートバイの電装系は実にチープで程度の低いものと感じるようです。まあ、四輪車の方が、市場マスはケタ違いに大きいですので、そこにかけることができる開発コストも十分なものですからね。

吉田さん曰く、
「近年は、非常にロスが少なくて効率の高い半導体素子が入手できるので、そういうものを使ってレギュレターを作れば、ジェネレーターなどの発電系が不十分な古いバイクでも、十分な充電能力を得ることができるんじゃないか・・・作ること自体は簡単だよ・・・どうせなら、制御電圧を可変式にしちゃおうか。」

その中で話に出ていたのが、「MOSFET」という半導体素子でした。
これは、大電流を極めて高速でスイッチングすることができる上、その際のスイッチングロスもケタ違いに小さいという特性を持っているものです。まあ、パソコンを始め、一般家電製品の電源には、ごく普通に使われていますので、いまさら特別というほどのものではないようです。


その時に、色々と調べてみたところ、もう、7~8年前から、オートバイのレギュレターにも使われていることがわかりました。
たとえば、この、「新電元」という電装メーカーが生産している、このレギュレターです。
カワサキやヤマハのマシンに多く使われています。

新電元製二輪車用レギュレター
このページ内にある、「三相ショートFET式REG/RECT」というのがそれです。
http://www.shindengen.co.jp/product/electro/reg.html

詳しいスペックはここにあります。
http://www.shindengen.co.jp/product/electro/catalog.html


私の知る限り、下記のマシンに採用されています。
ZX10R、ZZR1400(ZX14R)、YZF-R1、FJR1300、TDM900・・・
たぶん、もっと多くのマシンにも採用されているに違いありません。
全て、新電元製ですが、下記の品番のものがMOSFET採用のレギュレターです。まだあると思いますけれどね・・・それぞれの違いは、定格電流量や使用環境温度などですが、古いマシンに使う場合、事実上はどれも同じようなものです。まあ、余裕しゃくしゃくということです。

FH008、FH010、FH011、FH012、FH014、FH019、FH020

海外では、すでにこのレギュレターを使ったキットなどが市販されています。
まあ、実にリーズナブルですねぇ・・・
http://stores.ebay.com/MOTO-ELECTRIX/UNIVERSAL-MOTORCYCLE-REGULATOR-/_i.html?_fsub=2232006010
http://motoelectrixcom.myshopify.com/products/furukawa-connectors-for-shindengen-fh012-fh011-fh010

画像検索しても、こんなにたくさん出てきます。
https://www.google.co.jp/search?q=fh010+regulator&hl=ja&prmd=imvnsfd&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=4cx8UJSlGMuOmQWMsYGABw&ved=0CEwQsAQ&biw=1366&bih=607

こんな風に、フォーラムで盛り上がったりもしています。
http://www.triumphrat.net/speed-triple-forum/104504-charging-system-diagnostics-rectifier-regulator-upgrade.html



さて、吉田さんが試作するかもしれないところですが、まずはどれくらいの効果があるものなのか、ZX10Rの純正レギュレター(FH010)を中古品で入手してみましたので、これを試してみましょうか。
まあ、いいんですが、とにかくデカイなぁ・・・もうちょっとコンパクトにならないものか・・・

ちなみに、現行のZX10RとZZR1400のレギュレターの部品番号は下記のとおりです。
21066-0714 18,144円


RIMG1404.jpg

RIMG1405.jpg

RIMG1406.jpg



各接続は下記のとおりです。
向かって左側にある灰色カプラーの3Pは、三相ジェネレーターからの3本の線をつなぎます。これに順序はありませんので、3本をどのような順番につないでもかまいません。
向かって右側にある黒色カプラーの2Pは、+の12V出力線とアース線です。

RIMG1407.jpg





この、3Pの防水カプラーは、ここで入手しました。
この手の部品はいつもここで探していますが、まあ、良くも取り揃えているものです。

配線コム
http://www.hi-1000.com/commodity/connectors_250wp.html

3P250WPK-FEQLW-GR-F ×1 1,260円
3P250WPK-FEQLW-BK-F ×1 1,260円

RIMG1408.jpg

RIMG1410.jpg

RIMG1409.jpg




さあ、材料は揃いましたので、装着して実験してみましょうね。





CRキャブレターのオーバーホールサービス実施中。
基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日もご覧いただき、ありがとうございます。でも、応援クリックも忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




私がデリバリーする各商品については、このSBS西鎌倉でも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。
ファクトリーまめしばの商品について、クレジットカード払いを希望する方は、直接にご相談ください。
個別に善処する用意があります。なお、この場合、商品価格に5.25%の手数料をご負担いただきます。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ