Entries

CRキャブレター、連続のフルオーバーホール(エアスクリューの腐食)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。



新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





まめしばCR-Mの製作を依頼されてお預かりしたのです。
事前のお話では、詳しいことまでは聞いていませんでしたが、あまり調子は良くなかったとのこと・・・
とりあえず、現物を確認した上で、これをベースとするのか、新たに新品を入手して製作するのかを判断しようということになりました。

届いたCR31、全体的に油汚れは激しかったのですが、使用距離も短かく、ボディー内部の摩耗などはほとんどありませんでしたので、これをフルオーバーホールした上でCR-M31のベースとすることにしたのです。

PS追加加工をするためには、全てを分解して、ボディーのみのドンガラ状態にする必要がありますので、各部の状態や現状のジェッティングなどを確認しながら完全分解します。
この過程において、およそどのような状態で走っていたのかもわかるんです。

RIMG1236.jpg







このように、ボディー外側の汚れはだいぶひどい状態です。
外側が汚れているだけであればさほどの問題はないのですが、こういう状態のものは、おしなべて内部にも問題を抱えていることが少なくありません。
まあ、メンテナンス不足ということですね。

RIMG1240.jpg







ボディー内壁は、このようにほとんどアタリもついていないくらいですので、ほぼ新品に近い状態です。

RIMG1239.jpg






各ジェット類を確認しますが、AS(エアースクリュー)の戻し回転数が、各ボディーでひどくバラバラです。
2分の1戻しから1回転4分の1戻しまでが混在している状態です。
こういうのは実に怪しい・・・
ASの戻し回転数なんて、全て同じ値に揃えておけばいいのです。
良く、「各気筒ごとに条件が違うから、正確には各戻し回転数は異なるはず」などというウンチクを耳にしますが、それは最後の最後のまた最後・・・重箱の隅つつきレベルでの話ですので、ロクにセッティングが決まっていない段階でそんなことをする意味は全くありません。私だって、各戻し回転数は同じです。
そこで、「わずかにプラグ焼けが揃わない・・・」などと言われますが、そんなことを気にする必要なんて全くありません。余程でない限り、そんなの放っておけばいいのです。

ちょっと脱線しました。
そうは言っても、このばらつき具合は尋常ではありません。
そこで、エアスクリューを外してみると・・・まあ、予想どおりですね。

RIMG1237.jpg






画像の右端のものの腐食と汚れ付着が激しいことがわかります。
こいつが1回転4分の1も開いていたやつです。
CRキャブレターのエアスクリューは、とても良く効きます。回転角度あたりの空燃比変動がとても大きいんですね。
たとえば、1回転戻しを基準とするならば、調整幅は16分の1単位です。それくらいわずかな変更でも、大きな変化を得ることができるのです。

エアスクリューを回転させるということは、それに伴ってネジピッチ分だけスクリュー先端のテーパー部分が移動し、それによってエアー通路の断面積を変化させることです。
確か、ネジピッチは0.7mmだったかな・・・それくらいです。
すると、16分の1回転ということは、

0.7mm÷16≒0.044mm

再認識してください。わずか、0.044mmですよ!!

これくらいの隙間変化で空燃比が大きく変動するのです。
そこに、わずかな腐食や段差、汚れの付着などがあればどういうことになるのか、それを厳しく認識してくださいということです。

純正キャブレターのように、エアクリーナーボックスを装備しているのであれば、スローエアー取り入れ口から水分やゴミなどが入ることはありませんが、むき出しのファンネルなどで雨天走行などをすれば、ここから水分を吸うのは当然のことです。
それをそのまま放置すればどういうことになるのかを考えるべきなのです。

純正キャブレター及びその周辺機器というのは、雨天走行やノーメンテナンスの長期使用なども考慮されているのですが、レーシングキャブレターにそんな考慮はありません。
それなのに、装着後に定期的な洗浄メンテナンスをされているものはほとんどないというのが現実です。
また、純正キャブレターは、あらゆる気候や外的条件に対応できるように、相当なレベルでセッティングが煮詰められています。
冬は調子いいけれど、夏になるとゴボゴボ言って走らなくなるなどということが、市販車で許されるはずはないからです。
そしてこのことは、経年劣化や摩耗によって微妙にセッティングがずれていくという問題に対しても、それなりの許容幅として機能するのは言うまでもありません。
そこで、社外品レーシングキャブレターはどうでしょうか・・・
買ってきたものをポンと装着してそのままとか、装着を依頼したショップによる、「とりあえずこんなものかな・・・」というレベルの暫定的セッティングのままというのがほとんどです。
最初のうちは、それでもそれなりに走れていたとしても、そもそもの完成度が低いのですから、ちょっとした条件変化によって、とたんに不調という事態に陥るのです。

別に批判するつもりはないのですが、多くのキャブレターをお預かりしてオーバーホールやモディファイ作業をしている私としては、

・もっと、こまめに掃除してください
・たまには、キャブレターを外して洗浄してください
・もっと、セッティングの重要性を認識してください

などと言いたくなってしまいます。


せっかくの自慢の愛車に、少なくないお金を投じてモディファイをしたのですから、こういう基本的なことを怠って本領を発揮できないというのは、とても残念なことだと思うのです。
それなりのレベルでエンジンチューニングをするためには、数十万円レベルのお金がかかるはずです。そこに、マフラー、キャブ、点火系などの周辺部品を含めれば、100万円を超えるのが普通です。
それなのに、必要範囲を全て揃えたからといって1万円程度で済んでしまうジェット代をケチるという感覚が、私にはどうしても理解できません。
ジェットがなければ、きちんとしたセッティングはできません。これは絶対的です。誰がなんと言おうと、どんな名人であっても絶対にできないんです。
そして、セッティングしていないレーシングキャブは、純正ノーマルキャブの足元にも及びません・・・いや、比較の対象にすらならないのです。



このCR31、先日のものほどではないにせよ、やはり汚れがひどいですので、ボディーはもとより、内部部品も全て洗浄液にて洗うことにしました。
きちんと洗浄してフルオーバーホールした上でPS追加加工やMノズル装着などをすれば、これまでとは格段に違うパフォーマンスを発揮することができます。

RIMG1242.jpg






CRキャブレターのオーバーホールの基本料金は、4連1機について10,500円にてお受けいたします。(状態によって変動、交換部品代は別途)
また、併せてMノズルやPEEK製リンクロッドの組付けなどをご依頼の場合、工賃は無料となります。また、蓄積したデータに基づいてプリセッティングの上、事後のセッティング相談も行います。
オーバーホールによる復調+Mノズル効果+セッティング適正化効果によって、まるで別物になるに違いありません。





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。




まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ