Entries

キャブレターオーバーフローの原因(タンクの錆)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。



新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





つい先月、新品ベースにCR-M31キャブレターを組み上げて納品した方から連絡がありました。内容は、下記のようなものです。
ちなみにマシンはショップによるフルレストア済のカワサキZ、それも、納車からさほど間がないピカピカマシンです。お値段は400万円くらい・・・らしいです。

「装着してシェイクダウンしたその日はとても調子良く走っていたのですが、その次の休日にツーリングに出かけようと走り出してしばらくすると、オーバーフローしました。フロートチャンバーをコツコツと叩いたら止まりましたので、また走り出したのですが、しばらく走るとまた・・・。
その場ではどうしようもなかったので、レッカー車を呼んで帰宅しました。
その後、何度か試してみたのですが、止まったりオーバーフローしたり・・・新品なのに、こういうことがあるのでしょうか?」

新品がベースですので、キャブレター自体に問題があってオーバーフローすることは考え難いことです。
また、Oリングの不具合などであれば、オーバーフローしっぱなしになるはずですが、止まったりオーバーフローしたりという症状を繰り返すということですので、その原因は、異物の噛み込み、それも、タンク内の錆による可能性が高いところです。
その旨をお話したところ、以下のような返答をいただきました。

「納車時のショップの話では、タンク内は錆び取りをした上で特殊なコーティングをしているので、錆は完全に取り除いてあるそうです。また、コックもピンゲルの新品ですし、燃料ホースにもフィルターをかませてありますので、錆が原因とは考えられないと思います。」

まあ、言葉のやりとりだけではマシンは直りませんし、このお方、ご自身では全くバイクいじりをしないそうですので、とりあえずキャブレターを外して送り返してもらうことにしたというわけです。

RIMG1165.jpg






数分で原因がわかりました。
やはり、タンク内の錆です。
全てのフロートチャンバー内はこのような状態です。
ガソリンを抜くときに多くは流れ出ているはずですが、残った量だけでもこれだけ・・・
それも、ほとんど使っていないにもかかわらず、これほど溜まるということは、タンク内に残留した錆は相当にあるということです。

RIMG1166.jpg

RIMG1169.jpg

RIMG1171.jpg






ここで再認識すべきことは、コックのストレーナーやホースにかませたフィルター、それでも、全ての錆を防げるわけではないということです。
また、タンク内の処理にしても、処理をしたというだけで不完全だったということ・・・
全てを取り除かないと、意味がないんですね。
ちなみに、私のGS1000も、入手当初はタンク内が錆びていました。それを、処理剤で取り除いたあと、何度もしつこくタンク内を水洗いしたのです。
それでも、キャブレターのフロートチャンバー内には粉のような錆が残りましたので、またしつこく水洗い・・・
目的は、錆やゴミが混じっていないガソリンをキャブレターに供給することですから、その目的を達成するまでは、どんなに手間や時間がかかろうとも、ただひたすらに洗うしかありません。

古いマシンを快調に・・・いや、普通に走らせるためには、高価なアフターパーツを装着してどうのこうのというはるか以前に、こういう地味で手間のかかる作業をする必要があるということです。
どんなに外見がピカピカでも、見栄えの良い部品が付いていようと、タンク内の錆処理が不十分であっただけのことで、ツーリングにすら行けなくなってしまうのです。

そうそう、ホースにかませるフィルターについて・・・
タンクからの錆を見つけたとき、多くの人は、フィルターを買ってきてホースにかませるのではないかと思います。しかし、今回のケースでもあったとおり、それをしたからといって、完全に防げるものではありません。
また、問題になるほどの錆が出るということは、それはフィルター内に捕捉され、そこに堆積するわけです。そのまま放っておけば、結果は言わずもがな・・・詰まってガソリンが流れなくなる・・・走行不能・・・これは、濾過能力に優れる濾紙タイプのフィルターで顕著な症状ですね。
どうも、多くの人は、フィルターをかませてやれば、錆やゴミはフィルターによってどこかに消えてしまうと思っているフシがあります。
ちょっと考えてみればわかるはずなのに・・・

フィルターをかませてやるなどということは、その場しのぎに過ぎないのですから、タンク内から錆が出るという場合、何が何でも、洗うなりタンクを切り開くなりして、この錆を取り除いてやる以外に解決の方法はありません。それが現実です。

あ、もうひとつ、
「どうもオレのマシンは、リザーブの容量が少ない・・・」
なんて言う場合、コックのストレーナーを点検した方がいいですね。
もしかすると、底に近い部分のストレーナー外側には、ビッシリと錆が張り付いているかもしれません・・・






にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: NoTitle 

カズさん
こういうところが大事なんですけれど、見えないところだから手を抜くということなんでしょうか・・・
困ったものですね。

> タンクの錆、完璧に取り除こうと思うと
> 凄く大変ですよね!
> そうゆう細かい作業こそ
> とことんやってほしいものですね
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.10/12 15:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

タンクの錆、完璧に取り除こうと思うと
凄く大変ですよね!
そうゆう細かい作業こそ
とことんやってほしいものですね
  • posted by カズ hongura 
  • URL 
  • 2012.09/22 15:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ