Entries

GS1000「2号機」のレストア計画 その4(ウオタニSP-2スペシャルバージョン)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。



新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)



RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





GS1000「2号機」のレストア計画、これは、1号機のエンジンを仕上げた後のことですので、具体的に着手するのはしばらく先のことになります。
これまでの経過はこちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-49.html


しばらく先のこととはいえ、準備は着々と進めておかなくてはなりません。
すでに、コンセプトと基本構成は決めてありますので、具体的には部品集めと下ごしらえということになりますが、そのうち、今日の記事では、点火系についてご紹介することにしましょう。

2号機が完成した場合、1号機と2台併用ということになりますので、維持メンテナンスのことを考えた場合、可能な限りの互換性を持たせたいと思っています。
ということにて、点火系は、1号機と同様に、ウオタニSP-2に決まりです。
それも、特注の三次元マップ仕様にするのも当然のこと・・・
その効果を知ってしまえば、他の選択はあり得ません。

実は、1号機の予備としてストックしていたものがありますので、それを使うだけなんですがね・・・

RIMG1131.jpg






中身はこのようなものです。あ~、プラグコードを入手しなくてはいけません・・・

RIMG1152.jpg





GS1000やGSX1100S輸出仕様にSP-2を装着する場合、必ず必要なものが、GSX1100S国内仕様用のピックアップ周りです。
そして、ここで肝心なことは、シグナルジェネレーターのベースプレート取り付け穴を長穴に加工しておくことです。
SP-2ユニットの点火時期調整ダイヤルと組み合わせることで、幅広い点火時期セッティングができるようになります。
点火チューニングにおいては、どのようなシステムを使うかということも重要ですが、もっと大切なことは、いかにセッティングを詰めるかということです。
装着マニュアルに記載されている標準セッティングというのは、あくまでも初期設定に過ぎませんから、そこから色々と煮詰めてやる必要がある・・・というか、それをしなければ、持てるパフォーマンスをフルに発揮しているとは言えません。
エンジン仕様や吸排気の設定、または乗り手の好みによって、適切な点火時期というのは相当に幅があるものなのです。

ベースプレート単体にして万力で固定し、マイクロリューターを使って長穴加工します。

RIMG1132.jpg

RIMG1133.jpg





ピックアップを元通り組み付けて完了です。

RIMG1134.jpg







GS1000やGSX1100S輸出仕様は、遠心ガバナーによるアナログ進角ですが、SP-2に交換することで、デジタル進角制御となります。
GSX1100S国内仕様について、輸出仕様の遠心ガバナー点火方式に変更するというチューニング?が行われるそうです。
たぶん、国内仕様の点火時期セットが、出力抑制のためのものになっていて、これを、システムは前時代的だけれど、そういう足枷がない輸出仕様にすることで、エンジンにパンチが出るというロジックなのでしょう。でも、点火能力という意味では退化と言わざるを得ませんし、あらゆる負荷条件下におけるフレキシビリティーという点では、失うものも少なくありません。

しかし、裏を返せば、システムパフォーマンスとしては退化させてすら、点火時期を適正化すれば、エンジンパフォーマンスのある部分は向上するということなのですから、適正な点火時期セッティングがいかに重要なのかの証左とも言えますね。
理想は、より優れた点火システムを使いつつ、適正な点火時期セッティングをするということです。まあ、当たり前のことですが・・・


そういえば、画像にはありませんが、この2号機には、ダイナⅢが装着されていました。
でも、このダイナⅢやダイナSという点火システムには、いくつかの問題点があるんです。
まあ、こんなものを使うのであれば、ノーマルのポイント点火のままにしておくほうがはるかにいいです。
基本的に、ポイント点火方式と比較して、点火能力パフォーマンスとしては、ビタ一文たりとも向上しません。
また、消費電流量がケタ違いに多いのも問題です。
唯一のメリットらしきものは、ポイント調整が不要になることくらいでしょうか・・・
つまり、点火能力は全く変わらず、やたらに電気を食って電装系に要らぬ負担をかけるようなものに、わざわざお金を払うんですかということです。
ダイナSなどに交換したあと、どうもバッテリーが上がり気味だとか、コイルが焼けて死んでしまいやすいという問題が発生しますが、それはこういった理由によるものです。
ましてや、純正標準でフルトラ点火なのに、わざわざダイナSに交換したりしているマシンも見かけますが、これなんかもう・・・実に残念なことです。



デジタル進角制御のために、ローターはこんな形状をしています。

RIMG1153.jpg

RIMG1154.jpg

RIMG1155.jpg






にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ