Entries

オイルクーラー装着完了とテスト結果(M&Sオイルクーラーコアのパフォーマンス)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。



新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)

※旧型のショートタイプとロングタイプについて、在庫分をディスカウント価格にてご提供いたします。
価格 1個 3,150円


RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





先日、
「オイルクーラーを装着するって記事に書いていたけど、あれ、どうなったの?」
なんていうお問い合わせをいただきました。

まあ、記事掲載を忘れていたわけではないのですが・・・

実は、この5月の連休前、四国弾丸ツーリング出発の直前に無事に装着を完了し、この夏の間、テスト走行をしていました。
オイルクーラーを装着することが目的ではなく、いかに機能させるかが目的ですので、装着後のテストは必須ですからね。(我ながら素晴らしい言い訳だ・・・)

この、オイルクーラーの装着にあたっては、これまでにあまり語られてこなかった部分にまで突っ込んだ検証をしてきたつもりです。
毎年、連休から梅雨明けの季節になると、各オートバイ雑誌や部品量販店などでは、
「夏のツーリングシーズンに向けて、オーバーヒート対策のためにオイルクーラーを・・・」
などという謳い文句による宣伝が始まりますが、そんな単純なことではないのです。
また、いにしえのマシンイメージを求めて、ファッション感覚で装着するというケースも散見されるところですが、これを否定するつもりはないとはいえ、私のスタンスではないことも事実です。

私が、今回のオイルクーラー装着に関して、何を求めて何を目論んだのか、その経過はこちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-42.html



さて、見た目のためではないとはいえ、きちんとスッキリ装着するというのは大事なことですね。
どのように装着を完了したのか、まずはそれをご覧ください。


GS1000のオイルクーラー取り出しは、GSX1100S刀などと同様に、シリンダー背面のメインジャーナル途中からとなります。
私の装着条件として、シリンダーヘッド上を最短距離でホースを取り回し、クーラーコアには上から入れて上から出すというものです。

RIMG9605.jpg







使用した、プロゴールド製ノーメックスホースの驚異的な柔軟性なくしては、この取り回しは不可能です。

RIMG9604.jpg

RIMG9607.jpg







これ見よがしに存在を主張して欲しくありませんでしたので、見た目は、あくまでも純正チックに目立たないようにしました。

RIMG9612.jpg

RIMG9610.jpg

RIMG9613_20120830142210.jpg

RIMG9622.jpg






さて、機能的にはどうだったのかについてご報告します。
GS1000と全く同じ潤滑系を持つGSX1100S刀などに、大き目のオイルクーラーを装着した場合、アイドリングから低回転域で、油圧警告灯が点灯し、油圧低下の兆候を示すことが多いのですが、そのような状況は一切、一瞬たりとも見られませんでした。
厳密に油圧値を計測して比較するまでのことをしていませんが、問題となるほどの低下はないものと見て良さそうです。

さて、油温はどうだったのか・・・

結論から言えば、予想以上の冷却性能を発揮することができました。
この、M&S製のオイルクーラーコア、実に素晴らしい・・・


まず、装着当初の5月中の状況です。
気温はおおむね20度~25度程度という条件下ですが、

※装着前
・ツーリングユースを含めたタウンユース及び法定速度近辺での高速走行
 85度~90度
・140~160km/hでの巡航
 110度~115度
・2~3速主体のワインディングラン
 110度~115度

※装着後
・ツーリングユースを含めたタウンユース及び法定速度近辺での高速走行
 75度~80度
・140~160km/hでの巡航
 85度~90度
・2~3速主体のワインディングラン
 85度~90度

極めて有効に油温を下げているところですが、タウンユースにおける油温が適正範囲よりやや低めですので、実は、この時期、クーラーコアに覆いを装着していました。
特に、雨天での高速走行では、油温は60度近辺までしか上昇せず、完全にオーバークールの状態になってしまいました。



次に、ここ最近の条件下、気温30度~35度近辺での状況です。

※装着前
・ツーリングユースを含めたタウンユース及び法定速度近辺での高速走行
 100度~105度
・140~160km/hでの巡航
 115度~125度
・2~3速主体のワインディングラン
 125度以上

※装着後
・ツーリングユースを含めたタウンユース及び法定速度近辺での高速走行
 80度~85度
・140~160km/hでの巡航
 85度~90度
・2~3速主体のワインディングラン
 90度~100度


これぞまさにオイルクーラーの効果を発揮というところです。
日常的に乗っている私の印象としては、装着前には、常に100度を超えていたところですが、装着後は、この3ケタ表示を見た記憶がほとんどないというものです。
また、装着前では、走行後に信号待ちなどで停車して走行風が当たらなくなると、油温計の表示はみるみる上昇し、一度上昇した油温は、その後に走行を再開して走行風を当てても、ほとんど下がることがないというパターンだったのですが、装着後は、停止したことで上昇した油温も、走行を再開することでみるみる低下するというものです。

また、その下降幅も驚くべきものですし、これほどの冷却性能を、こんなに小さくて薄いオイルクーラーコアによって実現しているという事実も驚異的です。
私のGS1000に装着するのであれば、もう一回り小さなコアでも十分なのではないかと思うくらいです。

しかし、残念なことに、このM&S製オイルクーラーコアはすでに絶版部品となってしまい、入手も困難です。
また、これの開発者である、知己の変態科学者の弁によれば、冷却効率という意味でこれを凌駕するコアは、未だ存在しないということです。
他のコアと同時比較したわけではありませんので、厳密なことはわかりませんが、この変態科学者の自信のほどを裏付けるに足りるパフォーマンスを発揮したのは事実です。

もし、このM&Sのコアを持っている方がおられたらば、それは大事にした方がいいですね。

ちなみに私も、あといくつか持っているんですが・・・
でも、ちょっと大きなサイズのものなので・・・装着するとすれば、相当に熱的に厳しいレーシングエンジンか、あとは油冷エンジンかな・・・



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
暑いからって、応援クリックを忘れないでね・・・記事を読んだら、一日ワンクリックをお願いします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: オイルクーラー効果について 

大阪のテッチャン さん

このコアは、アクティブのものではなく、かつてサンデンが開発製作し、ミクニ通商が販売していたM&Sというものです。
残念ながら、コスト等の問題があり、絶版となって久しいものです。

> まめしば様、貴殿の記事は毎度大変参考になります。
> アクティブのクーラーコアはカロリー効果が凄いですネ!
> Gpz1100純正コアでは10℃~13℃下降がせいぜいです。
> 一度コアシステム変更を検討しちゃおうかな?!(^^)!
>
> 大阪のテッチャン
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.10/12 15:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

オイルクーラー効果について 

まめしば様、貴殿の記事は毎度大変参考になります。
アクティブのクーラーコアはカロリー効果が凄いですネ!
Gpz1100純正コアでは10℃~13℃下降がせいぜいです。
一度コアシステム変更を検討しちゃおうかな?!(^^)!

大阪のテッチャン
  • posted by 大阪のテッチャン 
  • URL 
  • 2012.09/02 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ