Entries

点火時期のイニシャル調整(GS1000用ウオタニSP-2フルパワーキット)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回のクリックをポチリとよろしくお願いいたします。





新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)

※旧型のショートタイプとロングタイプについて、在庫分をディスカウント価格にてご提供いたします。
価格 1個 3,150円


RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





ウオタニSP-2にGS1000用などというものは存在しません・・・
でも、大丈夫・・・GSX1100S刀用を使えば、ほぼボルトオンにて装着することができます。

GSX1100S刀用SP-2です。

RIMG0576.jpg






これを装着するためには、これらの部品が必要になります。
GSX1100SR、刀国内仕様の純正部品です。

・33110-493A0 ステータ・シグナルジェネレータ
・33120-493A0 ロータ・シグナルジェネレータ
・07130-0588B ボルト

RIMG0575.jpg







フルキットはこのようなものになります。

RIMG0577.jpg







この組み合わせを使用することで、GS750、GS850、GS1000などに、最新の点火システムである、ウオタニSP-2をボルトオン装着できることになります。
それまでの、ポイント点火や純正フルトラ、またはダイナSなどと比較すれば、それは雲泥の差・・・その効果には驚くこと必至です。

なのですが・・・

この組み合わせをそのまま使用しても、特段の不満はないはず・・・現に、こうやってGSシリーズにSP-2を装着している方は少なくないと思うのですが、ちょっと、これを見てください。

GSX1100SR、刀国内仕様のサービスデータです。
進角特性は、BTDC12度~BTDC32度となっています。

RIMG0583.jpg







こちらは、GS1000のデータです。
同じく、BTDC17度~BTDC37度となっており、先の刀よりも、5度進んでいるのがわかります。

RIMG0584.jpg






これは、TSCC型4バルブ燃焼室と、半球型2バルブ燃焼室の違いに起因するものです。
後者の方が、火炎伝播距離が長いことから、点火時期を早くしてやらなくてはならないのですね。
そこで、GSX1100SR、刀国内仕様のシグナルジェネレータを流用した場合、アイドリング時から低回転域における点火時期のイニシャル値は、12度になってしまいますので、これではGSエンジンにはちょっと遅いということになります。

この領域を調整するためには、SP-2ユニットに装備されているダイヤルを進角方向に回せばいいのか・・・・いや、それでは変更できません。
SP-2の点火時期調整ダイヤルにて変化するのは、2千数百回転以降の点火時期なのです。
ですので、アイドリング時から低回転域の点火時期を調整するためには、シグナルジェネレータのベースプレートをスライドしてやらなくてはならないということになります。

おおむね、10度くらいは進角させることができるようにしておきたいですね。

まず、ベースプレートの外径を計測します。
85mmでした。

RIMG0578.jpg






これをもとに、ベースプレートの円周長を計算し、1度あたりのスライド量をはじき出します。
電卓を使えば簡単ですね。1度あたり、0.74mmです。

それがわかれば、あとは、マイクロリューターを使って長穴加工します。

RIMG0580.jpg

RIMG0581.jpg





1度あたり0.74mmですので、3.7mm反時計回りにスライドしてやれば、イニシャル点火時期をBTDC17度に合わせることができます。
そして、これによって全体が5度平行移動しているのですから、SP-2の取り扱い説明書を見ながら、最大進角値がBTDC37度になるようなダイヤル位置を選択するのです。

これでOK・・・ではありません。

これを、ノーマルベースの基準値として実走し、あとは、実際に走って具合のいいところを探す作業を行います。
ベースプレートのスライドとダイヤルの選択を組み合わせることによって、多くのバリエーションを作ることができます。
ポンと装着しただけでもそれなりの機能を果たすのは事実ですが、こうやってセッティングを煮詰めてやることによって、さらに驚くほどのパフォーマンスを発揮することができます。

点火時期セッティングについて、どうやったいいのかわからないという声を聞いたりするのですが、そんなに難しいものではありませんので、ぜひやってみていただきたいと思うところです。
いいところにはまると、驚くほど振動がなくなったりもするんですよ・・・


ちなみに、カワサキZのイニシャル点火時期って知ってますか?
BTDC20度です。
まあ、半球型2バルブですので、そんなものでしょうね。
貴方のZに付いているSP-2のベースプレート位置、確認してみた方がいいですよ。
現状でもちゃんと走っているのかも知れませんが、もっと良く走るようになるかも・・・



ウオタニ製品は、「ファクトリーまめしば」でも取扱いをしています。
カタログラインアップされていないものについても、リーズナブルにあつらえることができる場合がありますので、どうぞお問い合わせください。



追記
ちょっと昔のこと、バイクの点火システムはポイント式でした。
この時代、ポイント調整というのは、ライダーとして当然のたしなみだったのです。
定期的にポイントカバーを開けて、ギャップ調整などをしていました。
好みやマシンの個体差などによって、ギャップを広めにしてみたり、遠心ガバナーのスプリングをいじって進角時期を変えてみたり、はたまた、ベースプレートをスライドさせてみたり・・・
つまり、点火時期をいじって調整してセッティングするということは、ごく当たり前のことだったというわけです。
これは、ポイント式という仕組みが、定期的なメンテナンスを必要としたから、必然的、発展的に行われたことだったのですが、その後、無接点式トランジスタ点火になり、さらには、デジタル制御の点火システムになったりしたことで、一般的なライダーが、このあたりを整備する必要性がなくなった・・・でも、点火時期セッティングの有効性に変わりはありません。
点火システムに限らず、耐久性や信頼性を向上させるためのメンテナンスフリー化は素晴らしいことですが、それによって、ライダーの整備スキルや知識レベルが著しく低下したのは嘆かわしいことですね。


追記2
カワサキZのイニシャル点火時期について、ご指摘がありました。
750についてはBTDC20度、Z1000系とJ系についてはBTDC10度とのことです。
およそ、この範囲内において微調整とセッティングを繰り返し、調子良く走れる適正なイニシャル点火時期を探す作業をする価値があるというのが、本記事の趣旨となります。








にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ