Entries

CRキャブレターの初期不良について(フロートチャンバーOリングの接着不良)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回のクリックをポチリとよろしくお願いいたします。




緊急告知

常にバックオーダー状態のNGCエキゾーストですが、

ゼファー750用(黒皮仕様)、1セットのみ在庫あり。

お入り用の方は、ファクトリーまめしばまでメール

にてお願いいたします。





新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)

※旧型のショートタイプとロングタイプについて、在庫分をディスカウント価格にてご提供いたします。
価格 1個 3,150円


RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





今日の記事、CRキャブレターユーザーは必読です。
取り返しのつかないトラブルや破損につながるという性格のものではないのですが、出先で走行不能になり、自力では帰れなくなる可能性があります。

また、CRキャブレターのオーバーホールやメンテナンスをする際には、決して忘れてはならないこととなります。FCRやTMRでも同じですが・・・

とても重要なことですので、最初に肝心な部分を書いておきましょうね。




ここ最近に生産されたCRキャブレター、あることをきっかけにして、出先では対処不能の状態に陥り、その場から動けなくなる可能性がある




CRキャブレターユーザーならご存知と思うのですが、フロートチャンバーとボディーの間には、ちょっと複雑な形をしたOリングが入っています。FCRやTMRも同じですね。
そして、このOリングは、接着剤によってフロートチャンバーに貼り付けられています。
まあ、そんなに塗らなくてもいいじゃないかと思うほどだったりもしますし、このOリングがへたって交換するときなど、Oリング溝に残った接着剤を取り除くのがけっこう大変な作業で、それにうんざりした経験をお持ちの方も少なくないと思います。
Oリングを交換する際、ここに接着剤を塗らずに組んでしまうケースもありますね・・・そういう個体をいくつか見てきました。

でも、ここに接着剤を塗るのは、必須のこと・・・必ず塗ってください。
どんな接着剤でもいいというわけではありませんが・・・


キャブレターに使用されているOリング、当然のことながら、耐ガソリン性を有しているものなのですが、ガソリンにさらされると膨潤、つまりふやけて膨らんでしまいます。
キャブレターに使われているOリングなんだから、そんなことはないだろうと勝手に思い込んでいる方が多いようですが、誰が何と言おうと、膨潤するのです。

たとえば、スロージェットを交換するためにはフロートチャンバーを外しますが、そのとき、このOリングが接着されていなかった場合、ガソリンにさらされて膨潤していることから、溝から一部が外れてしまったりします。
さて、そうなると大変です・・・もう、その場では、Oリングを溝に納めることができなくなる・・・
膨潤して大きくなってしまった上、もともとが複雑な形状をしていますので、まあ、まず無理ですね・・・
それがもし出先のことだったらどうなるのか、想像するのは容易なことです。その場から動けない・・・
翌朝にツーリングに出発する予定だったら・・・行けなくなる・・・


実は、ガソリンにさらされて膨潤したOリングは、1~2日間乾燥放置することで、内部にしみ込んだガソリン分が抜け、ほぼ元のサイズに戻ります。
が、しかし、それなりにさらされた期間が経過したものは、今度は硬化する上に縮小してしまいますので、これまた使えないものになってしまうのです。
いずれにせよ、フロートチャンバーのOリングが溝から外れてしまうという事態は、極めてやっかいな問題を引き起こすということです。




私、今年になってからも、相当数の新品CRキャブレターを完全分解してきました。
まめしばCR-Mの製作にあたっては、新品であろうがなんであろうが、全てを分解してチェックし、必要な修正を行いながら緻密に組み直しをしているのです。

RIMG0471.jpg






これも、新品のGSX1100S刀用CR33です。
ほら、スロットルバルブやキャブレターボディー内壁にも、摺動痕がありませんよね。
正真正銘の新品ということです。
PS追加加工も終わり、これから組み上げをするところというわけです。

RIMG0472.jpg

RIMG0473.jpg






さて、問題のフロートチャンバーです。
一見すると、何の問題もないように見えますし、私も、ごく最近になって気づいたこと・・・
以前から、「いくらなんでも、こんなにべったりと貼り付けなくてもいいのに・・・」と思っていたから余計に・・・
良く見ると、画像の右下あたりは、すでにOリングが溝から浮いているのがわかりますね。
まだ、ガソリンにさらされていない新品時でこれですので、ガソリンを通したことで膨潤したらどうなるのか・・・

RIMG0474.jpg







ご覧のとおり、ほんのわずかしか塗られておらず、ほとんど接着されていません。
軽く引き上げるだけで、ほとんど抵抗なく外れてしまいます。
どうも、ここ最近に生産されたものの全てがこのような状態なのです。

RIMG0476.jpg

RIMG0477.jpg







ここに使用するべき接着剤は、このようなニトリルゴム系かエポキシ性のものです。
あと、セメダインスーパーXも使えます。
その他にも使えるものはあるのかも知れませんが、ほとんどのものは、耐ガソリン性を持ちませんので、用を為しません。

RIMG0478.jpg







特殊工具としては、爪楊枝がベストです。

RIMG0479.jpg






これくらいでいいでしょうか・・・
このあと、Oリングを溝に嵌め、平らなところに伏せた状態に置き、上から重しを乗せて接着します。多少はみだしても気にする必要はありません。
最も大切なことは、剥がれないことです。
ただ、ガソリンを通すのは、十分に硬化してからです。

RIMG0480.jpg






今回のことについて、3週間ほど前から、製造メーカーであるケーヒンさんとお話をしてきました。担当の方は、話の当初から趣旨は良く理解していただいていたのですが、具体的な解決策について模索と調整が続いていました。
大きな規模の製造メーカーが、自社製品の生産ラインに手を加えるというのは、想像以上に大変なことなのです。
具体的な経過はここでは差し控えますが、結論は、下記のとおりです。


ケーヒンさんは、ひとりのユーザーの声を真摯に受け止め、わずか3週間という短い期間に部内稟議を通し、CRキャブレターの設計図内生産指示書に、CRキャブレターのフロートチャンバーに塗布すべき接着剤の具体的な分量について変更明記した。



但し、すでに生産されて各在庫となっているものについては、それを再度分解して修正することができないとのことですので、ここしばらくの間に入手する新品CRキャブレターについては、チェックが必要となります。


以前にも一度書いたことがありますが、30年以上も前に設計されたCRキャブレターについて、現在においても生産を継続し、各セッティングパーツや消耗部品などについても十分な供給を迅速に行っているという事実、これは、営利を目的とする企業としては考えられないことです。
それも、CRキャブレターは、生産するごとに赤字という事実・・・
これを採算ベースに乗せるためには、FCRよりも高い価格設定をしなくてはならないのだそうです。
それでもあえて生産を継続する理由は何か・・・
それは、かつて本田宗一郎が、まるで侍のようにして世界のレースシーンに殴り込みをかけて以来、現代まで連綿として続く、日本企業によるレースの歴史そのものだからです。
CRキャブレターは、その創生期において、世界を席巻した・・・つまり、ケーヒンという企業の歴史そのもの、コーポレートアイデンティティだから・・・

しかし、時代の波は激しく変動するのが常です。
いつ何時、CRキャブレターの生産打ち切りという日がやってきても、それは全く不思議なことではありません。

ケーヒンの代理店担当者は私にこう言います。
「CRキャブレターをいつまで作ることができるのか、それは、ユーザーの支持如何にかかっています。ですので、貴方のようにして、CRキャブレターを盛り上げてくれる人がいてくれないと、ケーヒンも我々も困ってしまうのです・・・頑張って・・・」


さて、また今晩もCRを組み立てますか・・・
そうそう、新型Mノズルの発送もしなくては・・・







にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: わざわざCRキャブを選ぶ理由 

KZ1000A USA さん
まめしばCR-M、実に許容範囲が広くてセッティングしやすいものですので、安心してお使いください。
フィーリングのご感想をお聞かせいただくことを楽しみにしております。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.07/21 14:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

わざわざCRキャブを選ぶ理由 

いまやFCRやTMRという高性能でセッティングがCRより出しやすい物があるにもかかわらず、わざわざCRを選ぶ理由には若い頃にあこがれてた時には買える余裕がなかったのが今は買えるようになったことが一つです。

もう一つの理由はFCRは以前他の車両に装着したことがあるので違うキャブレターを試してみたかったことでしょうか。

しかしCRを選ぶ上で色々な問題点も知っていたので、問題点の解決策をネット上で色々探していたのも事実です。

その中で最上の解決策として選んだのがまめしばさんの部品だったので、まめしばさんはCRキャブレターを盛り上げるのに十分貢献していると思います。

引き続きCRキャブレターを初め、色々な部品を盛り上げるのに貢献してください。

最上級のプライベーターと思いつつ、いつも応援しています。

CRではないですが 

純正キャブの膨潤して収まらなくなったFチャンバーOリングを冷蔵庫に3h入れてなんとか押し込んだことがあります(笑)
どこでも在庫している部品ではないですから注意して扱わなきゃいけませんね(^^;)
  • posted by Ko 
  • URL 
  • 2012.07/13 20:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ