FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

GS1000にGSX1100S刀用クラッチをコンバートする計画 その5(とりあえずは完成)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回のクリックをポチリとよろしくお願いいたします。






新型となったCRキャブレター用「Mノズル」の注文受付を開始します。
価格
1個 4,200円(税込)

※旧型のショートタイプとロングタイプについて、在庫分をディスカウント価格にてご提供いたします。
価格 1個 3,150円


RIMG0338.jpg




CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへとモデルチェンジすることになりました。


新型Mノズルの開発経過はこちらにまとめてあります。これまでは公開していなかった、Mノズルのメカニズムにまで及んで解説しましたが、これは同時に、キャブレターの原理そのものにも係った内容となっています。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-53.html



インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。
初回ロット分の数量は限られておりますので、在庫切れの場合には、しばらくの納期をいただくこととなります。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





今回のクラッチコンバート計画、なんとか完成にこぎつけることができました。これまでの経過はこちらにまとめてありますので、どうぞお読みになってください。何かを加工流用するのって、けっこう大変なんです・・・
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-52.html



さて、今日の記事は、組み付けマニュアル風に書いてみますので、GS1000ユーザーの方で、同じことをやってみようと考えている方は、どうぞブックマークしておいてください。
まあ、私自身の備忘録という意味もありますが・・・
クラッチ周りの分解組立についての基本的な手順については割愛することにします。そういうことはすでに把握済を前提とします。

まず、これはGS1000のノーマルクラッチの状況です。

RIMG0279.jpg






より全高があるGSX1100S刀クラッチをここに装着するにあたり、干渉が懸念される部分を確認し、そこのクリアランスを計測しておきます。
この計測に基づく検証の結果、GSX1100S刀用クラッチハウジングの縁を4mmほど切削する必要があると判断しました。

切削加工の様子を掲載した記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1232.html

RIMG0278.jpg







クラッチハウジングを取り外したところです。
3番クランクウェブには一次減速ギアが取り付けられていますが、ここからエンジン出力を取り出しているということです。
ちなみに、右となりには4番クランクウェブが見えますね。この、クラッチハウジングが収納されているスペースには、3番と4番のピストン裏側で発生するクランクケース内圧脈動がダイレクトにかかっているということがわかると思います。
つまり、クランクケース内を減圧しようとしたとき、クラッチカバーに取り出しを設けることは、極めて効率が高くて効果的ということです。

RIMG0280.jpg






先の切削加工によっても、わずかに干渉する部分がありますので、そこをリューターで切削します。そのための養生をしたところです。
もっとハウジングを削ればいいのですが、そうすると、必要枚数のクラッチプレートを入れることができなくなってしまいます。

RIMG0283.jpg






切削箇所をマーキングします。

RIMG0284.jpg






切削量はほんのわずかですので、作業は簡単です。

RIMG0285.jpg






ここまでの作業によって、GS1000にGSX1100S刀用クラッチハウジングを装着することができます。

RIMG0286.jpg






クランクケースとハウジング縁のクリアランスはこれくらいです。
赤矢印で示したところが切削したところですが、もうちょっと少ない切削量でも大丈夫のようですね。
ここでひとつ、重要な注意点があります。
赤矢印の切削場所は、クラッチカバーの取り付けボルト穴周辺ですが、ここに使うボルトの首下長に注意してください。
ちょっとでも長いものを使うと、ボルトの先端がクラッチハウジングの外周に干渉します。
きちんと計測した上で、干渉しない長さのボルトを使ってください。
私は、ボルトの先端を削って調整しました。

RIMG0287.jpg






GSX1100S刀のクラッチプレートを組み付けた状態です。

RIMG0288.jpg







プレッシャープレートを取り付けます。

RIMG0290.jpg






クリアランスチェックをします。

赤矢印はクラッチプレートのツメ部分ですが、クラッチを切ると、この爪部分は手前側に移動しますので、その状態でもハウジングの溝にツメがかかるだけのマージンがあるかを確認します。

青矢印は、プレッシャープレートとクランクケースのクリアランスです。なんとかクリアしているところですが、走行後にチェックして、ハウジングの振れによって接触したりしていないかを確認する必要はあります。現時点では、当たっていないようですが・・・
もし、接触などするようであれば、プレッシャープレートの外周を切削などすることになります。

ここまで組んだら、クランクシャフトを回してみて、各部に干渉がないかを確認します。
ゆっくりと回してみて、わずかでも異常な手ごたえを感じたならば、慎重にチェックして問題を解決しておかなくてはいけません。「まあ、いいか、大丈夫だろう・・・」は禁物です。決して良くありません。

RIMG0289.jpg






スペーサーを組み付けますが、ガスケットは2枚使うことになります。
このとき、分解時に再利用できるように、ガスケットにはグリスを摺り込んでおくといいです。また、ガスケットの赤矢印で示したところがプレッシャープレートと干渉しますので、はさみで切って調整します。
青矢印のところにはダウェルピンが入りますが、これは、1か所に2本重ねて入れればOKです。

RIMG0291.jpg






クラッチカバーを取り付けます。
当然のことですが、スペーサーの厚み分だけ首下が長いボルトが必要になりますので、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。

この状態で、いきなりエンジン始動などしてはいけません。
エンジン停止状態でギアを入れてクラッチレバーを握り、きちんと切れるかどうかを確認します。そうしたら、エンジンを始動し、ギアを入れない状態でクラッチレバーを操作し、握った時にわずかでも干渉音が出ないかどうかを確認します。
次に、スタンドアップした状態で各ギアまでシフトアップダウンを繰り返し、問題なく機能するかを確認します。
そして、ここで再度全てを分解し、各部品に異常がないかどうか、干渉痕がないかどうかを緻密に見分します。
面倒だなんて言ってはいけません。駆動系のトラブルは、場合によっては重大な事故につながりますので、慎重には慎重を期してください。

RIMG0292.jpg






さて、全てのチェックを終了し、とりあえずの完成です。
すでにシェイクダウン走行を済ませていますが、当初の目論見どおりの効果を得ることができました。
GS1000のノーマルクラッチユニットとは、もう別次元の快感フィーリングです。
ガガガッというイヤなジャダーも出ませんし、スロットルオンオフ時のスナッチも解決・・・シフトフィールも格段に良くなりました。
そのフィーリングインプレはまた後日にご紹介するとして、とりあえずは画像にて完成状態をご確認ください。
最後の画像の赤矢印は、ブレーキペダルとクラッチカバーのクリアランスを指しています。実は、両者が干渉しましたので、ステッププレートにカラーを追加して逃がしてやりました。下側にオイルが垂れていますが、これは組み付け時にこぼれたオイルを拭いていないだけ・・・オイル漏れはありませんので、どうぞご心配なく・・・

RIMG0303.jpg

RIMG0293.jpg

RIMG0294.jpg

RIMG0300.jpg






そうそう、まだ終わったわけではありません。
とりあえずはGSX1100S刀のノーマルクラッチの状態で走行テストをしたのですが、そのフィーリングを確認したあと、次はアドバンテージFCC強化クラッチキットを組み付けるのです。
すでに作業にはかかっているのですが、これがなかなか簡単には行かず・・・
あともうちょっと、最後の仕上げというところです。




クラッチカバースペーサーについて、すでにフライング気味にお問い合わせをくださった方もおいでなのですが、もうちょっと待ってくださいね。
来週中には予約注文を受けるつもりです。
すでに、直接にお話をお聞きしている方の分については承知しておりますので、ご心配は無用です。











にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ