Entries

GS1000にGSX1100S刀用クラッチをコンバートする計画 その3(クラッチカバースペーサーの試作経過)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回のクリックをポチリとよろしくお願いいたします。




ポップヨシムラ直伝の愛弟子、ストレイガ小林氏によるNGCエキゾーストシステムの開発と取扱いをしております。
ご注文は、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。
画像と動画をまとめたのはこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html



PS加工済新品CR33の在庫は残り2機となりました。お入り用の方はお早目に確保をお願いします。キャブレターへのPS追加加工については随時受け付けをしております。ご希望の方は、メールにてご連絡の上、キャブレターを「ファクトリーまめしば」まで発送願います。
また、当方にて新品CRキャブレターを入手し、これをベースとすることも可能ですので、併せてご検討いただければと思います。
オーダーに際しては、こちらのご案内をお読みいただいた上にてお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html




CRキャブレター用「Mノズル」
価格
1個 3,990円(税込)


DSC05362.jpg


キャブレターチューニングにおいては禁断の領域とでも言うべき、メインノズル形状に手を入れることで、霧化特性とレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。装着も、ジェット交換感覚で容易なものです。
これはもう、CRキャブレターの加速フィーリングではありません。
ベンチテストにおいても、トルク、出力ともに向上することを確認しています。それも、全回転域において・・・


インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご購入のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





スムーズかつ確実なクラッチ操作、これは、マシンを走らせる上において、極めて重要な要素となります。
これは、発進はもとより、スムーズかつリニアで素早いシフトアップダウンという、ギアシフト動作をも大きく左右するものです。
実際の走行にあたっては、エンジンのパワーやレスポンスなどということよりも、このクラッチフィーリングの可否が、そのまま走行上の快感度を支配していると言っても過言ではありません。

そういう意味において、GS1000のクラッチは決して褒められたものではありません。
クラッチの断続操作そのもののフィーリングも良くありませんし、ちょっと回転を上げてミートしようものなら、相当にひどいジャダーに見舞われます。
また、ある程度(数万km程度)の距離を走ると、クラッチハブのスプリングダンパーがへたってガタガタになります。すると、アイドリング付近の低回転域では、「ガララララッ」という、まるでどこかが壊れているかのような派手な異音を発してしまうのです。こうなると、ギアシフト操作も不確実なものになりますので、ミッションを痛めることにもつながりますし、スロットルのオンオフ時にも、ガツガツとしたイヤなスナッチを発生するようになります。

そこで、あらゆる意味においてメーカーが対策を施している、後継機種であるGSX1100S刀用のクラッチをコンバートしてみようというのがこの計画です。
走行を重ねることによって劣化したGS1000のクラッチ、仮に新品部品に交換したとしても、この対策済みのGSX1100S刀用にははるかに及ばない・・・それくらいの違いがあるはず・・・まあ、極めて優れたチューニングパーツになるに違いないというのが私の目論見です。
これまでの経過については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-52.html


前回の記事に書いたとおり、コンバートにあたっては、クラッチハウジングの高さを合わせるために、旋盤にて切削加工をする必要がありますが、それに加えて、クラッチカバーとクランクケースの間にスペーサーを入れてやる必要があります。
GS1000やGSX1100S刀は、クラッチカバーに設けられたピニオンギアによって、クラッチハウジングのラックギアを引き上げるという形式になっていますので、その位置関係のつじつまを合わせるためにスペーサーが必要になるというわけです。

言葉で表現してしまえばこれだけなのですが、クラッチカバーとクランクケースの合わせ面は、曲線を交えた複雑な形状をしていますし、11本の取り付けねじ穴と1本のダウエルピン穴の、合計12か所の穴がありますので、これらを正確にトレースする形のものを製作するのは、想像以上に大変な作業となります。

そこで相談したのは、PEEK製スロットルバルブなどを製作していただいている、精密加工のプロフェッショナルであるharaqさんです。

今日は、その試作の経過についてご紹介することにします。

まず、サンプルであるクラッチカバーを光学三次元測定機にセットして、各ポイントの座標を計測します。複雑な形状をしていますので、計測結果の座標データだけでも、A4用紙20枚以上になったそうです・・・

スペーサー試作1






取得した座標データをもとに、加工プログラムを組み上げます。

スペーサー試作2






次は、薄板の素材を使って、仮切削加工をします。ここでは、FRP板を使いました。

スペーサー試作3

スペーサー試作4






これを、クラッチカバーにあてがい、不具合がないかどうかを確認します。
アウトラインや穴位置もバッチリですね。

スペーサー試作5






次に、所定の厚みの素材でテストピースを作ってみますが、下に敷いてある黒色の板素材がそれです。
とりあえず、ユニレートという特殊樹脂素材で作ってみることにしました。
これは、切削性に優れていると同時に、耐熱性や耐薬品性にも優れたものです。

スペーサー試作6






これが、試作品として完成した、ユニレート製のスペーサーです。
とりあえずは、これを私のマシンに装着し、問題なく機能するかどうかを確認するのです。
本番用の素材を何にするかは、これから検討すればいいですね・・・一般的にはアルミなのですが、さて、どうしましょうか・・・

スペーサー試作7






この試作品が手元に届けば、主だった部品は全て揃いますので、とりあえずは装着し、動作確認とシェイクダウン走行をしてみます。
そうそう、ガスケットをはじめ、必要な小物部品の確認もしなくてはなりません。
クラッチカバーを固定する11本のボルトも、スペーサーの厚み分だけ長いものが必要ですし、長いダウエルピンも用意しなくてはなりませんね。

問題なく機能し、さらには目論見どおりのパフォーマンスを発揮することが確認できたなら、いくつかのセットを製作し、すでにテストライダーとして名乗りを上げていただいているエキスパートな方々に供給するつもりです。
そうそう、その前には、さらなるひとひねりも加えるつもり・・・
ここまでやったんですから、どうせなら、現時点で考えられる最良のものにしたいじゃありませんか・・・








にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日一回の応援クリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ