Entries

アドバンテージ製GSX1100S刀用スイングアーム その2(装着編)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日ワンクリックをポチリとよろしくお願いいたします。




ポップヨシムラ直伝の愛弟子、ストレイガ小林氏によるNGCエキゾーストシステムの開発と取扱いをしております。
ご注文は、「ファクトリーまめしば」までメールにてお願いいたします。
画像と動画をまとめたのはこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html



CRキャブレターへのPS追加加工については随時受け付けをしております。ご希望の方は、メールにてご連絡の上、キャブレターを「ファクトリーまめしば」まで発送願います。
また、当方にて新品CRキャブレターを入手し、これをベースとすることも可能ですので、併せてご検討いただければと思います。オーダーに際しては、こちらのご案内をお読みいただいた上にてお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html




CRキャブレター用「Mノズル」
価格
1個 3,990円(税込)


DSC05362.jpg


キャブレターチューニングにおいては禁断の領域とでも言うべき、メインノズル形状に手を入れることで、霧化特性とレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。装着も、ジェット交換感覚で容易なものです。
これはもう、CRキャブレターの加速フィーリングではありません。
ベンチテストにおいても、トルク、出力ともに向上することを確認しています。それも、全回転域において・・・


インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご購入のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





のっけから乱暴な言い方ですが・・・
GSX1100S刀に、このアドバンテージ製スイングアームをポンと装着すれば、それまでの高速域でフロント周りがフラフラと振られるような症状が解決します・・・

何のこと?と思うでしょうね・・・

別に、カタナに限らず、この時代のマシンでは良くある話です。
高速道路などで大きくスロットルを開けて加速中、ある程度の速度になると、フロント周り、そう、ステアリングヘッドあたりの座りが悪くなり、左右にフラフラと揺れ始めるという症状です。
まあ、こういった類の車体挙動の原因については、いくつかの要素があったりするのですが、その根本的な要因は、フロント荷重の不足によるものが少なくありません。

もし、貴方のマシンにおいて、そういう症状に悩まされているのであれば、ちょっと試してみて欲しいことがあります。
フラフラと揺れ始めたときに、スロットルを戻すとか、頭を下げて伏せ姿勢を取ってみてください。そう、フロント荷重を増やしてみるんです。それによって、揺れが収まったり緩和されたというのであればしめたもの。原因はフロント荷重の不足だったということです。

・フロント突出しを増やす
・フロントの伸び減衰をかける
・フロントのイニシャルを抜く
・リアのサス長を伸ばす
・リアのイニシャルをかける
・リアのバネレートを上げる
・リアの圧減衰をかける

まあ、対策の選択肢としてはこんなものでしょうか・・・
それぞれにネガもありますし、答はひとつではありません。
別の問題はさておき、上記の揺れを解決するための手法としては、これらがあるということです。

この、高速域の振られというか、揺れに悩まされている方は少なくないようで、やれ、フレーム剛性が足りないとか、タイヤに問題があるとか、色々と喧伝されているところ、まあ、それらも全くないとは言いませんが、まずはフロント荷重の不足を疑うのが先決と思っています。
まあ、ショップとしては、部品交換を伴わないと商売になりませんから、振られるなんていうお客さんの話を耳にするやいなや、やれフレーム補強だのサス交換だのと言いだすのですが、それをする前にやってみるべきことがあるということです。

なんでそこまで断言するのかって・・・自分のGS1000まめしば号で、様々な車体姿勢やサスセッティングを試行錯誤してきた経験上のことです。
また、周囲の同様な症状に見舞われているマシンについて、たとえば、フロント突出しを数mm増やしたり、リアのイニシャルをわずかにかけるだけで解決してきた実例に基づくものです。

そこで、なぜ、このスイングアームを装着すれば・・・などという話になるか・・・昨日の記事にも書いたとおり、このスイングアームは、リアサス取り付け位置が、ノーマルと比較して7mm上がっているからです。


まあ、そんなざっくりとした話はこれくらいにして、私が今日の記事で書きたいことは、こういった足回りや車体周りに新しい部品を投入した際には、車体姿勢を再確認する必要があるということです。

高性能なサス、高剛性なスイングアームやフォーク、はたまたハイグリップなタイヤ・・・それぞれ、機能的な向上を目論んで装着するのですが、その機能を生かすも殺すも、これらの装着によって副次的に変化してしまう車体姿勢を補正セッティングすることが不可欠ということです。

たとえば、ダンパーオイルが完全に抜けてスプリングもへたりきったノーマルサスから、20万円近くもするリプレイスサスに交換したとしても、この車体姿勢がきちんとしていなければ、走行性能はガタ落ちになるというのが現実です。

高価なオーリンズを大枚はたいて装着したのに、どうにも乗りにくくなったなんていうのは、こういったことが原因に違いありません。




さて、スイングアームを装着してみましょうか・・・
まず、はじめにやることは、現状のリア周りの把握です。
そんなに難しいことではありません。

リアサスを伸び切り状態にして、リアアクスルから車体の任意点までの距離を計測します。

RIMG9973.jpg

RIMG9975.jpg







これを把握しておいて、スイングアームを交換後、リアサスを仮組みした状態で、この値を揃えるのですが、ここで勘違いしてはいけません。揃えれば全て終わりということではありませんよ。
この値を揃えることで、ここを基準点とするのです。





このあと、ノーマルスイングアームを取り外し、アドバンテージ製に交換するのですが、ピボットベアリングのグリスチェックや、ピボットシャフトの締め付けなど、セオリーに従って作業するだけで、特別なことはなにもありませんでした。
極めてスムーズに作業完了・・・いや、一点だけ違いましたか・・・


リアホイールを装着する時のことです。
リアアクスル締め付け前のノーマルスイングアームは、リアホイールのハブとのクリアランスが大きいですので、ホイールを差し入れる際にもスルッと入ります。クリアランスがガバガバなので、入れるのが簡単ということです。
そして、リアアクスルシャフトを締め付けることでこのクリアランスがなくなるのですが、言ってみれば、組み付け状態では、スイングアーム先端を内側に絞るような応力がかかった状態になっているということです。

ところが、このアドバンテージ製は、ここの内幅寸法が驚くほどピッタリ、キチキチでした。ノーマルスイングアームのつもりで差し入れようとすると、最後のカラーが入らない・・・
リアホイールを片側に力一杯寄せた状態で、やっと最後のカラーが入るという状態だったのです。
どちらが、組み付け時の剛性や精度に優れるのか、言わずもがなです。
実に素晴らしい・・・



さて、スイングアームの装着が無事に完了したなら、次はリアサスを装着します。
始めは、サス長をそのままの状態で仮組みして、先と同様に、リアアクスルから車体側任意点までの距離を確認します。
案の定、距離が長くなっていましたので、それを補正するためにサス長を調整しますが、ちょっと調整しきれませんでしたので、ここは短いタイプのエンドに交換することにしました。
きちんと走らせようとした場合、こういう手間とコストを惜しんではいけません。
先にも書いたとおり、車体姿勢がきちんとしていなければ、見た目はカッコいいけれど、走るとメタメタ・・・まったくのダメマシンになってしまいます。

RIMG9981.jpg

RIMG9982.jpg






さて、とりあえずの数値を揃えた状態で仮組みが終了です。
そうそう、こういった場合、チェーンの張り具合や前後ホイールの整列を確認するのは基本中の基本です。こういうことを怠ると、これまたダメマシンの出来上がりとなってしまいます。

RIMG9984.jpg

RIMG9985.jpg






さて、ここからが本番です。
この状態は、とりあえずのシェイクダウン走行が可能になったというだけのことです。
一応は、静的な状態でのリアアライメントを合わせたのですが、リアサスの取り付け位置が変わったということは、リア周りのレバー比が変わったということですから、この静的姿勢を合わせたところを基準点として、あとは実際に走らせながらいいところを探るという作業が必須となります。

これまでに何度も書いてきましたが、カスタムマシンを作ろうとした場合、全ての部品を組み上げ、走れるようになれば完成などということは絶対にありません。
どんなに素晴らしいコンストラクターが製作したものであってもそうです。
どんなに緻密なデータに基づいて、そのとおりに部品選択をして正確に組み上げたとしてもです。
また、製作費用にいくらかかっていようがなんだろうが、全てに例外はありません。
そこは、ただのスタート地点に過ぎず、組んだままの状態で、本来の機能を発揮することなど絶対にないのです。
チョイスした高額なブランドパーツを羅列して、これだけのいい部品を組み合わせたのだから、ちゃんと走るに違いないと夢見たところで、それはただの夢に過ぎないということです。


だいぶ脱線しましたね。

とりあえずの作業完了です。完成ではありません。
これから、長い時間をかけて、私好みのセットを模索する作業が始まるということです。

でも、単純に、カッコイイ・・・ホレボレしますな。

RIMG9987.jpg

RIMG9988.jpg

RIMG9992.jpg

RIMG9990_20120525135846.jpg

RIMG9991.jpg





5月26日から27日にかけて、遠く広島から二人の変態おやぢが、マフラー造りに自走でストレイガにやってきます・・・
チーム変態おやぢが迎撃態勢に入るのは当然のこと・・・




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日ワンクリックをポチリとよろしくお願いいたします。








Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ついつい応援クリックを忘れていませんか・・・一日ワンクリックをポチリとよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ