Entries

スロットルワイヤーブラケットの適正化

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
まめしばに励ましのクリックをどうぞよろしくお願いいたします。



4月22日(日)、新東名清水SAにて予定していた、カタナ会のミーティングについては、天候不順により、5月13日(日)に延期となりました。これに伴い、GSX1100S刀用NGCの展示についても、5月13日に延期としました。詳細については、また改めて告知いたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1194.html




CRキャブレターへのPS追加加工については随時受け付けをしております。ご希望の方は、メールにてご連絡の上、キャブレターを「ファクトリーまめしば」まで発送願います。
また、当方にて新品CRキャブレターを入手し、これをベースとすることも可能ですので、併せてご検討いただければと思います。
オーダーに際しては、こちらのご案内をお読みいただいた上にてお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html
2月末日までにキャブレター本体を送付いただいた方々のものについて、先日、穴あけ加工が終了いたしました。これから順次組立作業にかかりますので、納期については、個別にご案内いたします。一晩に2~3機を組み上げるのが精一杯ですので・・・



CRキャブレター用「Mノズル」
価格
1個 3,990円(税込)


DSC05362.jpg

DSC05048_20101210155011.jpg


キャブレターチューニングにおいては禁断の領域とでも言うべき、メインノズル形状に手を入れることで、霧化特性とレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。装着も、ジェット交換感覚で容易なものです。
これはもう、CRキャブレターの加速フィーリングではありません。
ベンチテストにおいても、トルク、出力ともに向上することを確認しています。それも、全回転域において・・・


インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

開発経過はこちらにまとめてありますので、ぜひ、じっくりとお読みください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-29.html

ご購入のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





オートバイという乗り物は、スロットルワークでコントロールするもの・・・
何をいまさらと言われるかも知れませんが、何かの目的を達成しようとした場合、こういった根源的なことについて俯瞰的に見るということは重要なことです。換言すれば、「そもそも何がしたいのか」ということを明確に意識するということです。

オートバイに乗っているとき、スロットルを握る右手の動きに対し、エンジンがリニアに過不足なくレスポンスし、その駆動力が、乗り手のイメージしたとおりにリアタイヤの接地面から路面に伝達される・・・こういう状態を作り出すことができれば、そのオートバイは、乗り手にとって、思い通りに操縦することができる、楽しくも気持ち良いものになります。

キャブセッティングを煮詰める目的も、つまるところはここにあるわけですし、レーシングマシンでさえも、ライダーにとっていかにコントローラブルなものにするかが勝負の分かれ目になるということからしても、その重要性が理解できるのではないかと思います。
オートバイを構成する全ての部品が、この目的に向かって調和したときにこそ、その快感パフォーマンスが生まれるといっても過言ではないわけです。

さて、これまでにも散々に記事掲載してきたところですが、右手で操作するスロットルグリップと、スロットルバルブの動きをいかにリニアに連動させるか・・・そこにおいて配意すべき事項は多岐にわたります。
そのうちのひとつが、両者を連結するスロットルワイヤーという部品ですが、一般的には、遊びの調整や給油などが、そのメンテナンス調整の柱として言われているところですね。
それは当然のこととして、意外と意識されていないことが、その取り回しです。

ちょっと試してみていただきたいことがあります。
実際の走行状態ではありえないことですが、単体のスロットルホルダーと単体のキャブレターを接続して、その間のスロットルワイヤーをまっすぐにした状態で操作してみるのです。この状態が、いかに軽くてスムーズなのか、きっと貴方は驚くに違いありません。
実際の装着状態におけるスロットルワイヤーは、最低でも1か所の曲がりを設けることになるのですが、この、たった1か所の曲がりが、いかに抵抗、フリクションを生むのかということを認識して欲しいということです。

また、装着状態において、スロットルワイヤーのどこか1か所を指でつまんで曲げ、その状態でスロットル操作をしてみてください。
さらに加わった抵抗感に、また驚くに違いありません。

そう、ハンドルバーに装着されたスロットルホルダーから、キャブレターのスロットルワイヤーブラケットまでの間の曲がりをいかに少なくするか、そして、最低でも1か所は設けなくてはならない曲がりのアールを、いかに緩やかなものにするか・・・その効果の大きさと重要性を知って欲しいということです。

途中には、メーター周り、フロントフォーク、フレーム、ワイヤーハーネス、点火コイルなどの障害物が山ほどありますが、それらをいかに避けつつも、最小の曲がりで済ませるような工夫を凝らすことが重要です。そのためには、周辺部品の移設などもするべきです。たとえば、点火コイルの配置場所よりも、スロットルワイヤーの取り回しの方が優先です。
しかし、残念なことに、現実はスロットルワイヤーの方がクネクネと周囲の障害物を避けるように取り回されているというものが散見されるところです。
私の感覚では、そんな状態のものは、どんな理由があれどもNGです。
どんなに高価なカスタムパーツを山のように投入しても、数か月間の収入に匹敵するようなお金を投入してカスタムマシンを仕上げたとしても、スロットルワイヤーの作動が渋いというだけで、全ては台無しです。


さて、そろそろ今日の本題に入ります。

スロットルワイヤーの取り回しを、いかにスムーズに曲がりを少なくするか、別にセオリーがあるわけではありません。
自分のマシンの状態を見て、可能な限りまっすぐになるように工夫を凝らすだけのことです。

これは、CRキャブレターのスロットルワイヤーブラケットですが、様々な形状や角度のものが用意されているのです。
向かって左側のものが、4連CRキャブレターの多くに標準装備されているものですが、その右側にあるのは、取り出し方向がより前傾しているものです。
さて、私のGS1000にはどちらがベターなのか・・・

RIMG9562.jpg






これは、標準装備のものです。

RIMG9565.jpg






これは前傾しているものです。

RIMG9566.jpg







キャブレター単体ではイメージできませんね。
これが、私が使用している、前傾タイプを使った装着状況です。

RIMG9438.jpg





こちらの方が、スロットルワイヤーの曲がりが少なくなり、標準タイプから交換した場合の体感差は、決して無視することができないレベルになります。
ただ、シリンダーヘッドカバーとのクリアランスはギリギリですね。
もし、もう少し短いスピゴットを使ったとしたら、ワイヤーとヘッドカバーは干渉してしまいます。
また、カワサキZなどに、コックとの干渉を避けるための短いスピゴットを使った場合も干渉は避けられないところです。
Z1000J系マシンであれば、長いスピゴットを使いますので、もしかすると使えるのかもしれませんね・・・やってみなくちゃわかりませんが・・・
いずれにしても、いったん切断し、角度と長さを変えて再溶接するなどすれば、いくらでもあつらえることができるものですので、そういうこだわりのブラケットを製作してみるのもいいかもしれません。

ちなみに、ビトーリリースのGSX1100S刀用には、この前傾タイプのブラケットが標準で装着されているのですが、この前傾タイプ、実は、ケーヒンがヤマハSR用として設定したものだったりします・・・










Mノズルを装着してみたいけれど、自分でやる自信はないし、作業依頼するショップも近くにないという方は、「ファクトリーまめしば」までキャブレターを送ってください。
到着の翌日までには組み付けて返送いたします。
日曜日に外して発送すれば、その週のうちには装着されて戻って来るということです。
その際、必要なリセッティングガイダンスなども併せて行うこともできますので、どうぞ活用していただければと思っています。

組付けのみの基本工賃は、4連で3,150円と格安に設定することにします。

一連の流れとしての組付け要領については、こちらにまとめてありますので、作業の際は、まずこれを熟読した上にてお願いいたします。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-799.html




5月3日から5月6日までを計画している、四国弾丸ツーリングですが、初日往路のスケジュールは下記のとおりとなります。
参加者を含めた詳細はこちらに書いてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1179.html


5月2日 足柄SA 集合 23:00
5月3日 足柄SA 出発 00:00
                      167km 
    浜名湖SA到着 01:40
         出発 02:10
                      147km
    土山SA 到着 03:40
         出発 04:10
                      109km
    西宮名塩 到着 05:10
         出発 06:00
                 阪神高速 60km
    淡路SA 到着 06:20
         出発 07:00
                      136km
    高松檀紙 到着 09:00
 
淡路SAのあとは、上記のとおり高速利用とするか、鳴門ICで降りて、高松まで平場で行くかは、時間を見て判断しようと思っています。
初日の集合場所である、高松市内のバイクショップ「ノイズさん」には、昼食後の午後に到着を目途としています。


また、強風等で、明石海峡及び鳴門海峡が横断できない場合は、瀬戸大橋を渡ることになりますので、西宮名塩SAで判断します。

(瀬戸大橋に迂回する場合)

   西宮名塩   出発  06:00
                        141km
   吉備SA   到着  07:30
          出発  08:00
                        44km
   与島PA   到着  08:30 
          出発  09:00
                        30km 
   高松西 IC 到着  09:30






まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
まめしばに励ましのクリックをどうぞよろしくお願いいたします。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ