Entries

CRキャブレターのエアリークジェット(ALJ)と同調調整

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ガンバレまめしば・・・皆様の応援が唯一の支えです。今日も応援ワンクリックをどうぞお忘れなきようにお願い致します。




CRキャブレターへのPS追加加工については随時受け付けをしておりますが、次回の加工予定は5月ころになります。
また、当方にて新品CRキャブレターを入手し、これをベースとすることも可能ですので、併せてご検討いただければと思います。
オーダーに際しては、こちらのご案内をお読みいただいた上にてお願いいたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html
2月末日までにキャブレター本体を送付いただいた方々のものについて、先日、穴あけ加工が終了いたしました。これから順次組立作業にかかりますので、納期については、個別にご案内いたします。一晩に2~3機を組み上げるのが精一杯ですので・・・



CRキャブレター用「Mノズル」
価格
1個 3,990円(税込)


DSC05362.jpg

DSC05048_20101210155011.jpg


キャブレターチューニングにおいては禁断の領域とでも言うべき、メインノズル形状に手を入れることで、霧化特性とレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。装着も、ジェット交換感覚で容易なものです。
これはもう、CRキャブレターの加速フィーリングではありません。
ベンチテストにおいても、トルク、出力ともに向上することを確認しています。それも、全回転域において・・・


インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

開発経過はこちらにまとめてありますので、ぜひ、じっくりとお読みください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-29.html

ご購入のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





CRキャブレターの重くてスティッキーなスロットルフィーリングをいかに改善するか・・・このテーマについて、私は執念を燃やし続けてきました。
PEEK製スロットルバルブやリンクロッドなどのまめしばスペシャルパーツは、まさにこれを目的としたものですが、その他にも、使える手立ては全て講じるというスタンスを取り続けています。
ひとつひとつは小さなことも少なくないのですが、操作フィーリングを向上させようとした場合、重箱の隅を突きまくるしかないというのが現実です。

そのうちのひとつに、エアリークジェット(ALJ)を活用するという手法があります。
これだけで劇的に良くなるというほどのことではないのですが、一定の効果があるというのも事実です。
最近はほとんど記事上では取り上げていませんでしたので、「それって何?」という方も少なくないと思いますので、ここで簡単に解説しておきましょう。

最初に、その効果の実体について書いておきます。
「スロットルバルブ上の空間に吸入負圧を導入することで、スロットルバルブの引き上げをアシストする」
早い話が、エンジンの吸入負圧でスロットルバルブを吸い上げてやろうということです。

場所はここです。
スロットルリンクの下付近、赤矢印で示した穴の奥にあります。

RIMG9127.jpg






ベンチュリー側から見ると、ここです。
スロットルバルブが閉じているとき、ここには大きな吸入負圧がかかりますので、それをスロットルバルブ上の空間に導入するのです。

RIMG8894_20120327142642.jpg






通常、スモールボディーのCRキャブレターでは、ここには穴なしの0番が入っていますが、ビッグボディーでは50番程度の穴ありジェットが入っていて、ALJを生かした状態にしているものがあります。
ちなみに、私は100番を入れているのですが、こんな番手はケーヒンでは設定されていません。1mmのドリルで穴あけをして100番を作っているんです。

そんな、メーカーが設定していないような番手を使って、何か問題はないのか・・・なんて声も聞こえて来そうですが、全くないとは言わないけれど、気にしなければ大丈夫・・・というレベルかな・・・それでも心配と言うなら、やらなきゃいいだけのことです。

そうそう、このALJ、取り外すときにはさしたる問題はないのですが、入れる時には注意してくださいね。リンクレバーと干渉して、ドライバーがまっすぐにアクセスできませんので、斜めにねじ込んでしまいがちです。
まあ、キャブレターを完全分解してタップを通せば大丈夫なのですが・・・


ALJを生かすことによる最大の問題点というか、落とし穴がありますので、今日は、そのことについて書いてみましょう。
なぁに、私も最初からわかっていたわけではないのです。
まあ、かつては、はまったんです・・・


ここのところ、スロットルバルブを何度か脱着しましたので、負圧同調を取り直してみました。
この、負圧による同調調整、何がなんでもやらなくてはいけないというほどではありませんが、ピタリと決まった時の気持ち良さを知ってしまうと、やはりやっておきたいというのも事実です。

ショップなどに依頼すると、まあ、けっこうな工賃を取られてしまいますので、こういう作業は自分でやるに限ります。
簡易タンクもペットボトルを廃物利用した自作品です。

RIMG9372.jpg






さて、ここで問題が発生します。
同調調整をするためには、当たり前のことですが、トップカバーを外します。
するとどうなるのか・・・そう、二次エアーをガンガン吸ってしまうんですね。
通常時には、トップカバーでふたをされていて、外気と遮断されていたところ、これを外すことで吸うようになるんです。当たり前ですね・・・
そうなると、アイドリング付近ではひどく空燃比が薄くなってしまって、回転もバラバラと定まらない状態になってしまい、とてもではありませんが、きちんとした負圧同調など取れなくなってしまうんです。

そこで使うのが、こんなスペシャルツール・・・
爪楊枝です。
これを、ALJに差し込み、簡易的に栓をしてしまうのです。

RIMG9367.jpg






さて、同調調整も無事に完了です。

RIMG9371.jpg






そうそう、ALJの効果ですが、スロットルバルブの引き上げアシストと書きましたが、裏を返せば、戻りの阻害という要素もあります。
想像してみれば簡単なことです・・・
スロットルバルブが全閉に近づくにつれて、急激に高まる吸入負圧によって、スロットルバルブを上に、つまり、開く方向に吸い上げる力が加わるのですからね。

そして、もうひとつ・・・急激には戻りにくくなるのですから、スロットルを戻した瞬間のバックトルクフィーリングも変わります。

言いたいのは、ひとつの効果を狙って何かをすれば、他の要素も変わってしまうということです。
これは、問題があるとかないとか、そういう単純な話ではなく、付随して発生する様々な変化をどのようにコントロールするのか、そして、本当の目的は、乗り手である自分が、気持よく扱いやすいものと感じるものに仕上げるということです。

そこに必要なことは、何が起こるのかを予測する想像力と、変化を敏感にキャッチする体感センサー、そして、好みのフィーリングを探して試行錯誤を繰り返す執念ということです。





5月3日から5月6日までを計画している、四国弾丸ツーリングですが、初日往路のスケジュールは下記のとおりとなります。

5月2日 足柄SA 集合 23:00
5月3日 足柄SA 出発 00:00
                      167km 
    浜名湖SA到着 01:40
         出発 02:10
                      147km
    土山SA 到着 03:40
         出発 04:10
                      109km
    西宮名塩 到着 05:10
         出発 06:00
                 阪神高速 60km
    淡路SA 到着 06:20
         出発 07:00
                      136km
    高松檀紙 到着 09:00
 
淡路SAのあとは、上記のとおり高速利用とするか、鳴門ICで降りて、高松まで平場で行くかは、時間を見て判断しようと思っています。
初日の集合場所である、高松市内のバイクショップ「ノイズさん」には、昼食後の午後に到着を目途としています。


また、強風等で、明石海峡及び鳴門海峡が横断できない場合は、瀬戸大橋を渡ることになりますので、西宮名塩SAで判断します。

(瀬戸大橋に迂回する場合)

   西宮名塩   出発  06:00
                        141km
   吉備SA   到着  07:30
          出発  08:00
                        44km
   与島PA   到着  08:30 
          出発  09:00
                        30km 
   高松西 IC 到着  09:30





※ 必見
いよいよ具体的にスタートです。プロヘッドモーターファクトリーの変態林田さんによる、「まめしばCR-Mフルスペックバージョン」のテストインプレです。
http://prohead.blog83.fc2.com/blog-entry-448.html





まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ガンバレまめしば・・・皆様の応援が唯一の支えです。今日も応援ワンクリックをどうぞお忘れなきようにお願い致します。



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ