Entries

GS1000「2号機」のレストア計画 その1(ダブルディスク化の準備)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みいただいたら、応援のワンクリックをお願いします


CRキャブレター用「Mノズル」
価格
1個 3,800円


DSC05362.jpg

DSC05048_20101210155011.jpg


キャブレターチューニングにおいては禁断の領域とでも言うべき、メインノズル形状に手を入れることで、霧化特性とレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。装着も、ジェット交換感覚で容易なものです。
これはもう、CRキャブレターの加速フィーリングではありません。
ベンチテストにおいても、トルク、出力ともに向上することを確認しています。それも、全回転域において・・・


インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

開発経過はこちらにまとめてありますので、ぜひ、じっくりとお読みください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-29.html

ご購入のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





先日、スペアエンジンを入手したことについてご報告いたしました。
最初は、エンジン単体で探していたのですが、まあ、様々な経緯があって、車体まるごとになってしまったのですが・・・
その記事はこちらです。

「スペアエンジンを入手したらオマケが・・・」
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1138.html


GS1000まめしば号の走行距離も、10万kmまであとわずかという状態になっていますので、さすがにこのあたりでエンジンオーバーホールをしなくてはなりません。
とは言うものの、依然としてオイルを吐くわけでもなく、とりあえずは普通に走っているというあたりからも、このGSエンジンの耐久性を証明するところですよね。
かつて、横内さんが、
「GSエンジン、壊せるものなら壊してみろ」
と口癖のように言っていたのを思い出し、
「あの話は本当だったんだな・・・」
といまさらながらに実感しているところです。

とまあ、私の意識はまめしば号の新エンジンをどんな仕様にするかに向いているのですが、そこでハタと・・・
「ところで、この車体をどうするか考えなくてはならない・・・」
ということに気付いたという次第です。

このエンジン付き2号機?・・・実にいいコンディションなのです。
ひととおり簡単な整備をするだけで、そのまま走り出すことが可能なくらいなのですね。

周囲からも、
「おい、あの車体はどうするんだよ、全く・・・」
なんて言われているところですので、さて、どうしましょうか・・・

とりあえず、まめしば号のエンジンをノーマルスペックでフルオーバーホールして載せてやれば、一台できてしまうのですから、まあ、そこまでやった後にゆっくり考えましょうね。

完全ノーマルの完調マシンを一台持っているというのも悪くない・・・でも、果たして自分が乗るだろうか・・・なんていうことも危惧するのですが、まあ、その時の気分で決めればいいことです。


ということで、新しいカテゴリーを設けて、このGS1000「2号機」のレストア計画とでも名付けてやることにしました。

GS1000「2号機」レストア計画
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-49.html



あれこれとチューニングパーツを組み込むのは簡単なことですし、やろうと思えばいつでもできることですので、とりあえず目標は、ノーマルベストの状態なのですが、私の趣味としては、オリジナル部品にこだわるなどということはするつもりもありません。
同年代の同系マシン純正部品もフルに活用して、実質的な意味でのベストコンディションを目指すということにします。

当然のことですが、30年前と現代の交通状況は大きく異なりますし、タイヤやブレーキパッド、エンジンオイルなどの消耗部品も格段の進化を遂げていますので、それらを考慮した上で、安心して快適に走れる仕様・・・でも、ノーマルルックは崩さないというところかな・・・

現在のまめしば号には、様々な変態チューニングを施してしまい、とても30年前のマシンとは思えないようなフィーリングになっていますので、それとの対比という意味でも、こういったノーマルベストマシンの存在意義があるように思えてきました。


そうと決まれば、各部の仕様について具体的に決める作業と、それに向けての部品収集作業の開始です。

まず気になるのは、フロントブレーキがシングルディスクということです。
実はこれ、仕向け地によって存在した、いわば廉価版とでも言うべき仕様なのです。
そう、ダブルディスク仕様が標準で、それに対して存在したバリエーションモデルというわけです。
まあ、こういうベーシック仕様を選択するオーナーは、ハードにガンガン走ったりはしないでしょうから、そういう意味でも、きれいに現存するGS1000には、このシングルディスク仕様が多いように感じます。
まめしば号も、もともとはシングルディスクのスポークホイール仕様だったんですよ。

RIMG8897_20120209150007.jpg






とは言うものの、さすがにこれは、日本の混雑した交通状況下においては、あまりに止まらないんです。また、欧米人のように握力もありませんしね・・・

話は簡単です、同じGS1000のダブルディスク仕様車の右アウターチューブを使えば、簡単にダブルディスク仕様にすることができます。
GSX1100S刀のものでもいいのですが、あのANDFが付いているのは外観的にちょっとイヤですね・・・
しばらく探したのちに、なかなかの程度のものを入手することができました。
1979年式のGS1000S用フロントフォークアッシィです。

RIMG9082.jpg





インナーチューブの曲がりもなく、点錆もごくわずかですので、十分に使用可能なものです。

RIMG9083.jpg






片側からはオイル漏れをしていますが、まあ、どうせ完全分解してフルオーバーホールしますので問題はありません。
それよりも、オイルシール周りに錆がないところがいいですね。

RIMG9087.jpg

RIMG9088.jpg






さて、ブレーキキャリパーは・・・そう、これにはGSX1100S刀、それも、後期型用の純正キャリパーを使うことにしました。
このキャリパーには、ベスラーから最新のシンターメタルパッドが出ていますので、なかなかのパフォーマンスを得ることができるんです。
このとおり、完全ボルトオンです。
誰も、流用部品だなんて気づかないですよね。
もちろん、内部まで完全オーバーホールするのは言うまでもありません。

RIMG9090.jpg






そうそう、このGSX1100S刀のノーマルフロントブレーキについて、巷の評判は最低なのですが、その原因の多くはブレーキローターにあると私は思っています。
GSX1100S刀のブレーキローターは、相当に深いオフセットの一枚ものである上、厚さも薄いものになっていますので、ちょっと熱が入ったときの熱歪が大きいのです。
ノーマルパッドを使っていればさほどでもないのですが、その場合には相当な握力を要します。
そこで、ミューの高い社外品パッドに交換すると、軽い引きで効くようにはなるものの、握り込んでいくとローターが反ってしまってスポンジー極まりないフィーリングになってしまうのです。

そこで使うのが、GS1000のノーマルローターです。
これは、厚みも十分ありますし、リジッドマウントではあるものの、リベット留めによる2ピース構造になっていますので、はるかに熱歪が少ないのですね。
こっちの方がコストもかかるはずですし・・・


まあ、こんな調子で、少しずつ部品を集めていきますか・・・
すでにストックしているものもありますので、さほどお金を使うことなく仕上げることができそうです。







CRキャブレターへのPS追加加工については、随時受付をしております。
また、当方にて新品を入手し、これをベースとすることも可能です。



先日より、ウオタニさんの製品を取り扱うこととなりました。
早速、特注SP-2、GS/GSX用三次元マップ仕様を2セットほどオーダーしたのですが、入荷するのが楽しみです。
その他、CRキャブレターへのTPS装着サービスと同時に、私方にてZ用SP-2を用意することも容易になったというわけです。TPS装着と点火時期セッティングは切っても切れない関係にありますので、これが本来あるべき姿ではないかと考えているところです。
また、今年中、それも前半までには、FCRへのTPS装着サービスもスタートする計画ですので、ますますスムーズにセット提供することができますね。







まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、その他、CRキャブレター関連のあらゆる部品とサービス
5、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
6、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
7、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム
10、ASウオタニ製品

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みいただいたら、応援のワンクリックをお願いします



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ