Entries

BT39SS&BT090 装着作業とシェイクダウンのインプレ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みいただいたら、応援のワンクリックをお願いします


CRキャブレター用「Mノズル」
価格
1個 3,800円


DSC05362.jpg

DSC05048_20101210155011.jpg


キャブレターチューニングにおいては禁断の領域とでも言うべき、メインノズル形状に手を入れることで、霧化特性とレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。装着も、ジェット交換感覚で容易なものです。
これはもう、CRキャブレターの加速フィーリングではありません。
ベンチテストにおいても、トルク、出力ともに向上することを確認しています。それも、全回転域において・・・


インプレ集(必読です)
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

開発経過はこちらにまとめてありますので、ぜひ、じっくりとお読みください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-29.html

ご購入のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





昨日に引き続き、今日の記事は、新しい組み合わせにて装着したタイヤについて、その交換作業風景とシェイクダウン走行のインプレです。
まあ、インプレについては、ちょっと慣らしがてらに真鶴旧道あたりを100kmほど走っただけですので、あまりあてにはなりません。


交換作業を行ったのは、まめしばサポートショップでもあるSBS西鎌倉です。
ここの店主の猪俣さんは、かつてタイヤショップで修行を積んだ経験も持っていますので、タイヤに関してもエキスパートです。確実な作業はもとより、豊富な知識と経験に基づいて、それぞれにマッチしたタイヤセレクトをしてくれますよ。
タイヤ交換を予定している方は、ぜひSBS西鎌倉で作業依頼してみてください。

そうそう、確実な作業を安全に行うためには、きちんとした段取りが大切です。
このようにして、リフト上に載せた上で前後スタンドを使って前後輪を上げます。
作業者が楽な姿勢を保持するということも、いい作業のためには重要なのです。

猪俣さんは、フロントのダイナミックバランス作業中です。
私は、外した部品のひとつひとつに異常がないかを点検し、きれいに拭き上げるという作業をしていたんです。
前後ホイールを外したついでにやるべきこと・・・それは少なくありません。

RIMG8972.jpg






今回のタイヤ交換のついでにやりたかったことは、フロントホイールのディスタンスカラーサイズの確認です。
何のためかって・・・フロントアクスルシャフトを17mm化するための準備です。
現在、マエカワエンジニアリングさんで、GS/GSX用のフロンント用17mmアクスルシャフトと、その付帯部品を製作中ですので、まずは私のマシンでテストしなくてはなりません。そのために、内径17mmのディスタンスカラーを製作する必要もありますので、その採寸をしたということです。

アドバンテージイグザクトホイールのディスタンスカラーは、実に凝った造りでした。
見えないところにもしっかりコストがかかっている・・・いいホイールです。

RIMG8976.jpg






これまでに履いていたBT023は160/60-18でしたが、今回新しく履くBT090PROは150/60-18ですので、当然にタイヤ外径が異なります。
カタログ表記では直径で8mmの差なのですが、それをそのまま鵜呑みにするわけにはいきません。
タイヤサイズのカタログ表記なんて、本当にあてになりませんので、つまるところは実測する以外に方法はないということです。
ちなみに、組み付けた状態での実幅は、両者に違いはない・・・どころか、表記上では狭いはずのBT090PROの方が広かったというのが現実です。まあ、別に驚くことではありません。
ちなみに、同じサイズ表記でも、BS製よりもDL製の方が実幅では広い傾向にあります。そして、その差は驚くほどの違いだったりします。
ほとんどの人は、サイズ表記が同じであれば、幅やハイトなどの各サイズは同じであろうと思っているようですし、ましてや、タイヤカタログに記載してある各サイズデータと実際のデータがこれほどまでに違うとは思っていないのかもしれませんが、これが現実です。
もっと言えば、同じタイヤでも、組み付けるリム幅によって相当に違ってきます。それも、許容リム幅の範囲内での話ですよ。

RIMG8977.jpg






さて、前後タイヤ交換を完了しました。

RIMG8984.jpg

RIMG8985.jpg

RIMG8986.jpg






そして、シェイクダウン走行前には、リアタイヤの外径が小さくなったことによる車体姿勢の変化を補正するために、とりあえずリアサス長を伸ばす方向にてプリセッティングします。

RIMG8982.jpg






しかし、これはただの初期的な姿勢を合わせるというだけのことです。
リアサス長を長くしたことによる他への影響があることも忘れてはなりません。
場合によっては、リアサス長を延長することと併せて、フロントの突出し量やイニシャル量、はたまた油面までいじることだって考える必要もあります。
前後姿勢バランスを補正するために、リアサス長を伸ばしてリアの車高を合わせるだけでは済まないこともあるということです。
極端な話、リア車高はそのままに、フロントを下げることで補正するという選択だってあり得ることです。
現に、この日、走行しながらいくつかのセットを試しましたが、リアをわずかに上げるのみに留め、フロント突出しを1.5mmほど増やした上でイニシャルをちょっとかけた状態にしてあります。タイヤ交換前と比較すると、前後を均等に下げた状態ということです。

別にそこまでしなくてもマシンはちゃんと走るのですが、より気持ち良く楽しく走るために、もっと良いセットはないかと探す作業をしたいというだけのことです。
まあ、この1セット目では、BT090PROというリアタイヤの特性を体に馴染ませてやり、次の2セット目で最終的に煮詰まった状態になればいいかな・・・
私には、乗りこなすスキルが乏しいですので、まあ、こんなものです。



さて、慣らし走行時のフィーリングですが、路面温度も低く、時折みぞれが降る中での走行でしたので、はっきり言ってなんとも言えません。
ただ、リアタイヤのハイトが低くなった分、やや路面のアタリがきつい感じになったのは事実です。その反面、駆動力がかかった時のリニア感やダイレクト感はいくばくかアップというところでしょうか・・・
あと、それなりにワインディングも走ってみましたが、立ち上がり時にスロットルオンした時の旋回性はちょっと期待できるかな・・・
でも、もうちょっといい条件下でちゃんと走り込まないとわかりませんし、前後のサス設定もきちんと煮詰める必要があります。

なにせ、従来の組み合わせにおいて、すでに不満のない状態になっていたのですから、全てにおいてそれを凌駕することができるなんて考えていません。
この組み合わせ、サーキットユースではすでに実績と定評を持つものですが、ストリートユースにおいて、従来の組み合わせと比較して良くなるところもあれば悪くなるところもあるはず・・・でも、それが私にとってどういうものであるか、そこが問題の本質ということです。






先日より、ウオタニさんの製品を取り扱うこととなりました。
早速、特注SP-2、GS/GSX用三次元マップ仕様を2セットほどオーダーしたのですが、入荷するのが楽しみです。
その他、CRキャブレターへのTPS装着サービスと同時に、私方にてZ用SP-2を用意することも容易になったというわけです。TPS装着と点火時期セッティングは切っても切れない関係にありますので、これが本来あるべき姿ではないかと考えているところです。
また、今年中、それも前半までには、FCRへのTPS装着サービスもスタートする計画ですので、ますますスムーズにセット提供することができますね。








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、CRキャブレターへのPS追加加工サービス
4、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
5、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
6、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
7、CRキャブレター用ショートスピゴット
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
まめしばアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みいただいたら、応援のワンクリックをお願いします



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: タイヤの件では無いのですが、、、 

ノビワンさん
これ、デイトナ製のブラストバリアという製品です。
なかなか使えるものですよ!!

> スミマセン、タイヤへの質問では無いのですが、まめしばさんがGS1000に付けている透明のヘッドライト・カウルは何処製の物なのでしょうか?渋くてカッコいいですね!真似っこしちゃおうかな?(笑)
> それでは、また。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2012.02/03 16:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

タイヤの件では無いのですが、、、 

スミマセン、タイヤへの質問では無いのですが、まめしばさんがGS1000に付けている透明のヘッドライト・カウルは何処製の物なのでしょうか?渋くてカッコいいですね!真似っこしちゃおうかな?(笑)
それでは、また。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ