Entries

PEEK製リンクロッド組み付け時の留意事項

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みの貴方、最近、応援クリックを忘れちゃいませんか・・・よろしくお願いします!!



CRマニアの夢が現実に・・・CRキャブレターへのパイロットスクリュー加工サービスを開始いたしました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html



自分のマシンをいかに気持ち良く走らせるか・・・
これは、私が長年にわたって趣味として追求し続けてきたテーマです。
そして、このようにしてユーザーサイドにいた私ですが、自分が使うために考案し、製作した部品について、いつしか多数の引き合いをいただくようになり、気づくと供給する側に立っていたのです。
そして、2011年3月、様々な葛藤の末、「ファクトリーまめしば」としてスタートするに至りましたが、自分で使いたいと思うようなものをデリバリーするというスタンスに変わりはありません。
バイク部品を扱う屋号が「まめしば」なんていうのはちょっとどうかなとも思ったのですが、すでに定着してしまったHNですので、いまさら他の名前にするわけにもいきません。
こんなことになるんだったら、最初にHNを決めるときにもっと考えておけば良かったなんて後悔しても、あとの祭りということです。



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CRキャブレターへのPS加工について、予約を受付中です。
まだ予約受付期間中なのですが、予想以上の数量になってきましたので、一連の処理をスムーズに行うため、順次、キャブレターの送付依頼をしているところです。
よって、加工を検討中の方は、可能な限りお早目のご予約をお願いいたします。
穴開け加工については、ロット処理をすることとなっていますので、ご予約が遅れた場合、納期未定ということになりかねません。
ご予約にあたっては、こちらに案内記事を書いていますので、良くお読みいただいた上にてメールをいただければと思います。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html



現在、パイロットスクリュー追加加工のために、多数のCRキャブレターをお預かりして分解中ですが、その中には、私がデリバリーしてきたPEEK製リンクロッドやスロットルバルブなどを組み込んだものも多数含まれているところです。
それらについて、ちょっと作動性に問題があるものがいくつかありましたので、そのことについてご案内させていただきます。

私がアッシイ組み付けをしたものについては問題ないのは当然のことですが、リンクロッド、特にショートリンクロッドをご自身の手によって組み付けたものに問題がある傾向にあります。

まず、以前にも書いた内容ですが、下記の手順について再確認をお願いします。


DSC09661-1.jpg


1.「1」のロックボルトをマイナスドライバーで緩めて、リンクアームとスロットルシャフトの固定を解除する
2.「2」のアジャストナットをわずかに緩める
3.「3」のリンクプレートボルトを緩める
4.全てのボディーについて、上記1から3の状態にする
5.2番ボディーのアジャストナットを適宜締め込み、ロックボルトを締め込んでロックする
6.プーリーを指で回して抵抗感を把握する
7.2番ボディーのリンクプレートボルト「3」を締め込み、リンクプレートとスロットルバルブを固定する
8・プーリーを指で回して抵抗感を把握する

この状態で、2番のスロットルバルブ周りのみの抵抗感を見ていることになりますが、これを同じ手順で4番まで全てのボディーについて行うのです。
ここが極めて重要なところです。
ひとつのボディーのスロットルバルブとリンクレバー、スロットルシャフトを固定したら、都度、必ず作動性の確認をしてください。
一か所を固定したら渋くなったとか重くなったという場合には、そこに問題があるということですので、それを解決しなければ、所定の機能性を発揮することはできません。
そもそも、PEEK製リンクロッドについては、STDリンクロッドよりも大幅にクリアランスを詰めてありますが、これは、スプリングテンションをかけることなく機能させることで、大幅なフリクション低減を狙ったものです。
しかし、組み付け精度についても、極めてシビアに要求されるようになるということを忘れてはならないのです。
スロットルシャフト、リンクレバー、リンクプレートの3本の軸の平行度について、STDリンクロッドでは全く問題とならなかったレベルのものであっても、このPEEK製リンクロッドでは大問題になります。クリアランスを詰めた分だけ、公差要求度も飛躍的に高くなるのです。
つまり、ケーヒンがCRキャブレターのこの部分に設定した公差値は、全く無意味なものになるということです。
場合によっては、手作業による修正が必要なケースも少なくありません。

また、ショートリンクロッドの組み付けについても注意が必要です。
たとえば、CR29に-2mmのリンクロッドを組み付ける際に、同調調整ナット及びスロットルストップスクリューの設定をそのままにした場合、リンクロッドが2mm短くなった分だけスロットルバルブが上がった状態になります。
それを下げるため、まずはスロットルストップスクリューを反時計回りに回し、スロットルバルブを下げることになるのですが、これだけでは下げ切れないケースも出てきます。
原因は、同調調整ナットの固定位置が、スロットルバルブが高くなる方向に寄っていることにあります。
この調整幅内の、最もスロットルバルブが下がる位置に合わせることが必要になるということです。

そして、ここからが重要です。
同調調整ナットを、スロットルバルブが下がる方向に寄せ過ぎた場合、今度は、リンクロッドが「猿手」の状態になってしまうのです。そうすると、今度は、スロットルシャフトを開き方向に回転させても、回転始めの部分ではリンクロッドの猿手状態から離脱するまでの間、スロットルバルブがリフトしないという、極めてまずい状態になってしまうのです。
つまり、スロットルバルブがきちんと下がっていて、かつ、リンクロッドが猿手にならないポイントに収める必要があるということです。

言葉で表現するのはなかなか難しい部分もあるのですが、ここに書いた内容について、
「ああ、そういうことね。」
と理解することができないのであれば、それは、ご自身で組み付けることは難しいということになりますので、注意が必要です。

今回、お預かりしたものの中には、まさにそういう状態になっていたものが含まれていたということです。






まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、クロモリスイングアームピボットシャフト(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
5、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
6、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
7、CRキャブレター用ショートスピゴット
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みの貴方、最近、応援クリックを忘れちゃいませんか・・・よろしくお願いします!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ