Entries

ストレイガNGCエキゾースト GS1000用ノーマルメガホンタイプ黒皮仕様

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みの貴方、最近、応援クリックを忘れちゃいませんか・・・よろしくお願いします!!



CRマニアの夢が現実に・・・CRキャブレターへのパイロットスクリュー加工サービスを開始いたしました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html



自分のマシンをいかに気持ち良く走らせるか・・・
これは、私が長年にわたって趣味として追求し続けてきたテーマです。
そして、このようにしてユーザーサイドにいた私ですが、自分が使うために考案し、製作した部品について、いつしか多数の引き合いをいただくようになり、気づくと供給する側に立っていたのです。
そして、2011年3月、様々な葛藤の末、「ファクトリーまめしば」としてスタートするに至りましたが、自分で使いたいと思うようなものをデリバリーするというスタンスに変わりはありません。
バイク部品を扱う屋号が「まめしば」なんていうのはちょっとどうかなとも思ったのですが、すでに定着してしまったHNですので、いまさら他の名前にするわけにもいきません。
こんなことになるんだったら、最初にHNを決めるときにもっと考えておけば良かったなんて後悔しても、あとの祭りということです。



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CRキャブレターへのPS加工について、予約を受付中です。
まだ予約受付期間中なのですが、予想以上の数量になってきましたので、一連の処理をスムーズに行うため、順次、キャブレターの送付依頼をしているところです。
よって、加工を検討中の方は、可能な限りお早目のご予約をお願いいたします。
穴開け加工については、ロット処理をすることとなっていますので、ご予約が遅れた場合、納期未定ということになりかねません。
ご予約にあたっては、こちらに案内記事を書いていますので、良くお読みいただいた上にてメールをいただければと思います。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html



NGCエキゾーストがモチーフとしたのは、今を遡ること33年前、1978年第一回鈴鹿8時間耐久レースにおいて、あの、無敵艦隊と呼ばれたホンダRCBを撃破して見事に優勝を飾った、ヨシムラGS1000Rです。
そう、NHKのプロジェクトXでその雄姿をご覧になった方もおいでと思います。
つまり、GS1000こそが、NGCのルーツなのですね。
私のGS1000で様々なテストを行ったのも、そういう意味では正道を行ったということです。そして、もう一台のテストマシンも、海賊船長みずっちが乗る、GS1000Sです。
これは、完全ノーマルマシンですので、それ用のデータ取りに使っているということです。

そして今回、このみずっち号を使って、ノーマルタンデムフレームに装着できるメガホンタイプを試作しましたので、そのルックスについてご紹介することにしましょう。

小林さんが、各部のクリアランスを調整した結果に完成したプロトタイプがこれです。
今後、GS1000のノーマルタンデムフレーム用メガホンタイプについては、この形になるということです。

RIMG8456.jpg

RIMG8457.jpg

RIMG8458.jpg

RIMG8460.jpg



メガホンテールパイプの仕上げは、妖しい鉄肌が魅力の黒皮仕様です。
テールパイプを溶接によって形にしたあと、全体をバーナーで炙って酸化被膜を付けるのです。
使っているバーナーはポップが愛用していたものですので、これで、全体にポップの魂が注入されたということです。

この、鉄とは思えないような妖しい風合いをご覧ください。

RIMG8454.jpg


RIMG8455.jpg





この、黒皮仕様の防錆性について質問されることが多くなってきましたので、ここで解説しておきます。

黒皮というのは、鉄が大気中で熱せられることで形成される酸化被膜です。
中華鉄鍋などの黒い表面もこの黒皮なのですが、これ自体は相当な防錆性を持っているものです。
しかし、その表面には微細なひびが多数存在し、そこから酸素や水分が侵入することによって、内部の錆の進行を完全に防ぐことはできません。
ですので、手入れをすることなく放置した場合、内部に錆が進行し、それがいずれは表面にも露出するのは必至ということです。
しかし、適当な油分を補給することによって、長期間にわたって錆を防止することは可能となります。
中華鉄鍋が錆びないのもそういう理由によるものです。

私は、CRC556をシュッと吹き付けてウエスで拭き上げるという作業をすることによって手入れをしていますが、この程度のことで十分です。
ある程度、油分を吸いこみながら熱が加わった状態であれば、雨天走行後であっても、さほど錆びるということはありませんので、そう神経質にならなくても大丈夫です。
耐熱黒塗装であっても、熱が加わることで錆が進行しますので、それと大差はありません。

シートカバー保管などではちょっと心配なのは事実ですが、屋内やガレージ内に保管することができるのであれば、ほぼ大丈夫と思います。
そうはいっても、チタンやステンレスほどの防錆性はありませんので、数か月も手入れをせずに放置すれば、錆の発生は必至ですので、それなりに手入れをすることは必要となります。

この鉄黒皮仕様、高い排気熱がかかると緑青がかった色合いになったりするなど、オーナーの走り方によって表情を変えてくれるなど、まるで生き物のような魅力があります。
また、マフラーとしてはこれまでになかった処理ですので、そういう意味でも貴重な存在と思います。
なぜこれまでになかったのか・・・理由は簡単です。
在庫製品の管理が難しいからです。
まとめて生産して箱詰めしたものが、生産から数か月後に販売され、購入者が箱を開けたら赤く錆びていた・・・そんなわけにはいきませんよね・・・
ですので、形になった直後から手入れが必要ということになるのですが、それもマニアックな自虐的魅力・・・かな・・・








まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、クロモリスイングアームピボットシャフト(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
5、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
6、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
7、CRキャブレター用ショートスピゴット
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みの貴方、最近、応援クリックを忘れちゃいませんか・・・よろしくお願いします!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ