Entries

充電系のメンテナンス

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆様の応援クリックにて、さらなる元気が湧いてきます!!



CRマニアの夢が現実に・・・CRキャブレターへのパイロットスクリュー加工サービスを開始いたしました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html



自分のマシンをいかに気持ち良く走らせるか・・・
これは、私が長年にわたって趣味として追求し続けてきたテーマです。
そして、このようにしてユーザーサイドにいた私ですが、自分が使うために考案し、製作した部品について、いつしか多数の引き合いをいただくようになり、気づくと供給する側に立っていたのです。
そして、2011年3月、様々な葛藤の末、「ファクトリーまめしば」としてスタートするに至りましたが、自分で使いたいと思うようなものをデリバリーするというスタンスに変わりはありません。
バイク部品を扱う屋号が「まめしば」なんていうのはちょっとどうかなとも思ったのですが、すでに定着してしまったHNですので、いまさら他の名前にするわけにもいきません。
こんなことになるんだったら、最初にHNを決めるときにもっと考えておけば良かったなんて後悔しても、あとの祭りということです。



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CRキャブレターへのPS加工について、予約を受付中です。
まだ予約受付期間中なのですが、予想以上の数量になってきましたので、一連の処理をスムーズに行うため、順次、キャブレターの送付依頼をしているところです。
よって、加工を検討中の方は、可能な限りお早目のご予約をお願いいたします。
穴開け加工については、ロット処理をすることとなっていますので、ご予約が遅れた場合、納期未定ということになりかねません。
ご予約にあたっては、こちらに案内記事を書いていますので、良くお読みいただいた上にてメールをいただければと思います。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html


古いマシンにおいて、とにかく問題が起こりがちなのが電装系です。
特に、発電と充電系は鬼門だったりもします。

ここで取り上げられるのは、レギュレターやジェネレーターなどの各部品の経年劣化などだったりするのですが、これらの部品を新品や対策品に交換すれば全て解決・・・とはなかなかいかないのが現実です。

これらの部品が劣化したり破損したりするのは事実です。そうなったのであれば、それは交換しなくてはならないのですが、それだけでは片手落ちというものです。

通常の中排気量以上のマシンであれば、3相ジェネレーターが装備されているはずですが、これの出力は、50V以上もあるところです。
すると、このジェネレーターからレギュレターを接続しているコネクターの端子やハーネス自体にも、この高い電力を負担することによる劣化が加わります。
そこへ、経年劣化によって抵抗が増えたところが発熱し、それが更なる劣化を呼ぶという悪循環に陥るというわけです。

ですので、これらの部品を交換する場合には、関係するコネクターやハーネスの状態も確認した上で、必要な処理をしておくことが極めて重要なことになるのです。

たとえば、端子とハーネスについては、通常はカシメのみの処理となっていますが、このように負担が大きな部分については、あらかじめハンダ付けをしておくことも効果が高いところです。
カシメによる圧着とハンダで隙間なく接着された場合を比較して、どちらの抵抗が大きいのか、また、接点の腐食劣化に強いのか、それは考えるまでもないことです。
わずかな抵抗増加が発熱を呼び、それによって劣化が進行し、さらなる抵抗増加を招くのです。この事実を忘れてはなりません。
メーカーが純正部品の端子にハンダ付けをしていないのはコストの問題ですので、純正部品にやっていないからやる必要がないというのは、全くの的外れな考えですね。
自分のマシンを常に快調に維持したいと考えるなら、自分で手間暇をかけてハンダ付けをすべきということです。
見えないところに愛情を注ぐことこそ重要なことです。
つまらないトラブルや破損の原因は、ほんのわずかで些細なこと、それも見えない部分であることを忘れてはならないのです。


今回、3相ジェネレーターからの3本の出力線とレギュレターからの12Vメイン出力線そしてヒューズボックスについて、ハーネスを作り直してリフレッシュさせることにしました。


ついでと言ってはなんですが、レギュレター自体も、別の設定のものに交換しました。

これまでに使用していたのは、これです。
中古品として1,000円で入手した、GSX750S用です。

RIMG8542.jpg





これは、装着したGSX400インパルスのものです。

RIMG8543.jpg





インパルスはMFバッテリーですので、平たく言えば、MFバッテリー対応のレギュレターに交換したというわけですが、この呼び名もちょっと私的にはしっくりきませんね。
巷では、液ダボバッテリーからMFバッテリーに交換する際には、MF対応のレギュレターにしないと、バッテリーが破裂したりするなんて話を聞いたりしますが、そんなことはまず起こりません。
だいたい、MF対応レギュレターと名うって販売されているものの具体的な内容について解説されたものをお目にかかったことがありますか?

各車両のサービスマニュアルには、レギュレターの制御電圧数値が記載されているはずですが、おしなべて、MFバッテリーを搭載したマシンの方が、充電電圧が高めの傾向があるのが違いと言えば違いでしょうか・・・
つまり、液ダボバッテリー搭載マシンの方が、充電電圧が低めになっているのですが、これは、過充電による液減りを嫌ってのことと思います。
専門家の話によれば、MFバッテリーは高めの電圧と低めの電流値で充電するほうがいいということのようですが、これまでの経験則からすれば、実際には大差ないというのが私の印象です。

古いマシンにおいては、そもそもの発電量が少な目なのですから、できるだけ制御電圧が高いレギュレターを使い、それによって十分な充電能力を確保することを考えた方がメリットが大きいのではないかと思うところです。


ところで、レギュレターというのは、決して安価な部品ではありませんね。
新品で購入すると、少なくても万単位の代金を支払うことになります。
でも、中古品をうまく流用すれば、比較的安価に調達することも可能だったりします。
そのときに障壁となるのが、自分のマシンに適合するものがなかなか中古で見つからないという点ですが、そんなことを気にする必要はありません。

レギュレターなんていう部品は、基本的にどれも同じようなものですから、ほとんどのものが使えてしまったりするんです。

上の、GSX750S用レギュレターの配線を見てください。
配線が5本出ていますね。
3本は、3相ジェネレーターからの入力線です。これに極性はありませんので、どういう順番に接続してもかまいません。
1本は、12vの出力線です。
1本はアース線です。

私は、たまにヤフオクなどを覗いては、レギュレターから出ている配線をチェックし、ついでにその車種の充電電圧値を確認し、とりあえず使えそうと思われるものについて、安価に購入してストックするようにしています。
これまでに、この見立てで入手したものが使えなかったことはありません。
そう、何でもいいんです・・・

他にもいくつかのバリエーションがあるのは事実ですが、これがひとつの基本形となりますので、あとはそれぞれ接続して、きちんと充電電圧が出ているかを確認すればいいのです。
なにも、その車種用の純正部品や専用品を使わなくてはならないなどというほどシビアな話ではありません。

そんなことを気にするよりも、コネクター端子のハンダ付けやメンテナンスの方が、何倍も大切なことなのです。
財布の中身が軽い私は、知恵と工夫によってカバーするしかないんです・・・

そうそう、この時代のスズキ車に限って使える方法ですが、どうしても充電電圧を稼ぐことができない場合、極めて有効な裏ワザがあるのです。今回は、そこまでする必要はありませんでしたが・・・。






まめしばサポートショップのSBS西鎌倉です。私がデリバリーする各商品については、ここでも入手や装着が可能となります。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、クロモリスイングアームピボットシャフト(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
5、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
6、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
7、CRキャブレター用ショートスピゴット
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆様の応援クリックにて、さらなる元気が湧いてきます!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ