Entries

FCRにTPSを装着 その6(試作品の組立を完了)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆様の応援クリックにて、さらなる元気が湧いてきます!!



CRマニアの夢が現実に・・・CRキャブレターへのパイロットスクリュー加工サービスを開始いたしました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html



自分のマシンをいかに気持ち良く走らせるか・・・
これは、私が長年にわたって趣味として追求し続けてきたテーマです。
そして、このようにしてユーザーサイドにいた私ですが、自分が使うために考案し、製作した部品について、いつしか多数の引き合いをいただくようになり、気づくと供給する側に立っていたのです。
そして、2011年3月、様々な葛藤の末、「ファクトリーまめしば」としてスタートするに至りましたが、自分で使いたいと思うようなものをデリバリーするというスタンスに変わりはありません。
バイク部品を扱う屋号が「まめしば」なんていうのはちょっとどうかなとも思ったのですが、すでに定着してしまったHNですので、いまさら他の名前にするわけにもいきません。
こんなことになるんだったら、最初にHNを決めるときにもっと考えておけば良かったなんて後悔しても、あとの祭りということです。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。

〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日から、CRキャブレターのPS加工受付をしておりますが、おかげさまにて、多数のご予約メールをいただいております。
なお、同加工については、予約制としておりますので、ご希望の方は、私宛にご遠慮なくメールをいただければと思います。



発売以来、長年にわたって愛用してきたFCRキャブレター、その新たな可能性を追求するべく計画中ですが、その前段階として行っているのが、このスロットルポジションセンサー(TPS)の装着作業です。
その経過については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-44.html


ところで、「TPSってなに?」などと未だに質問されるのですが、それ自体は単なるセンサーですので、これを装着しただけで何かが変わるということではありません。
この場合の目的は、スロットル開度を0~5Vの可変電圧として出力し、それを点火時期制御に利用しようというものです。加えて、私の場合には、空燃比データロガーにも入力し、同じくスロットル開度の検知にも利用しているところです。
キャブレターにおける空燃比は、エンジン回転数ではなく、スロットル開度に支配されていますので、このスロットル開度と空燃比の連動性を把握せずして、緻密で正確なキャブセッティングをすることはできません。

スロットル開度で点火制御とはどういうことなのか・・・

たとえば、エンジンが5,000rpmで回っているとします。
通常の点火制御であれば、エンジン回転数によって点火時期を制御していますので、スロットル開度にかかわらず、点火時期は常に同じです。
しかし、同じ5,000rpmであっても、
・スロットル開度が大(多くの混合気を吸入し、燃焼室内の実質圧縮圧力が高いとき)
と、
・スロットル開度が小(少しの混合気しか吸入せず、燃焼室内の実質圧縮圧力が低いとき)
では、それぞれ適正な点火時期(要求点火時期)が大きく異なるのです。

つまり、全ての回転域及びそれぞれのスロットル開度に応じた、適正な点火時期コントロールをするためには、
1.エンジン回転数
2.スロットル開度
3.点火時期
という3つの条件を書き込んだ制御プログラム(3次元マップ)が必要になるというわけです。

ちなみに、反映させたいことは、燃焼室内の実質圧縮圧力ですので、スロットル開度ではなく、インマニ負圧で制御しているものもありますが、目的は同じです。
燃焼室内の実質圧縮圧力を類推するのに、スロットル開度を読むのか、インマニ負圧を読むのかの違いだけです。

だいぶ以前のことですが、これに関しては記事を書いていますので、こちらも参照してください。
「TPSによる、3次元マップ点火とは」
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-510.html


1990年代に入ったころから、全てのメーカーが市販車にも一斉に軒並採用したことからも、その効果は絶対的なものです。
しかし、FCRやTMRなどの社外レーシングキャブレターを装着するにあたって、それらのほとんどにはTPSが装備されていませんでしたから、ほとんどにおいてTPSを殺した状態で走らせているというのが現実です。
また、それらの装着作業をするメカニックたちも、
「TPSのカプラーを外すだけで大丈夫だ」
などと言って、安直な装着を勧めていたというのが現実です。
私の感覚からすれば、なんという勉強不足、知識不足、努力不足だったのでしょうか。

せっかく3次元マップがインストールされたデジタルイグナイターを装備しているにもかかわらず、前時代的な2次元グラフ制御の点火時期コントロールで走っているマシン、多いのは、ZRX1100、ゼファー750、ゼファー1100、XJR1200、GSF1200、CB1000SFあたりでしょうか・・・まあ、この時代のマシンで社外レーシングキャブレターに交換しているもののほとんどがその状態と言えるはずです。
また、カワサキZについては、専用のウオタニSP-2にTPS対応の3次元マップがあらかじめインストールされていますので、この製品を使用しているのであれば、あとはキャブレターにTPSを装着するだけで実現してしまうということになるのです。
40年も前に設計されたエンジンに近代の点火制御を与えたらどうなるのか・・・


私はこれまでに、TMRとCRにTPSを装着してきました。そして次はFCRです。
FCRは、極めてフレキシブルで許容範囲の広い特性を持っていますが、そこへTPSを装着することで、その特性にさらに磨きがかかるのではないかと思ったのです。
それに、このあとに計画している、まめしばFCR、つまりFCR-Mの開発のためにも、これは前提必須のこととなります。
そうなったら、もうやらずにはいられない・・・


さて、昨日の記事にて、FCRの組立て作業についてご紹介しましたが、今日は、TPSの装着作業についてご紹介しましょう。
これはまだ試作品ですので、とりあえずは組み付けをしてみて、その後に必要な微修正をしなくてはなりませんね。

いくつかの部品を製作し、さらにはスロットルシャフトの追加工も終わりましたので、設計どおりに組み付けができるかどうかを確認しながらの作業です。
こういうのって、本当にワクワクドキドキして楽しいんです・・・


まずは、スロットルシャフトエンドに、TPS接続用に製作したアダプターシャフトを取り付けます。

RIMG8491.jpg

RIMG8492.jpg




製作したカラーを装着します。

RIMG8493.jpg





製作したTPS装着プレートと樹脂製カラーを装着します。
なかなか順調です。

RIMG8498.jpg





さて、組み付けを完了しました。
ほぼOKですが、わずかな修正を要することが判明しましたので、それはまた後日に旋盤でも回してチョイチョイと片付けましょう。

いかがでしょうか・・・

RIMG8503.jpg

RIMG8501.jpg

RIMG8505.jpg

RIMG8506.jpg

RIMG8508.jpg




TPSを装着したのは、1番ボディーのサイドですので、シングルから4連までの全てのFCRに対応することができます。
センサーユニットは、バリアブルスロットルレシオを持つFCR専用品です。
それも、4番サイド、つまり左側装着用ですので、この選定には苦慮したところです。
通常のストレートレシオ用のセンサーを使用すると、ちょっと困ったことになりますね。
誤った開度情報がイグナイターに送られてしまうということですから・・・それでは本末転倒となります。

さて、微修正後のシェイクダウンテストが楽しみ・・・なんですが、忙しくて時間がない・・・
ま、そのうちにね・・・




徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ファクトリーまめしばがデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、私自身が使うため、コストや量産性に縛られることなく開発した、変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。なお、業販にも対応いたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、クロモリスイングアームピボットシャフト(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
5、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
6、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
7、CRキャブレター用ショートスピゴット
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆様の応援クリックにて、さらなる元気が湧いてきます!!



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ