Entries

無電解ニッケルメッキ及びアルマイトのサービス開始について

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・


現在、開発中のアイテム
・CRキャブレターへのPS加工
・FCRキャブレターへのTPS装着
・FCR-Mキャブレターの製作




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



自分でコアにバイクいじりをしようとした場合、困るのはメッキやアルマイトですよね・・・
小さな部品について、1個から数個のレベルで、それも個人で持ち込むものについて処理してくれる業者というのはなかなか見つからないものですし、具体的にどのように処理依頼すればいいのかも難しい問題だったりします。
私もかつてはそうだったのですが、アクスルキットなどの部品製作をある程度の数量で行うようになってからは、こういった表面処理業者さんにも小口の依頼を受けていただくようになったというわけです。

また、たまに、メッキやアルマイトについてのご相談を受けることもありますので、それならばいっそのこと受付をしてみようと考えるに至ったのです。

まず、無電解ニッケルメッキです。
あまり聞きなれないものと思うのですが、様々な意味において高い機能を有するもの・・・
たとえば、メッキシリンダーの内壁に処理されているのも、この無電解ニッケルメッキの一種だったりするのです。
膜の均一性や耐剥離性、そして耐摩耗性、耐食性など・・・いわゆる、装飾メッキではない、機能メッキとして工業界では幅広く活用されているものとなります。

風合いはこのようなものです。
ちょっとマットなチタンゴールドとでも言えばいいのでしょうか・・・

RIMG7870.jpg

RIMG7871.jpg

RIMG7873.jpg

RIMG7891.jpg





私のマシンに使用されているボルトやナット類にも多用しているのですが、すでに6年以上を経過し、その間、雨天走行などもバンバンしている中、いまだに風合いを維持していますので、その機能性は確かなものです。
また、膜厚管理をシビアにすることができますので、クロームメッキなどのように、メッキ太りによって組み付けができなくなったなどということも避けることができます。

この画像にあるもの全てに処理した場合、おおむね3,000円程度となりますが、価格は表面積によって計算されますので、正確には処理後に決定ということになります。
メッキとしては比較的安価な部類ですので、マシンに使用されているボルトやナット類全てに処理したとしても、そう大した金額にはなりません。
ちなみに、私は、6年前のエンジンオーバーホール時に、シリンダースタッドボルトに処理していますが、いまだに腐食する気配もありません。

また、メッキによる水素脆性については、所定のベーキング処理によって防止していますので、炭素を多く含む素材においても心配は無用です。


次に、アルマイトですが、普通アルマイト、硬質アルマイトのいずれも可能です。
色は、基本的に無色と黒色になりますが、その他の色は相談してください。
これは、CB系マシン用のアクスルクランプにかけたものですが、これくらいのサイズのもので1,000円前後です。
ちなみに、このシャフトとナットは無電解ニッケルメッキをかけたものです。

RIMG0556_20111022172032.jpg

RIMG0557_20111022172032.jpg




このサービスにて営利を求めてはいませんので、具体的な価格については時価ということになりますし、かかった送料などもご負担をお願いいたします。

また、処理時に業者の方にて必要な下洗浄処理は行いますが、表面の腐食や荒れなどについては、そのまま処理後の表面に色ムラとして残りますので、あらかじめ了承の上で依頼をお願いいたします。

納期については、最短で1週間、通常は2週間程度を見ていただければと思います。

その他、具体的なことについては、個々にご相談させていただきますので、処理をご希望の方は、どうぞご連絡をください。



徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。


「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ファクトリーまめしばがデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、私自身が使うため、コストや量産性に縛られることなく開発した、変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。なお、業販にも対応いたします。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、クロモリスイングアームピボットシャフト(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
5、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
6、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
7、CRキャブレター用ショートスピゴット
8、カワサキZ用シフトフォークボルト
9、ストレイガNGCエキゾーストシステム

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ