Entries

FCRキャブレターにTPSを装着 その5(装着方法の検討と採寸)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・


・mixiに、スズキGS/GSXコミュニティーを立ち上げました。
SGOCメンバーは強制参加ですが、その他の方であっても参加は自由です。また、mixiに参加されていない方であっても、この機会にいかがでしょうか。私、まめしばのもうひとつの顔が見える・・・かも・・・
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5791034

・まめしばスペシャルパーツのバックオーダーについて
※ PEEK製スロットルバルブ
当初、8月下旬ころとご案内していましたが、製作がやや遅れており、9月中旬以降になる見通しです。
※ クロモリ製強化ピボットシャフト
9月中には製作を完了し、9月下旬から10月上旬ころのデリバリーとなります。
※ NGCエキゾーストシステム
現在、オーダーをいただいた順に鋭意製作し、デリバリーを進めているところです。
それぞれにご予約をいただいた方々には、大変長らくお待たせしてしまい、申し訳ありませんが、今しばらくのご猶予をお願いいたします。

・Mノズルの在庫について
好評デリバリー中のMノズルの在庫が少なくなっております。次回ロット分の製作までにやや時間がかかりますので、在庫切れも懸念されるところです。お入用の方は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。
デリバリーのご案内はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



・ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html
これまでにまとめた記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html
ラインアップについては、セミオーダーも含めて各種ありますので、詳細はお問い合わせください。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。





私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



思い起こしてみれば、FCRへのTPS装着について検討を始めたのは、昨年の4月のことでした。
まあ、随分と長いこと放置してしまいましたね・・・
これまでの経過については、どうぞこちらにて確認してください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-14.html

FCRに関するテンションがなんとなく下がってしまったことで放置気味になってしまったというのが事実なのですが、ここに来て、なんだか無性にやってみたくなったんです。
まあ、自分自身が試してみたいと思わないことにはヤル気も出ないということです。

なぜここに来て、急にヤル気になったのかって・・・それは、次なる実験をするため・・・
FCRについて、まめしば変態チューニングをしてみたくなりました。
巷のFCRユーザーがドキドキワクワクするようなことをしてみたいんです・・・
そのためには、きちんとした空燃比データを取得しなくてはなりませんので、そのためにTPSを装着する必要が生じたというわけです。


最近、あちらこちらのショップには、後輪出力やトルクとともに、空燃比データも計測できるようなシャーシダイナモが装備されていますので、これを利用したことがある方も少なくないと思います。
このデータシートを目前にして、中速が薄いとか、全開は濃いとか、色々な判断をしているようですが、実のところ、4速ホールド全開で行うような計測モードにおいて得られた空燃比データというのは、実際のセッティングではほとんど役に立たないどころか、データの読み方を間違うことで、逆にハマるということすら懸念されかねません。
せいぜい、メインジェットが合っているかどうかがかろうじてわかる程度かな・・・

キャブレターにおける空燃比は、あくまでもスロットル開度に支配されていますので、全閉から全開までの全ての開度における空燃比データが必要になります。
また、スロットル一定のパーシャル時の空燃比、そこから緩やかに開けた時の空燃比、さらには、大きく開けた時の空燃比・・・それらの全てを各開度において確認しなければ、そのキャブレターの持っている空燃比特性を把握することなどできないのです。

これまでに私は、TMRとCRにおいてこのデータを取得して公開してきましたが、多くの方々がこれをデータベースとして活用してくださるようになったところです。
また、これまでにはあまり把握されていなかった特性についても、ここで明らかにしてきたつもりです。
たとえば、TMRでテーパー角を変更すると、メインジェットのレンジが15番程度も変動するとか、CRでは、開度5~10%の狭い領域において、激烈に濃くなる特性があるとか・・・
セッティングを進める上において、こういうことをあらかじめ知識として把握しているということは、極めて大きな武器となるはずなのです。
だって、普通の感覚において、JNテーパー角をワンランク分だけ変更しただけなのに、全開空燃比までが大きく変化してしまうなんてことは想像しませんよね・・・
それを知らずにTMRをいじったとすれば、大混乱に陥ることは必至です。
この事実について、以前から知っていたという人もいるのでしょうが、データの裏付けと理由付けをもって摘示したのは私が初めてであったはずです。
あ~、TMRでクリップ位置を変更すると、開度10%あたりから効いてくるなんていうのもそうですね・・・
その他にもたくさんあります・・・


まあ、それと同じことをFCRでやってみることにしたというわけです。
でも、TMRやCRと比較すると、FCRは極めて素直なクセのない特性を持っていますので、セッティングにハマってしまうとか混乱してしまうなどということは、ほとんど起こることがありませんね。
セオリーどおりの手順に従ってセッティングを進めてやれば、誰にでも簡単に満足できるセットにたどり着くことができるはずなのです。

それでもFCRで調子が出ないというのであれば、それはセッティングをしていないか、若しくはキャブレター以外に問題があるかのどちらかです。


さて、前置きはこれくらいにして、本題に入りましょう。


使用するセンサー、外見はこれまでに私がCRに使ってきたものと同じなのですが、ご存じのとおり、FCRはスロットルシャフト回転角とスロットル開度がバリアブルレシオになっていますので、センサーの特性もこれに見合ったものにしないとまずいことになります。
ですので、FCR用として設定されたものを発見して入手したというわけです。
そのあたりのことは、以前の記事にも書いたとおりです。


まずは、センサーブラケットを1番ボディーに固定するためのネジ切り作業です。

RIMG7704.jpg






センサーブラケットを仮装着してみます。

RIMG7705.jpg

RIMG7706.jpg






センサーを仮装着します。

RIMG7707.jpg

RIMG7708_20111006121519.jpg






そして、センサーとスロットルシャフトを連結するアダプターを製作するための採寸作業です。
その他、カラー類なども製作しなくてはなりませんね。

RIMG7709.jpg

RIMG7710.jpg






課題は主に2点です。
・スロットルシャフトとセンサーの連結方法
万が一にも外れたりずれたりしてはなりませんし、そのための仕組みを狭いスペースの中で成立させなくてはなりません。
また、センサーの出力電圧調整などのセッティング作業の効率も考慮する必要があります。
なぜなら、装着することが目的ではなく、セッティング要素として活用することが目的だからです。見た目やハッタリだけのギミックに価値はありません。
・キャブボディーのシール性の確保
センサー装着のためにキャブボディーの気密性を損なうことになってはなりません。
セッティングデバイス装着のために、キャブの基本的な機能を損なうこととなったならば、それこそ本末転倒というものです。


採寸の結果をマンガ絵に描いてみます。
これが設計図のもととなります。

RIMG7713.jpg





大きな課題のひとつが、このスロットルシャフトの追加工です。
CRの場合、スロットルシャフトに連結アダプターを被せるように装着するためのスペースがあったからいいのですが、FCRにはそのためのスペースがありませんので、スロットルシャフト自体を加工する必要があります。

RIMG7714.jpg





採寸が終わったあとは、全分解して各部のチェックとオーバーホールを行います。
TPSを装着後に、スタンダードFCRの空燃比データを実走において取得しますが、その後は非分解部分まで完全に分解してモディファイを加える予定です。

RIMG7715.jpg






そうですね・・・スタンダードFCRのデータ取りの過程で得られたものは、そのままFCRセッティングマニュアルとして活用できそうですね・・・でも、素直なFCRではあまりマニアックなものにならないかもしれません・・・このあたりが、私がいまひとつ気乗りしなかった理由でもあります。
こんなに楽にセッティングができるキャブについて、なにもいまさら私がやることもないだろう・・・というところだったのですが・・・

と言ってみたはいいものの、実際にデータを取ってみたら、意外とこれが興味深いクセモノだったなんてことになるかも・・・でも、そうなったら楽しいですね。

それから、ご心配なく・・・取得したデータは、巷のFCRユーザーが活用できるように、全て明らかにします。
まあ、それがいつもの私のスタンスですから・・・
よく、「あんたはそんなにデータを公表してしまって、困ることはないのか」とか、「せっかく手間暇と時間をかけて取得したデータやノウハウを無償で公開するなんてもったいない」などということを言われるのですが、別に困ることなんて何もありませんし、私の机の肥やしにしても、何の価値もありません。
データやノウハウなんていうものは、公開して多くの方々に活用していただいてこそ生きるというものです。
また、自分で得たデータと他人から得たデータ・・・その価値は雲泥の差なのです。
データやノウハウを取得する過程そのものもデータでありノウハウなのです。それは、実際にやった私だけのもの・・・本当の価値は、実はそちらにあったりします。






徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ