Entries

FCRボディーの磨耗について その3(ローラーとベアリング)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・


・mixiに、スズキGS/GSXコミュニティーを立ち上げました。
SGOCメンバーは強制参加ですが、その他の方であっても参加は自由です。また、mixiに参加されていない方であっても、この機会にいかがでしょうか。私、まめしばのもうひとつの顔が見える・・・かも・・・
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5791034

・まめしばスペシャルパーツのバックオーダーについて
※ PEEK製スロットルバルブ
当初、8月下旬ころとご案内していましたが、製作がやや遅れており、9月中旬以降になる見通しです。
※ クロモリ製強化ピボットシャフト
9月中には製作を完了し、9月下旬から10月上旬ころのデリバリーとなります。
※ NGCエキゾーストシステム
現在、オーダーをいただいた順に鋭意製作し、デリバリーを進めているところです。
それぞれにご予約をいただいた方々には、大変長らくお待たせしてしまい、申し訳ありませんが、今しばらくのご猶予をお願いいたします。

・Mノズルの在庫について
好評デリバリー中のMノズルの在庫が少なくなっております。次回ロット分の製作までにやや時間がかかりますので、在庫切れも懸念されるところです。お入用の方は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。
デリバリーのご案内はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



・ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html
これまでにまとめた記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html
ラインアップについては、セミオーダーも含めて各種ありますので、詳細はお問い合わせください。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。





私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



FCRにおいて、その軽くてスムーズなスロットルワークを支えているのは、スロットルバルブに装着されたベアリング入りのローラーです。
ですので、このローラーとベアリングの作動性を確保することが重要になるというわけです。

そこでまずは、この動画をご覧ください。
メンテナンスの前後におけるローラーの動きを比較したものです。








昨日の記事にも書きましたが、このローラーの動きが悪くなってしまうと、スロットルワークが渋く重いものになってしまうばかりではなく、ボディーの摩耗も進めてしまうところですので、このようにしてメンテナンスを怠らないようにしなくてはなりません。


まずは、ベアリングからローラーを取り外しますが、これは差し込まれているだけですので、指先で引っ張るだけで抜き取ることができます。

RIMG7780.jpg






使用されているベアリングはこのようなものです。
片側金属シールのミニチュアボールベアリングですね。
全てについて、軽く抵抗なく回るかどうかを確認します。

RIMG7782.jpg






だいたいにおいて、いくつかは回りが悪かったりしますが、その原因のほとんどは、ベアリング内部への細かい埃の侵入によるものです。
この裏側から侵入してしまうんです。

RIMG7781.jpg






まずは、パーツクリーナーなどで洗浄し、その後にラスペネなどの潤滑剤を吹きながら回してやることで、内部をきれいにすることができます。
このとき、あまり粘度の高いものを使うと、それがフリクションになりますし、使用中に埃を呼ぶ原因にもなりますので、サラサラ系の潤滑剤がいいと思います。
内部まで余程の錆が進行していない限り、これでスムーズに回るようになるはずです。また、このベアリングはステンレス製のようですから、そうそう錆びるものでもないようです。


さて、ベアリングの内部はきれいにしてスムーズに回るようになったところですが、ここで先のローラーをはめた途端に、急に回りが悪くなるところがあったりするんですね・・・
私も最初は、「なぜ???」と頭を傾げたのですが・・・
良く見分してみればなんのことはない・・・ローラーの内側とベアリングの内輪が干渉したりするのです。
まあ、ここから先の作業については、それこそはめては回し・・・調整しては回し・・・の繰り返し以外にはありませんし、ここまで自分でやろうという熱意のある人なら、ここで私が細かく説明するまでもないと思いますので・・・

そうそう、一言付言するなら、ローラーを奥まできっちりと押し込むと干渉して回りが悪くなる傾向になりますが、そうかと言って浅目にはめると、今度はボディーに挿入したときに、ボディー内壁のサイドとローラーのサイドが干渉する・・・
まあ、自分で現物と格闘しながら試行錯誤するしかありません。


そして最後には、ボディーに挿入して動きを確認します。
何の抵抗もなく、カラカラッと転がるようにスライドしなくてはダメです。
まあ、これくらいかな・・・









このような手入れをすることによって、また新品時に感じたような好フィーリングを取り戻すことができるはずなのですが、つまるところは、スロットルバルブ周りをいかにきれいな状態に保つかがカギになるのです。
ここが汚れていることで動きが悪くなり、それが摩耗を促進し、その摩耗によって生じたスラッジによって、さらにそれが加速的に進行する・・・
ですので、摩耗のことを考えた場合、エアクリーナーの装着は必須であることは言うまでもありません。

ちなみに、FCRを購入した際に付属してくるマニュアルをご覧ください。
末尾近くには、「保守・保全」というページがあり、そこには、行うべき定期メンテナンス項目が記載されています。
そして、背圧バランスバルブ、リップシール、メインバルブ(ベアリング含む)の交換サイクルは、16,000kmごとと書いてあるのです・・・
これらの部品価格の合計は、17,398円です。4連ならば4セット必要ですので、69,592円ということになります。
つまり、ケーヒンの指定メンテナンスサイクルに従った場合、16,000km走行毎に、消耗部品価格だけで約70,000円が必要になる・・・FCRというレーシングキャブレターは、それを覚悟した上で使用すべき部品であると認識しなくてはならないということです。
でも、ストリートユースで4,000kmも持たないようなハイグリップタイヤを履いて走り回ることを考えれば、この16,000kmごとに70,000円のメンテナンスコストがかかるというのも、驚くようなことではないはず・・・

まあ、それはさておき、このメンテナンスサイクルを少しでも引き延ばそうと考えるのであれば、それ相応の気遣いをする必要がある・・・FCRユーザーは、それを肝に銘じた上でメンテナンスしなくてはならないということです。

具体的には、背圧バランスバルブは摩耗してしまいますので、これは交換するしかないところですが、メインバルブについては、主にベアリングの動きが渋くなることによる交換指定ですので、それをうまくコントロールしてやることで寿命を引き延ばすことができるというのが私の考えです。


FCRに限らず、どのキャブレターでも同じですが、高いお金を払って購入し、相当の手間暇をかけてセッティングを煮詰め・・・それであとはいつまでも調子良く走り続けられると思ったら、それはとんでもない間違いであるということです。

貴方のFCR、最後にスロットルバルブ周りのクリーンアップをしたのはいつのことでしょうか?まさか、購入以来、一度もやったことがないなんていうことは・・・・


これから何をするつもりなのか・・・
まずは、FCRにTPS(スロットルポジションセンサー)を装着し、車載している空燃比データロガーを活用することで、開度ごとの空燃比データを取得するつもりです。
たとえば、JNストレート径をワンランク変更した場合、何%から何%までの開度領域において、どれくらいの空燃比変動があるのかなどということも明らかになります。
加速ポンプについてもゴチョゴチョと話題が尽きないようですので、これが、空燃比上、どの程度の影響力があるのか・・・換言すれば、どの程度の加速時補正能力があるのかなどということもはっきりさせてみましょうか・・・

まあ、CRでやったように、FCRを丸裸にしてみましょうということです。
すでに採寸は済ませ、関連部品の図面作成と製作発注までこぎつけていますので、あとは、この部品が完成すれば、自分用の試作バージョンが出来上がるというわけです。

RIMG7708.jpg





でも、私の目的はそこではありません。
このデータを踏まえた上で、さらなる実験チューニングをしてみたいですね。
長年のFCR信者としては、ここでFCRの隠されたポテンシャルを掘り起こしてみたくなったというわけです。
ねっ、楽しそうでしょ・・・

私の趣味は、「オトナの理科実験」ですから・・・

あ~、そうそう、散々にやり尽くした感もあるまめしばCR-Mについても、いよいよ最後の仕上げに取り掛かるべく計画中です。
今月中旬には、実験機のまめしばCR-M33を全分解して、実験加工に出す予定になっています。
その間は、まあ、TMR35でも装着していましょうか・・・



10月1日(土)から2日(日)にかけて、飛騨高山にツーリングに行ってまいります。

またツーリングに行くのかって・・・
いやいや、ツーリング自体も楽しむのは当然ですが、これもテスト走行です。
年中を通して、様々な気候風土や天候、平地から高地まで、高速道路から渋滞路、峠道、早朝から夜間、元気なときから疲れたときまで・・・
ありとあらゆる条件を経験することで、ストリートマシンのセッティングというのは煮詰まっていくものです。
ちょっとそのあたりをグルグル走り回ったくらいでわかることなど、それはたかが知れているというものです。

そして、3日(月)には、広島から遠路はるばる単独自走によって、ストレイガの小林さんに自分用のマフラーを作ってくれるように拝み倒しに来るというド変態のお相手をします・・・
ですので、記事更新は4日までお休みとしますので、あらかじめご了承くださいね。

その間の応援クリックもお忘れなく・・・




徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ