Entries

オイルクーラー装着 その7(M&Sのオイル通路構造)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・


・まめしばスペシャルパーツのバックオーダーについて
※ PEEK製スロットルバルブ
当初、8月下旬ころとご案内していましたが、製作がやや遅れており、9月中旬以降になる見通しです。
※ クロモリ製強化ピボットシャフト
9月中には製作を完了し、9月下旬から10月上旬ころのデリバリーとなります。
※ NGCエキゾーストシステム
現在、オーダーをいただいた順に鋭意製作し、デリバリーを進めているところです。
それぞれにご予約をいただいた方々には、大変長らくお待たせしてしまい、申し訳ありませんが、今しばらくのご猶予をお願いいたします。

・Mノズルの在庫について
好評デリバリー中のMノズルの在庫が少なくなっております。次回ロット分の製作までにやや時間がかかりますので、在庫切れも懸念されるところです。お入用の方は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。
デリバリーのご案内はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



・ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html
これまでにまとめた記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html
ラインアップについては、セミオーダーも含めて各種ありますので、詳細はお問い合わせください。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。





私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



密やかに人気を博しているこのシリーズですが、これまでの経過はこちらにまとめてありますので、どうぞお読みになってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-42.html


昨日の記事では、クーラーコアの冷却効率を高めるためには、コア自体の風抜き性を高める必要があるということを書きました。

そもそも目指すべきことは、オイルの熱をいかに効率良く大気中に放散するかということです。
ここで、熱がどのように伝導されていくのかを考えてみましょう。

オイル~オイル通路壁~フィン~大気(風)

つまり、コアの設計にあたっては、ここにおける各伝導の効率を高めることを考えなくてはならないということになります。
そこで昨日の記事では、いかに多くの大気、いや、正確に言えば空気の分子をフィン間に通し、それによってここの熱伝導効率を高めるかということがテーマだったというわけです。

そして今回は、オイルとオイル通路壁の間の熱伝導効率についての話です。

金属(アルミニウム合金若しくは銅合金)でできているオイル通路壁に、その内部を流れるオイルの熱を伝えることを考えたとき、そこを流れる速度を遅くした方がより冷えるのではないか・・・そう感じますよね・・・

事実、アールズやサークなどの乱流式コアにおいては、互い違いのインナーフィンを通路内部に仕込むことでオイル流速を押さえ、それによってオイルの熱をより良く伝えてやろうという考えに基づいているものです。また、オイルとの接触面積を増やすことで伝導性を上げるという効果もありますね。
まあ、そういう設計思想であるということです。

乱流式のコア断面

クーラーコア断面

RIMG7423.jpg



乱流式のインナーフィン

コア内部フィン



しかし、これにもデメリットがあります。
流れが緩やかになればなるほど、そこには熱境界層が生じ、思ったほど伝導効率が上がらないという現象が起こるのです。
油冷エンジンの開発話にもありましたね。
ただオイルを大量に流しただけでは熱境界層が発生してしまい、冷却効率が上がらなかったことから、オイルジェットを使って、燃焼室上に勢い良くオイルを噴射し、それによって熱境界層を破壊したという、あの話です。
横内さんは子供時代、五右衛門風呂を沸かすとき、かきまぜながらやることで早く沸かすことができると祖母から教わったことがヒントになった・・・なんて話をしていますね。

また、熱い風呂に入ったとき、体を動かさずにジッとしていればあまり熱さを感じないところ、ちょっとでも動かした瞬間に急に熱く感じる・・・なんてことも体感したことがあると思います。
そう、ジッとしていることで、皮膚とお湯の間に熱境界層が生じたのです。これは、熱伝導効率が悪いですので、さほど熱さを感じないところ、体を動かすことでこれが破壊され、急に熱伝導性が上がった・・・アチチッ・・・となったわけです。

では、M&Sはどうなのか・・・

上は10段ラウンド、下は19段ラウンドです。
まだ探せばあるんですねぇ・・・

RIMG7492.jpg



さて、内部通路は・・・

RIMG7422.jpg



ご覧のように、オイルの流れに平行にフィンが立てられているのがわかりますね。
これによって、オイルの流速を保ちつつ、接触面積を稼いでいるのです。

流速を保つことで熱境界層の発生を抑え、これによって熱伝導性を高めているというわけです。
そして、流れが良い、通過抵抗が少ないですので、必要な流量を確保するための通路断面積も少なくて済む・・・つまり、コアの厚みを薄くできる・・・風抜けが良い・・・
コアの風抜けを良くすることの重要性については昨日の記事に書いたとおりですが、M&Sが狙った特性というのはこういうことになるわけです。

さらに言えば、シリーズ中の最初の記事にも書いたとおり、クーラー回路というのは、エンジンの潤滑系の一部をなすものですから、ただ冷やせばいいというものではなく、潤滑性を担保するものでなければならないのです。
そこで、エンジンの潤滑性を維持するためには、オイル流量が重要ということも書きましたね。
M&Sは、低い内部抵抗によって、オイルの流速を高く維持する・・・つまり、バンバン流れるというわけです。

もう、おわかりですね・・・地上を走行する4ストロークエンジン用のオイルクーラーコアとして特化した特性を狙って開発された専用品、それがM&Sオイルクーラーコアということです。
まあ、変態科学者である千明さんが、自らが理想とする形を世に出すべく、当時勤務していたサンデンをだまくらかして?開発して販売してしまったものですから、それも当然のことです。
ただ、あまりに生産コストがかかりすぎて商売にならない・・・なんてことが会社にバレてしまい、ほどなく生産中止・・・

なんといっても、この低抵抗のオイル通路は、特別調合アルミ合金の引き抜き管・・・
それを、必要長に切断した上で、一本ずつサイドパイプに接合するという手間と工程を経て形になるのです。
かたや、量産の乱流式が、プレス型で成形されたものをドブ漬けのロウ付けで張り合わせて生産されていることを考えれば、いかにコストがかかるかもおわかりと思います。



さて、続きはまた次回に・・・
あと書かなくちゃいけないテーマは何でしたっけ?
そうそう、上出しと下出しでしたね。あ~それから、サーモスタットについても書いてみましょうか・・・



今度の日曜日、9月11日には、クラブSRXが主催する、「箱根man3」に参加することにしました。
午前7時30分に西湘BPの西湘PA集合です。
チーム変態おやぢからは、今のところ私のほかに、tsuruさんとみずっちが参加予定です。
http://low-life.net/man3/



製作がやや遅れていたPEEK製スロットルバルブですが、間もなくです・・・
ご予約をいただいている方々には、近日中に順次ご案内をいたします。

th,v製作中





徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ