Entries

オイルクーラー装着 その6(風通し)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・


・まめしばスペシャルパーツのバックオーダーについて
※ PEEK製スロットルバルブ
当初、8月下旬ころとご案内していましたが、製作がやや遅れており、9月中旬以降になる見通しです。
※ クロモリ製強化ピボットシャフト
9月中には製作を完了し、9月下旬から10月上旬ころのデリバリーとなります。
※ NGCエキゾーストシステム
現在、オーダーをいただいた順に鋭意製作し、デリバリーを進めているところです。
それぞれにご予約をいただいた方々には、大変長らくお待たせしてしまい、申し訳ありませんが、今しばらくのご猶予をお願いいたします。

・Mノズルの在庫について
好評デリバリー中のMノズルの在庫が少なくなっております。次回ロット分の製作までにやや時間がかかりますので、在庫切れも懸念されるところです。お入用の方は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。
デリバリーのご案内はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



・ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html
これまでにまとめた記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html
ラインアップについては、セミオーダーも含めて各種ありますので、詳細はお問い合わせください。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。





私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



密やかに人気を博しているこのシリーズですが、これまでの経過はこちらにまとめてありますので、どうぞお読みになってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-42.html


そもそも、私だってあまり良くは知らなかったんです。
と言うか、あまり深く考察したことがなかった・・・


だいたい、梅雨明け近くの季節になると、各オートバイ雑誌の紙面や大型用品店の店頭には、オイルクーラー関連の記事や広告が掲げられます。
それをなんとなく見ていたりすると、まるでシーズン前に海水浴やキャンプに備えて水着やテントを買いたくなるのと同じような気分になったりもしますね。まあ、季節商品とでも言いますか・・・
そりゃそうです、凍てつくような真冬にオイルクーラーの宣伝をしてもねぇ・・・

広告宣伝をいかにキャッチーなものにして販売成績を上げるというのは商売の基本ですので、そういう意味ではセオリーとでも言うべき手法ですし、私がその立場になれば、同じような宣伝をするに違いないところです。

それを読んだライダーは、ジリジリと焼け付くような日差しの中、渋滞にハマって苦しげになるエンジンを想像し、
「幸いにもボーナス支給もあったことだし、これは、夏に向けて今年こそはオイルクーラーを装着しなくてはなるまい。」
などという気分になり、イカしたオイルクーラーが装着され、さらにカッコ良くなった愛車の姿を想像して悦に入るに相違ありません。こんなことを書いている私だって心理的には似たようなものですから、別段にそのこと自体を否定するつもりもないところです。



さて、今日のテーマは、風通しということです。

一部には水冷式オイルクーラーというのも存在するところ、後付けのものとなると、現実的には空冷式のものとなりますが、読んで字のごとく、空気で冷やす、まあ、風で冷やすということです。
オイルクーラーに限らず、水冷エンジンのラジエターにしてもターボエンジンのインタークーラーにしても然りですが、走行風を冷却コアに当てることで熱を大気中に放散し、それによって温度を下げるというものとなります。

そこで、冒頭にあった、「夏の渋滞で油温を下げるために・・・」という下りですが、結論から言えば、空冷式オイルクーラーを装着しても、渋滞にはまった状態で油温を下げることはできません。
まあ、エンジン外部にオイルラインを取り回すことでごくわずかに放熱量が上がるはずとはいえ、そんなものは微々たるものに過ぎないことです。
つまり、渋滞における油温上昇を、空冷式オイルクーラーによって防止することはできないということです。
電動ファンでも装着すれば話は別ですが、風が当たらないのですから当然のことです。


フルカウルを装着したレーシングマシンなどでは、サイドカウルにエア抜きのダクトを装着していますが、これは、ラジエターに当たった走行風を後方に抜くために設けられたものですし、四輪のF1などのフォーミュラマシンなどでも、ラジエターには、効率良く風を抜くためのサイドポンツーンが設けられています。

つまり、冷却コアの放熱性を確保するためには、風を当てるだけではなく、当てた風をいかに抜くことを考える必要があるのです。
ですので、風当たりの良い場所にオイルクーラーコアを設置した上で風抜きのことを考慮することはもちろんですが、それと同時に、コア自体も風抜けが良いものでなくてはならないということです。


そこで、千明さんによれば・・・
「アールズなどのコアは、もともと航空機が4サイクルレシプロエンジンを搭載していた時代に、そういったエンジンに装着するために設計されたものです。
いくら昔のこととはいえ、航空機ですから、飛行速度は時速300~400kmに達するものですので、この速度域における熱交換効率が最も高まる通過流速に合わせた設計になっているということです。ですので、これをストリートユースのオートバイや自動車に装着しても、その常用速度域では、全く風が抜けないのは言うまでもありません。」
ということ・・・

セトラブ



いかに風を抜くかを考えた場合、使用される速度域に応じたコアの厚みやフィンピッチがあるのは当然のことです。
まあ、それらのコアは、オートバイや四輪車に装着するには、厚みはありすぎるし、フィンピッチも細かすぎるということです。

市販車に純正装着されたオイルクーラーコアを良く見てください。
コアは薄く、フィンピッチも粗いのがわかります。
これが、オートバイや四輪車の走行速度域に合わせた設定なのですが、コアを製作する熱交換器メーカーは、使用条件に合わせた設計をするに決まっていますから、それも当たり前のことです。

先日の記事にも書きましたが、純正装着されたものから、同面積のアールズコアに交換した場合、放熱量が減少して油温は上昇するというのは、こういった理由によるものなのです。


デメリットはまだあります。
通常の空冷マシンに装着する場合、だいたいはエンジンの前部にクーラーコアを配置しますが、その後ろには、最も冷却したいシリンダーヘッドがありますので、このように風抜けの悪いコアは、走行風を遮ることで、このシリンダーヘッドの冷却も大きく阻害するというわけです。
まあ、いいところなんてひとつもない・・・悲しいけれど、それが現実です。

救いがあるとすれば、それまでにオイルクーラーを装着していない状態で油温上昇に悩まされていたとすれば、効率は芳しくはないけれど、とりあえず油温をいくらか下げることはできる・・・なんてところですか・・・
でも、その状態でバランスしているというのであれば、マシンパッケージとしては問題がないのですから、その全てを否定するわけではありません。


そこで、千明さんが、地上を走行するオートバイや四輪車のために設計開発したのが、このM&Sオイルクーラーコアです。

これまでにも画像掲載してきていますが、改めて見ていただければ、いかに風抜きを良くすることを念頭に設計されているかがわかると思います。

RIMG7412_20110903123417.jpg
RIMG7414.jpg
RIMG7406.jpg



さて、次回は、このM&Sにおけるオイル通路構造に関する設計思想や、それを具現化するための工夫などについて書いてみましょう。
それから、上出しと下出しについても及んでみますか・・・




そうそう、変態おやぢ仲間のこなっとさんが、このクソ暑い中、またまたCRキャブセッティングに勤しんでいます

CR26のジェッテイング変更(オーバーサイズ ニードルジェット)
http://blogs.yahoo.co.jp/cb_557/35196953.html
CR26のジェッテイング変更(オーバーサイズ ニードルジェット) その2
http://blogs.yahoo.co.jp/cb_557/35273061.html

Mノズルにしても、オーバーサイズNJにしても、ここまで活用して追求していただければ、私としても本望というものです。
そして、これらの部品は、所詮はセッティングパーツに過ぎませんので、当然のごとく生かすも殺すも使い手次第・・・

私のGS1000もそうですが、このこなっとさんのCB550Fも、ある意味ではピンポイントセッティングです。
こなっとさんの記事にもあるとおり、あるポイントにはまったときの快感は別格のもの・・・

通常に問題なく走れるセットを80点としましょう。四季を通じて街中走行から峠道、はたまたロングツーリングまでを無難にこなすことができるはずです。この状態は、ある意味では大きなマージンを持っていますので、極めて汎用性が高いものとなるのです。
私の要求度からすれば、これは妥協点を低く取ったというだけのことですが、世間では、この状態にて「セッティングが出た」とされるのかもしれません。
次のステップとして、そこから、さらなる快感を求めてキワを狙い始めると、あるシチュエーションでは良いフィーリングを得られるものの、わずかな条件変化によって調子を崩したりする場合が出てきます。
一定の限られた条件下でのみ機能するという意味では、この状態についても、「ピンポイント」と表現することができるのかもしれませんね。
そして、相当にセッティングに情熱を燃やしたとしても、ここであきらめてしまい、先の80点セッティングに戻ってしまうのが普通かもしれませんし、かかる手間暇のことを考えた場合、セッティング作業にあまり時間と手間をかけることができないというのであれば、この状態をよしとするのも選択のひとつです。

ところが、今回のこなっとさんが目指して実現しつつあるのは、そこからさらに次のステップということです。
限りなく100点に近い状態です。
このエリアに入ると、80点セット以上の汎用性を実現することができます。
こなっとさんの記事にもあるとおり、真夏の渋滞路から雨天走行、はたまた標高2,500mの高地まで、ありとあらゆるシチュエーションをひとつのセッティングでこなすことができるのです。
そして、そのエンジンフィーリングはまさしく快感です。どこからどのように開けても、どのように閉じても思うがまま・・・リアタイヤが路面に食い付くフィーリングばかりか、リアサスのストロークすら右手でコントロールすることができるのです。
これを実現することができるジェッティングの組み合わせは、まさしく「ピンポイント」です。
まあ、言葉遊びをしているわけではありませんが、私の言うピンポイントセッティングというのはこういう意味のことです。
しかし、この状態を得るためには、膨大な時間と手間暇がかかります。

何事も同じですが、それが実際にどのようなものなのか、そして、それを得たときの満足感がどれほどのものなのか、そもそも、そんな領域が存在するのかどうかも含めて、それは、自らの手によってそのプロセスを経た者でなければ理解することはできません。


私は、長年にわたってこういうものを得るために変態チューニングを重ねてきましたし、その過程を記事に書き綴っています。
他人が何をしているのかは私の基準ではありません。自分が納得するためにやっているだけのことです。
そして、その内容は、あくまでも、こなっとさんに代表されるように、自らの手で愛車の可能性を追求しようと努力を重ねている方々に向けたものです。
思い起こせば2年前、私がCRキャブレター関連の作業や部品を他人様に提供を始めて以来、日本全国、そして海外に至るまで、同じ意志を持つ同好の士とめぐり合うこととなり、互いに情報交換をするに至っています。
こなっとさんもその一人であるわけですが、その他にも数え切れないほどの方々と同様の情報交換をするに至り、それによって、私が教えられたこともひとつやふたつではないのです。

そして、これからも、まめしばは、同様のスタンスにて変態道を邁進する次第です。




徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事を読んだあとのポチリを忘れちゃだめっ!!最近、チョイと少なくて淋しいです・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ