FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

インシュレーターへの負圧取出し口の装着(CB650C)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日も、変態全開のまめしばに、応援クリックをポチリとお願いします。元気が出ます・・・


・Mノズルの在庫について
好評デリバリー中のMノズルの在庫が少なくなっております。次回ロット分の製作までにやや時間がかかりますので、在庫切れも懸念されるところです。お入用の方は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。
デリバリーのご案内はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



・ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html
これまでにまとめた記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html
ラインアップについては、セミオーダーも含めて各種ありますので、詳細はお問い合わせください。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。





私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そう大したネタではありません・・・
でも、マシンのセッティングを緻密に煮詰めようとした場合、こういった下地作りというのは欠かせない作業になるのですね。

ホンダCB650CにはまめしばCR-M26が装着されているのですが、このキャブレター交換にあたって、同調調整用の負圧取出し口がなくなってしまいました。
このマシンの場合、ノーマルキャブレター本体に設けられていたのですね。
社外品のレーシングキャブレターを装着した場合、こういうケースは決して珍しいものではありませんし、同調調整について、目視によるスロットルバルブ高さ調整をきちんと行えば問題はないという意見もあります。
そう、私もそう思います・・・問題はないのです・・・
しかし、きちんと各気筒の負圧同調を合わせた場合にしか得られない緻密なフィーリングがあるのも事実です。
まあ、アイドリング近辺だけの話ですが・・・

それを気にするかしないかは人それぞれですので、気になる人は、今回私がやったような手間暇をかけて、負圧同調が取れるような小細工をすればいいですし、気にしない人はそのままでOKということです。
やらなくちゃダメということではありませんし、前述のように、その効果は、アイドリング近辺の低回転域に限られるものです。

キャブレターの同調をスロットルバルブ高さで取るのか、負圧で取るのかについては、この記事に詳しく記載していますので、気になる方はどうぞお読みくださいね。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-392.html


CB650Cのインシュレーターは、両切りのゴムパイプですので、この真ん中あたりに穴を開けて、そこにニップルを装着すればいいのですが、いざやるとなるとけっこう面倒です。
まず、ニップルを作らなくてはなりません。
最初は、旋盤を使って自作するしかないなどと考えていたのですが、なぁに、すでに製作した人がいました。できたものがあるなら、それを入手した方が簡単です。
http://blogs.yahoo.co.jp/buubuu246/10426830.html


さて、装着してみましょう。

RIMG7031.jpg



インシュレーターの適宜箇所に穴を開けて、そこにニップルを差し込むという作業なのですが、ここは間違ってもエアーなどを吸ってはならないところです。
つまり、いかにきちんと加工装着するかが最も重要なことというわけです。
また、相手がゴムですから、使用しているうちに緩くなってしまい、エアーを吸うようになってしまうというのもいけません。

今回、最も留意したことは、インシュレーターの下穴をいかにきれいに開けるかということです。
やったことがある方はおわかりと思うのですが、それなりの厚みがあるゴムに丸い貫通穴をきれいに開けるというのは、そう簡単なことではありません。
普通のドリル刃を使って電気ドリルでギュ~ンとやってもダメなんですね・・・裂けたような穴形状になるのが関の山・・・

そこで使用するのが、こういった先端形状のドリルです。
ちなみに、カウルのスクリーンに丸い穴をきれいに開けるにも重宝するんですよ・・・普通のドリル刃でやると、パキッと割れてしまいます。

RIMG7033.jpg



そして、電気ドリルは使いません。
タップハンドルを使って、手作業でゆっくりと開けるのがきれいな丸穴にする秘訣です。
まあ、所詮は柔らかいゴムですので、さほどの力が必要になるわけではありません。

RIMG7034.jpg



この、最後の一皮が貫通する瞬間が大事なのですね。この一皮がきちんと丸く切り抜けるように慎重に・・・

RIMG7035.jpg



ほら、きれいに丸く切り抜くことができました。

RIMG7036.jpg

RIMG7037.jpg



接着にはこれを使います。
耐ガソリン性、金属とゴムという異種材の接着性、柔軟性など、これが最も適したものと考えたからです。

RIMG7039.jpg



このようにして、ニップルに塗った状態でインシュレーターに押し込みます。

RIMG7043.jpg



すると、こんな具合にきれいに盛り上がるのです。

RIMG7045.jpg



内側も、ほら、こんな具合にきれいに隙間なくおさまっています。

RIMG7047.jpg



この、MOS7という接着剤、2液混合タイプなのですが、硬化まで一昼夜ほど必要ですので、このまま放置します。

RIMG7044.jpg



さて、マシンに装着し、同調調整をしましょう。

RIMG7056.jpg






徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日も、変態全開のまめしばに、応援クリックをポチリとお願いします。元気が出ます・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト



Comment

Re: NoTitle 

非公開の名なし様
私は、GS1000とCB650CとZRX1100にモトグッツィetcを所有していじっておりますので、そのどの部門にエントリーしてもかまわないと思っております。
また、Zを中心としたカワサキマシンの部品も多く手がけておりますので、そういう意味でもエントリーする理由があると考えているところです。
また、どこのカテゴリーにエントリーするかについては、私が自身の良識に基づいて判断すべきことである反面、それに対する御意見を否定するつもりはありません。しかし、面識や交流のない相手に対して意見や問いかけをするにあたり、最低限に尽くすべき礼儀があると思うのですがいかがでしょうか?
私は、記事上にメールアドレス及び電話番号を掲示しておりますので、どうぞご連絡をお待ちしております。


> スズキのバイクが何故にほんブログ村カワサキ部門にエントリーしているの?
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.08/20 16:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

新製品にバージョンアップしたんですね!!
今のMOS7がなくなったら、次はコレですね!!
ありがとうございます。


> このボンドいいですね(^^)
>
> 今まで、同じような用途にTB1207Bを使っていたのですが、小さなチューブですら使いきる前に「固まって」しまうのでモッタイナイないなと思っていたのです。
>
> その点このボンドは2液だから安心です。
>
> そうそう、最近発注しようとしたら「MOS7」は廃盤になっていました。代替品はないの?と問い合わせたところ、『MOS8』を紹介してもらいました。
> 両方を比較できていませんが、この記事を読まれて「買おう」と思われる方の参考になればと思い、書かせていただきました。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.08/20 15:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

このボンドいいですね(^^)

今まで、同じような用途にTB1207Bを使っていたのですが、小さなチューブですら使いきる前に「固まって」しまうのでモッタイナイないなと思っていたのです。

その点このボンドは2液だから安心です。

そうそう、最近発注しようとしたら「MOS7」は廃盤になっていました。代替品はないの?と問い合わせたところ、『MOS8』を紹介してもらいました。
両方を比較できていませんが、この記事を読まれて「買おう」と思われる方の参考になればと思い、書かせていただきました。
  • posted by にえ 
  • URL 
  • 2011.08/19 16:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ