Entries

点火プラグの交換と電極の向き合わせ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日も、変態全開のまめしばに、応援クリックをポチリとお願いします。元気が出ます・・・


・Mノズルの在庫について
好評デリバリー中のMノズルの在庫が少なくなっております。次回ロット分の製作までにやや時間がかかりますので、在庫切れも懸念されるところです。お入用の方は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。
デリバリーのご案内はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



・ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html
これまでにまとめた記事はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html
ラインアップについては、セミオーダーも含めて各種ありますので、詳細はお問い合わせください。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。





私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ここのところ、色々と忙しかったり、自分の体調をやや崩していたりなど、GS1000まめしば号の基本メンテナンスもおろそかになりがちでした。
それではいけませんね・・・
いくら高価な部品を装着していようが、いかにセッティングを煮詰めようが、この基本メンテナンスを怠ってしまえば、気持ち良く走れる状態になどなるはずがないのです。

そして、オートバイという機械は消耗品の塊ですので、つまるところ、常にメンテナンスをやり続けながら走らせるということになるのですね。

今日は、先日に行ったプラグ交換の様子をご紹介しましょう。
あらかじめ準備したプラグについては、先日にこの記事にてご紹介済みのものです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1000.html

RIMG6949_20110818142901.jpg



プラグレンチを使い、古いプラグと交換しましょう。
別段、これまでに使っていたプラグが不調になったというわけではありませんが、こういう部品というのは、距離を重ねるごとに徐々に、そして確実に劣化していくものです。
まあ、電極の減り具合などを見ながら交換時期を見定めるというのも良いですが、私は距離管理で交換するようにしています。
それに、通常、オートバイの並列4気筒エンジンは、2気筒同時点火システムになっています。オートバイのエンジンしかいじったことがない人にとっては、これは当たり前のことかもしれないのですが、四輪車を含めたエンジン全般からすると、これはちょっと特殊な部類になるのです。
まあ、別段になにか問題があるということではないのですが、それによって、ひとつのコイルを共用する2本のプラグは極性が逆になっています。
そう、1番と2番は逆性、3番と4番も逆性です。
ということは、つまり、電極の減り方も逆になるということ・・・
詳しくは、だいぶ以前にこんな記事を書きましたので、読んでくださいね。意外と知られていないんですよね・・・
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-529.html

あ~、それから、この記事にも書きましたが、2気筒同時点火の並列4気筒エンジン、つまり、ほとんどのオートバイ用の並列4気筒では、シリンダーヘッドにアーシングしても全く意味はありません。
極端な話、仮にシリンダーヘッドがその他の部分と完全に絶縁されていたとしても、プラグスパークには全く影響がないのですから・・・
回路としてそういう形になっているのですから、誰がなんと言ってもそうなのです。


ちょっと脱線しました・・・

プラグについて私が決めた交換距離は1万kmごとというものですが、まあ、これについても、それぞれが適当に決めて管理すればいいと思います。問題は、きちんとメンテナンス意識を持っているかということですので、いつ交換したのか、現在どんな状況にあるのかを把握していればいいのです。


それから、まあ、これはおまじない?のようなものですが、私はいつもプラグの電極向きを揃えるようにしています。
まあ、点検のために何度か脱着しているうちにバラバラになってしまうのですが・・・いや、面倒ですから・・・
プラグレンチに、このようにマーキングして・・・

RIMG7021.jpg



新品プラグであれば、座面が当たってから2分の1~4分の3回転締めるという、この締め付け幅をうまく利用してやれば、さほど難しいことではありません。

RIMG7023.jpg



そこで、どの向きに合わせるかということについては、GS1000の燃焼室は2バルブ半球型ですので、プラグはセンターからオフセットされたところに斜めに装着することになりますね。
ですので、接地電極の開いた側を燃焼室の端部が遠い方向に向けてやります。
言葉ではわかりませんね・・・

RIMG7024.jpg



この向きです。

DSC05176_20110818142858.jpg



圧縮行程の終わりにプラグがスパークした瞬間、接地電極と中心電極の間には燃焼の火種となる火炎核が形成され、それが周囲の混合気に燃え広がっていくというのが燃焼の初期プロセスですが、プラグが燃焼室の端にある場合、ここから最も遠い場所まで燃焼の火炎が伝播するまでに時間がかかります。
ですので、それを少しでも緩和するための小細工ということです。まあ、気持ち程度ですけれどね・・・

これは、燃焼室の形状によっても異なるでしょうし、その他の条件によっても、最も効率の良い向きというのは異なるはずです。
私の考えは、どの向きにするかということではなく、各気筒の向きを揃えるということです。
向きが異なれば、燃焼条件が異なるのは確実ですから、それを揃えることによって、よりスムーズなエンジンフィーリングを得ることができるはずです。
各気筒の燃焼条件をできるだけ揃えるということです。

これによって、特に低回転域のスムーズさが増すのは事実です。
火炎核の形成から燃焼に至るプロセスについては、ここのサイトがわかりやすいです。
http://www.geocities.jp/bequemereise/propagate.html


巷では、このプラグの電極向きを揃えるためのシムなども販売されているようですね。
でも、こういったシムを使う場合に心配なのは、密着不良による圧縮漏れや燃焼圧漏れです。
プラグ座面のワッシャーは、自らがつぶれることによって密着シールするためのクラッシュワッシャーになっていますので、たとえば、硬いスチールやステンレスなどのシムを入れた場合、ここから漏れたりしないのかと心配するのです。
まあ、使うとすれば、柔らかいアルミや銅のワッシャーがいいと思うのですが・・・




徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今日も、変態全開のまめしばに、応援クリックをポチリとお願いします。元気が出ます・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Re: NoTitle 

私は電気の専門家ではありません。
しかし、なにか手を加えたりしようとした場合、本来、そこがどういう仕組みになっているのかを把握してからやるものというのが私の認識です。まあ、所詮は可能な範囲、必要な範囲ですが・・・
だって、そうしないと気持ちワルイというか、コワいです・・・

>   二次系の電気の流れはそうなってたんですね。勉強になりました。
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2011.08/23 10:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

  二次系の電気の流れはそうなってたんですね。勉強になりました。
  • posted by お 
  • URL 
  • 2011.08/21 16:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ