Entries

Mノズルに関して、皆さまに御礼申し上げます・・・そして、バイクいじりのススメ・・・

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆さまの応援クリックが記事更新の励みとなっております。一日ワンクリックをどうぞお忘れなく・・・




Mノズルの価格改定について

好評デリバリー中のMノズルですが、諸般の事情により、8月15日受注分より、1個3,400円から3,800円へと価格を改定させていただきます。近々の入手をご検討されている方は、お早目のご注文を・・・


デリバリーのご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-804.html



ポップヨシムラ直伝の愛弟子、小林さんの手になる、ストレイガ「NGCエキゾーストシステム」の取り扱いをさせていただくこととなりました。
ラインアップ
・Z1・Z2
・Z1000MK2・Z1R
・ゼファー750
・GSX1100S
・GSX750S
・GS1000
・GS750
以下については、セミオーダー対応
・Z750FXⅡ、Z750FXⅢ
・GPZ750F
・Z1000J
・その他については応談
加えて、ホンダCB-F系マシン用も開発中・・・
お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
その際は、
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・マシン名
・吸排気系を含むエンジン仕様の概要
・タンデムフレームカットの有無
などについてご回答をお願いいたします。
価格については、
スチール製 138,000円
チタン製  266,000円
となります。
小林さんが一本ずつを手作りします。大量生産ができるようなものではありません。よって、ご注文からある程度の期間をいただくことがありますので、その点についてはご了承ください。
まあ、受注生産みたいなものです・・・
ということは、注文しないと入手することができないということです。

まずはこちらのフォトギャラリー&動画集をご覧ください。
うっとりするようなプロポーションとサウンドです!!
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-927.html

これまでにまとめた記事はこちらです。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-32.html


私がデリバリーする各部品やモディファイについてまとめた記事はこちらです。いずれも、コストや量産性を完全に無視した変態ならではの驚くべき効果を発揮するものばかりですので、ぜひご覧になってください。
また、一部のものを除き、全て在庫を確保しておりますので、入用の方はご遠慮なくメールにてお問い合わせください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まめしばスペシャルパーツ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC05052_20110803130610.jpg


DSC05057_20110803130610.jpg




思い起こせば、構想を練り始めたのは2008年12月のことでした。
それまでに、長年にわたって、デロルト、FCR、TMRとキャブレターをいじって遊んできたのですが、とある経緯をもってCRキャブレターを手がけることとなりました。
当初は、
「いまさらCRキャブなんてやりたくないな・・・スロットルは重いし、たいしたパフォーマンスがあるわけでもなし・・・」
なんていう感じで、やりもしないうちからネガなことばかりが先に立っていたことを思い出します。

そもそも、CRキャブレターを手にした動機は、これの少し前に装着した空燃比データロガーを活用して、難解で扱い難いといわれているCRキャブレターの空燃比データを収集し、その特性を丸裸にしてやろう・・・そして、CRキャブレターのセッティングについて、ひとつの回答を出してみよう・・・世間で都市伝説のように言われている、
「CRはそんなものだから仕方ないよ・・・FCRやTMRじゃないんだから・・・」
などという類の風評にピリオドを打ってやろうという、ある意味では不純なものであったのです。
まあ、この直前に、似たような評価を世間から受けていたTMRについて同様のことをしたという、その勢いに任せてという感じでもあったのですが・・・


そんなことで手元にやってきたCRキャブを分解していたところ、コロリと出てきた部品がプライマリーチョークです。
こんな呼び方では何のことだかわかりませんね・・・
まあ、早い話が、通常はニードルジェットと一体になっていることがほとんどであるメインノズルが、CRキャブでは別体の単体部品になっているのですね。

ちょっと信じてもらえないかもしれませんが、私はこれ以前にCRキャブレターをまともにいじった経験がありませんでした。
まあ、先入観がなかったとも言えますし、CRキャブレターを評価するについて、FCRやTMRを基準としたというのも事実です。
私は、CRをFCRやTMRのようにしてやろうと、けっこう本気で考えていたのです。
まあ、うまく行かなくても、所詮は趣味の遊びですから・・・

このコロリと出てきたプライマリーチョークを見て、私は、
「これをTMRのハイパーノズルみたいな形に作り変えたらどうなるんだろうか・・・」
なんて考えてしまったんですね。


いやいや、この時点では、単なる私の興味に過ぎません。
ただ、どうなるのかやってみたら面白そうだ・・・ただそれだけのことでした。

その後、あまりにスティッキーで重くスムーズさに欠けるスロットルフィーリングを改善するために、PEEK製スロットルバルブやリンクロッドの開発に傾いて行ったのですが、これは、あくまでもこのノズルをやる前の前提として作動性を確保しなくてはならないと思ったからであって、当初からそういった計画をしていたわけでもなかったことです。

まあ、全てについては、私の趣味としての遊びですから、気の向くままにマイペースでやってきた結果に過ぎないということです。

現在のように、多数の方々に様々な部品やサービスを提供し、「ファクトリーまめしば」なんていう看板を掲げるような状況になったことについて、最も驚いているのは他でもない、私自身なのですから・・・
まさか、こんなことになるなんて、全く予想だにしていなかったことなんです。


そんな経緯を経て、2010年11月、ついにMノズルを完成させ、その空燃比データとセッティングガイダンスとともにデリバリーを開始したというわけです。
それにしても、この試作品を自分のCRキャブレターに装着してテスト走行をした日のことは今でも忘れられません。
私自身が、その効果に愕然としたのですから・・・こんなに効くとは予想していなかった・・・


DSC05049_20110803130611.jpg



この開発の経過については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-29.html


このデリバリー開始から約8ヶ月が経過しましたが、すでに300人以上の方々に使っていただいています。
それまでに、CRキャブレターを長く使い、散々にセッティングをした経験を持つ人ほど、その驚きは大きいようです。
「この小さな部品で、CRがここまで変わるとは・・・」


DSC05023_20110803130612.jpg


DSC05047.jpg




インプレ集はこちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html


この他にも多数のインプレをいただいていますし、最初に1セットを入手した人から、その周囲の友人や仲間の方々へ、急速に波及しているというのも、その効果程度を裏付けるものです。
また、50ccから1200cc超まで、単気筒から多気筒まで、さらには四輪車においても使用していただいています。CRキャブレターの口径についても、最小の26mmから最大の39mmまでの全てに及んでいるところです。


ちなみに、
「Mノズル」
というキーワードで検索をかけてみてください。
多数の方々が、それぞれのブログやHPで書いているのを見ることができるはずです。


先にも書きましたが、こんなことになったことについて、私自身が最も驚いているのですが、それと同時に、長年にわたって自分のマシンを気持ち良く走らせることに腐心してきただけのサンデーメカニックとしては、これ以上の喜びはありません。
だって、自分が作ったものを多数の方々が愛用し、喜び、賛辞の言葉を寄せてくれるのですから、まるで自分の子供が褒められているような面映ゆさを伴う喜びです。


Mノズルを装着することによって、CRキャブレターは大きくそのフィーリングを変化させます。
とにかくスロットルを開けるのが楽しくて仕方ない・・・装着した方々は異口同音にこのセリフを口にします。
そしてそれは、FCRでもない、TMRでもない、そしてCRでもない・・・独自のフィーリングです。
これまでに、いくつかのキャブレターインナーパーツが市販されてきましたが、はっきりとその違いが体感できるという意味においては随一のものと確信しているところです。

そして、全てのCRユーザーに試していただく・・・これが私の遠大な?目標となっています。


さらには、こんな小さな部品を交換するだけで、ここまでの変化が現れるということについて体感してみて欲しいのです。
そして、これをきっかけとして、キャブレターセッティングの、いや、キャブレターいじりの楽しさを知っていただきたいと思います。

このことこそ、そもそも私がこのブログ記事を通じて表現したいことなのです。

機械いじりは楽しい遊びですよ・・・
そして、それがオートバイなら、自分でいじったものがどのように変化したのか、それに自分で乗って確かめて味わうことができるのです。それも極めて容易に・・・
それは、数ある趣味の中でも、極めて稀有なものであると思うのは私だけでしょうか?





徐々に認知が広まりつつあるNGCエキゾーストシステムですが、マシンに装着された状態の現物、それも無塗装の試作バージョンを展示しているのは、このSBS西鎌倉のみとなります。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
その他、まめしばスペシャルパーツも展示中です。

「SBS西鎌倉(GOING! Customfactory)」
〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越3-23-4
電話 0467-31-9234
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日、第3日曜日
メール sbs-nishi.kamakura@pearl.ocn.ne.jp

HP http://www2.suzuki.co.jp/bikeshop/SBS-nishi-kamakura





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まめしばスペシャルパーツについては、この記事にまとめてありますので、どうぞご覧になってください。
いずれも、マスプロダクトでは実現し得ない、驚くほどの効果を発揮するものばかりです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html

1、CRキャブレター用「Mノズル」
2、まめしばCRキャブレター「CR-Mキャブレター」
3、強化フロントアクスルキット(GS/GSX、Z、CB系各マシン用)
4、一次電圧昇圧回路「V-UP16」
5、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
6、CRキャブレター用ショートスピゴット
7、カワサキZ用シフトフォークボルト

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、

mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)

までどうぞご遠慮なくメールをお送りください。なお、メールアドレスを変更しましたので、どうぞお間違いのないように・・・

メールを送信していただくにあたり、お願いがあります。
おかげさまにて、毎日、多数のメールをいただくこととなっておりますが、中には同姓の方も少なからずおられますので、可能な限りお名前をフルネームにて冒頭に記載していただけると助かります。
また、部品等のご注文にあたり、郵便番号以下の発送先についてもお忘れなきようにお願いしたいのです。
一度ご注文をいただいた方のデータはファイリングしているのですが、帰宅後の就寝時間前に事務処理をしている関係上、メールにそれらの記載をしていただけると有難いのです。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234

ちなみに、ここはマンションの一室です。
ファクトリーまめしばにショールームや作業場は存在しませんし、GS1000まめしば号の保管場所もここではありません。
よって、部品や車両の閲覧のために突然の訪問をいただいても対応することはできませんので、あらかじめご承知おきください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
皆さまの応援クリックが記事更新の励みとなっております。一日ワンクリックをどうぞお忘れなく・・・



拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ