Category [GS1000Sエンジンのオーバーホール ] 記事一覧

GS1000Sエンジンのオーバーホール その1~圧縮がない・・・

先日、愛車であるGS1000Sについて、キャブセッティングと点火系のモディファイのご依頼に基づいて、マシンを持ち込んでいただきました。いやいや、これがどうにも振動はひどいし、アフターファイヤーも派手に出るなど、相当な不調ぶりでした。キャブレターや点火系などを確認しても、基本的に症状が変わりませんでしたので、これはどうもエンジン本体が怪しいとの結論に達しました。まずはコンプレッションをチェック・・・...

GS1000Sエンジンのオーバーホール その2~クランクの位相ズレ

あまりにひどい振動とアフターファイヤーという不調に見舞われているGS1000Sですが、ファクトリーまめしばに入院の上でエンジンオーバーホールを行うこととなりました。前回の記事はこちらにありますので、どうぞお読みになってください。http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1963.html昨日の記事では、1番シリンダーの圧縮が3.5キロほどしかないことが判明、まあ、これが原因ということなのですが、では、...

GS1000Sエンジンのオーバーホール その3~エンジン全分解を完了

1番クランクウェブがグルンとズレてしまったGS1000Sのエンジン、車体から降ろして完全分解まで完了しました。問題のクランクシャフトを摘出しなくてはなりませんので、クランクケースも分割します。各部の様子を見分するに、どうやらこのエンジン、腰下まではバラされていないようです。黒に塗装されているのも、エンジン丸ごと塗ったということですが、まあ・・・いいでしょう・・・ミッションの状態は比較的良好です。こ...

GS1000Sエンジンのオーバーホール その4~シリンダーとピストンの状態

先日に全分解を完了したGS1000Sのエンジン、不調の主原因は驚くほどにズレたクランクシャフトですが、そのほかにも問題点が散見されます。まずは、シリンダーとピストンの状態を見てみましょう。このエンジン、割と最近にシリンダーから上を開けた形跡があるのですが、その作業そのものに疑問点が・・・これが分解したシリンダーとピストンです。まず、これを見てください。トップリングが下方に曲がっています。これは、シ...

GS1000Sエンジンのオーバーホール その5~シリンダーヘッドとバルブ周りの状態

昨日の記事に引き続き、今日はシリンダーヘッドとバルブ周りの状態についてご紹介しましょう。昨日のシリンダーとピストンも同様ですが、まあ、生産から40年近くも経過し、それなりの距離を重ねたエンジンでは、この程度は完全なる想定内のことですので、驚くに値などしません。いや、不適切なオーバーホール作業を除けば、十分にマシな方というレベルですし、完全な状態にリペアすることも比較的容易なものとなります。また、こ...

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ