fc2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Category [エンジン塗装とブラストメディアの残留 ] 記事一覧

エンジン塗装(ガンコート塗装)に伴うブラストメディアの残留 その1~基本的な考え方と問題点

大枚をはたいて造り上げたフルレストア&チューニングエンジンが、1万kmにも満たない走行距離にて、内部がボロボロのズタズタ状態、若しくは、あえなくエンジンブロー・・・自慢のマシンに有頂天になっている幸せから、一気に奈落の底に叩き落されるような出来事です。そしてこれは、決して他人事ではありません・・・古いマシンをまるで新車のごとく蘇らせる・・・実に魅力的なことです。生産から数十年を経たことによって、各...

エンジン塗装(ガンコート塗装)に伴うブラストメディアの残留 その2~ブラスト前の洗浄と脱脂

その職業に携わる者としての矜持を持つこと・・・それは容易なことではありません。そのためには、仕事の基準を自分自身の中に持つことが必須となります。そうなれば、同業者や競合者がどういう仕事をしていようが、おもねりへつらうこともありませんし、誹謗中傷する必要もありません。ただ、ひたすらに、自身の納得を追求するのみです。そして、そういう姿勢で取り組む人のすることは、信用に足りるというのも世の常というもの・...

エンジン塗装(ガンコート塗装)に伴うブラストメディアの残留 その3~ブラスト前のマスキング

しつこいほどに書きます。ブラストメディアは、エンジン内部に侵入させてはなりません。ブラスト後の洗浄を念入りに行うのはもちろんですが、それ以前にまずは如何にして入れないかを徹底すべきです。病気にかかった場合、これを根治するために有効な治療を行うことが重要ですが、それ以前に病気に罹らないことを考えるのは当然のことでしょ。それと同じです。ブラストメディアをエンジン内部に侵入させないための方策とは、それは...

エンジン塗装(ガンコート塗装)に伴うブラストメディアの残留 その4~ブラスト後の徹底洗浄

このシリーズ、私としては、声を大にして問題提起したいことと位置付けていますので、こちらにカテゴリーとして設けることとしました。これまでの経過については、こちらをご覧ください。・エンジン塗装とブラストメディアの残留まず考えるべきことは、ブラストメディアをエンジン内部に絶対に入れないこと。そのためには、念入りなマスキングと丁寧なブラスト作業が必要になります。細心の注意を払い、いかに丁寧に手を抜かずに作...

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
GS1000と日々の日記は「まめしば」が2022年7月に永眠したため、現在は後を継いだ妻が更新しています。内容は商品、店舗情報や日々感じたことなどです。
夫の残した日々の作業内容、オートバイを構成する各部について、その原理や法則などの実践的なノウハウは引き続き、ご利用いただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの店舗は現在開けておりません。まめしば商品は引き続きウエビック経由でご購入頂けます。キャブレター業務につきましては、福岡のプロヘッドモーターファクトリーさんに引き継いで頂きました。

お問い合わせやご連絡はブログのコメント欄ではなく、以下のメールアドレスにお願いします。当日内の返信を心がけていますが、2~3日お時間いただくこともございます。ご理解いただけましたら幸いです。


株式会社ファクトリーまめしば
Fax:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com
https://www.webike.net/tab/parts/br/2073/

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>